彼氏が欲しいときに試したい5つの方法をチェック!

飲み会

彼氏が欲しいときに試したい5つの方法をチェック!

「彼氏が欲しい」と思っても、簡単に誰かと付き合うことができなかったり、“次付き合う人とは結婚かな…”なんて大きなことを考えていると、踏み出すこともできなかったりと、悪循環に陥ってしまいます。

そんなときに試してほしい5つの方法をお伝えします。

1.周りを見渡してみる。

冷静な気持ちになって、(自分の気持ちを落ち着かせて…)周りを見渡してみてください。

このときに、今まで出会った以上の良い人がいないかとか、素敵な出会いがないかという邪念は捨ててみることがポイントです。意外に、自分でも驚くような“おっ”と感じる男性がいるかもしれません。

特に、仕事や何かに夢中になり過ぎている人は、落ち着いて周りを見たり、一緒に活動をしている男性のことを異性として意識したりすることがないかもしれません。そういった意味でも、周りを見渡すだけで素敵な出会いに繋がることがあるのです。

2.自分が満足できるまで自分を磨く。

ここでのポイントは、“自分が満足できるまで”という部分です。周りの人に、色々と言われることが素直にうれしいときもありますが、“自分自身での満足感”を得られないと自信に繋がりません。自分に対して、自信が持てることがとても大切です。

この“自分磨き”の内容は、何でも良いのです。「私は服が好きだから、今までで1番自分に似合うファッションを見つけよう。」とか、「動くことが好きだから、運動をしてスタイル維持をしよう。」でも、自分自身が夢中になれる内容だったら、何でもOKです。

何かに夢中になっている人は、老若男女関係なくキラキラしています。そのキラキラは内から出てくるものです。そのキラキラ+自信で最強の自分を目指してくださいね。

3.習い事を始める。

1番の内容で、周りを見渡しても、男性の影すら見当たらない人に伝えたいことです。要は、男性との出会いが極端に少ない人に対する内容です。

自分に興味のあることでの習い事を始めてみてください。ここでのポイントは、あくまで、少しでも多くの男性と出会うことですので、女性らしい習い事(女性限定など…)になると、出会いは全くないので気を付けてください。

習い事を通して出会うメリットは、“2人になる環境にもっていきやすい・誘いやすい”や、“共通の話題がもてる”ということです。そもそも、彼氏という存在に発展させていくためには、好きな相手に自分のことを知ってもらう必要があります。その前に、2人きりの空間にしたり、話したりすることも必要です。その前段階の部分が容易にしやすくなるということです。わざわざ、気遣いし過ぎるような会話をしなくても良くなるのです。

4.友達に伝える。

男女関係なく、自分にとって信用できる友達に“彼氏が欲しい”とか、“誰かと付き合いたい”と言ってみてください。

そこから、飲み会に発展したり、友達の友達というグループで集まる機会に呼ばれたり、「そういえば、〇〇、彼氏が欲しいって言っていたな。△△は彼女が欲しいなら、2人を会わせたら良いよね…。」なんていう具体的な話になっていきやすいです。

自分の友達が、そういう風に考えてくれていたらうれしいですし、出会いにも繋がりますね。

5.とにかく外に出る。

「やみくもに外に出ても…。」と思うかもしれませんが、“外に出る”という行動だけで家の中で過ごすよりも、出会いに繋がる可能性が上がります。そもそも、外に出るだけで、外行きの服に着替えますし、化粧もします。

それだけでも、魅力的な自分に見せるために行動をしています。そして、世の中、何が起こるか分かりません。ですので、何が何でも、まずは外に出てみてください。

いかがでしたか。この5つの方法を試してみて、彼氏ができることを願っています。そのためには、自分に自信をもって、人との出会いや出会った人との交流を大切にしてみましょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です