看護師3年目で辞めたい症候群が増える理由と辞めたくなったときに気をつけること

看護師として働き始めて3年目で辞めたくなってきた、というのはよく聞くことです。

看護師をはじめた新人のころから少しずつ仕事を覚えてきて、やっと一人でできることが多くなる3年目の時期になぜ辞めたくなるのでしょうか。

また、看護師3年目に今の職場をやめたくなった場合、気をつけるべきことは何でしょうか。

看護師3年目で辞めたくなる理由

看護師3年目で辞めたくなる理由を4つご紹介します。

奨学金制度が終わるから辞めたくなる

専属の病院で決められた年数を働くことで、専門学校に通う3年間の費用を返済できる奨学金制度をとっている病院は多くあります。

その多くが勤続年数を3年間としているところが多いため、奨学金制度を利用していれば3年間は働ききってお金を返済しようとを目標をたてて働き始める人が大半でしょう。

一生懸命3年間働ききってしまうと、奨学金を返す以外の目的として自分のスキルアップなどといった目標が見つかったり職場への不満が出始めてきて辞めたくなってしまう人がいます。

3年目になると今の勤務先の悪い面が見えてくる

社会に出て3年というのは、物事の良い面だけでなく悪い面が目立って見えてくる時期でもあります。

新卒のときに比べて今いる病院の内部のことがよく分かってきて、もっと良い福利厚生の場所無いのか、勉強会がもっと少ないところはないのか、反対に勉強会のもっと多い病院はないのか、など考えたらきりがないくらいいろいろ不満が出てくるでしょう。

プリセプタになりプレッシャーが増える

新人から今までは指導者(プリセプタ)がついていたのに、看護師も3年目になると今度は新人の指導者側に変わります。

自分の知識だけで指導できるのか、担当になった新人が成長できなかったらどうしよう、などと不安になることもあるでしょう。

また指導者側になることで、指導方法や新人の態度・失敗などが自分の責任になります。新人が失敗した時は、先輩・上司・先生などに一緒に誤り、新人となぜ失敗したのか考え改善策を見出さないといけません。

自分のことでいっぱいいっぱいなのに、他人のことも考えて生活することは大変ストレスに思う方は多いでしょう。

役員などの仕事が増える

自分を中心とした委員会などが増えるほか、看護研究やケーススタディなどいろいろと自己課題や発表会などが増えていきます。そのため、課題が重なる時期や提出期限が近づくと不安と焦りからストレスがたまりやすくなります。

また、一人のみの課題ならまだ自分のペースで管理できるものの、多人数で作業する場合に他のスタッフが働かない人だと自分が率先して動かないといけない他、自分で他のスタッフをまとめながら仕切らないといけません。

こなすべき仕事が重なり業務が増えていくことで辞めたいと思うこともあるでしょう。

看護師3年目で辞めたいと思った時気をつけること

看護師として働き始めて3年目で辞めたいと思った時は、賞与はもらってから辞めましょう。基本的には年に2回賞与があるでしょうから、次の賞与をもらってから辞めるべきです。

また、日ごろから貯金額の目標を立てることをオススメします。1年目は初めての給料で浮かれてしまって遊びや飲み会などに消えていき、2年目は仕事に慣れて余裕ができるため友達と遊びに行ったりとなかなか貯金ができない人も多いはずです。

そのため看護師として働き始めて3年目でも、通帳を見れば貯金がないということはよくあることでしょう。そのような時に辞めてしまっては後が大変です。

退職・転職の決意は金銭的な予定をしっかり立ててからにするべきでしょう。

Tags

ライター