photo-1469131792215-9c8aaff71393

希望通りに休みたい!保育士の勤務形態について

保育士の仕事というのは、とてもハードなもの。毎日仕事に追われ、ちゃんと休めないというイメージを持つ方も多いでしょう。

実際、家に帰ってから残っている仕事を片付けなければならず、寝るのが遅くなってしまう日もしばしばあります。子どもの笑顔が仕事のやりがいとは言え、保育士の仕事は体力なくして務まりません。

東京都が行った保育士の実態調査では「休日出勤が多く、体力的に不安がある」などの意見が出ています。

また私立の保育園で働く保育士の場合、休みを自由に取れないという悩みがあるのではないでしょうか。友達の休みと全く合わず、休みはいつも一人……という状況に陥りがちです。

今回は、保育士の休みの現状や希望通りに休む方法をご紹介します。

なかなか休みを取れない保育士

保育園は、運動会などの大きな行事以外にも、美術や体育、身体測定や避難訓練など、日常の保育生活の中で様々な行事があります。それらの行事の時に担当の職員が1人でも欠けていると、行事が回らないことも。

また行事担当ではないとしても、新任の先生は勉強のために園にいるよう指導されます。1人で1クラスを担任している場合は、行事を行うため他の先生にクラスを任せなければならないので、引き継ぎも必要です。

保育園によって環境は異なりますが、どの立場の職員も簡単に休むことは困難といえるでしょう。

希望通りに休みを取る方法

有給休暇の取り方のコツとしては、休みを取りやすい状況を作ることです。行事などで忙しくなる時期を年間のスケジュールから把握しておき、休みが取れそうな期間に目星をつけ、なるべく早く周囲に知らせましょう。

先に周知させてしまうことで、他の保育士と有給休暇希望日が被る可能性を回避できます。ただし、アピールしすぎは鬱陶しく思われ逆効果ですので、加減に注意してください。

前もって決めた休み以外に、体調不良や緊急の要件などで休まざるを得ない場合があります。そのような場合はなるべく早く保育園に連絡して、休む旨を伝えましょう。

後日出勤時に上司と話し、有給休暇扱いで処理してもらうよう頼んでください。

しかし、あまりにも突発的な休みが多いと、職場内で不信がられられるので注意が必要です。いずれにせよ休みを取るのであれば、周りの保育士の迷惑にならないように気を付けましょう。

保育士の休日取得方式

保育士の休みは勤務形態によって変わりますが、大きく分けて2種類あります。

1つは完全週休2日制という一般的な休みの取り方で、年間を通して毎週2日は必ず休めます。

認可保育園では、曜日で休みが固定されている場合がほとんどですが、シフト制の場合は保育士間で調整しながら休みを取る場合も。

もう1つは週休2日制という休みの取り方で、これは1か月のうち最低1週は週に2日の休みが取れるということです。裏を返すと2日休みが取れる週以外は週休1日で、連勤が9日ほど続いてしまう可能性があります。

週休2日制はなかなか休みが取れないと嘆く保育士の声も多いですが、労働基準法で定められている基準を、就職時にきちんと提示されているはず。

働いている保育園に不審な点があれば、すぐに専門の公的機関に連絡や相談をしましょう。

休みがちな保育士への対処法

精神的な理由による欠勤が多い保育士。ハードな仕事で肉体的にボロボロになり、女社会の荒波で精神的にボロボロになり、さまざまな理由から出勤できなくなってしまう新人保育士が多いようです。

なんとかして出勤してもらいたいものですが、無理強いは逆効果。精神的な問題で休みがちな保育士がいたら、まずはしっかり話を聞いてあげてください。

何がどう辛いのか本人も理解できていないことがあり、言葉に出すことで解決へと進むことがあります。

まずは受け入れる姿勢で話を聞き、そして再び仕事ができるよう、フォローしてあげましょう。

まとめ

ハードワークで休むことすら安易ではない保育士の状況は、少しでも改善するべきです。保育士不足が叫ばれる今、給料アップなどのニュースが飛び交っていますが、休みを取りやすくするなどの対応も必要でしょう。

現場で働き内情を知っている保育士が、問題に立ち向かうことも大切。おかしいと思ったら1人で悩まず、同僚の保育士や公的な機関に相談しましょう。

保育専門求人サイト ほいく畑

関連リンク:希望通りに休みをとるなら?保育士の勤務形態を解説

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です