誤解を生みやすくて可哀相・・・無口な女の特徴7つ

無口な女性って、意見が少ないからどんなことを考えているか分かりにくくて、コミュニケーションがとりづらいですよね?

今回はそんな無口な女性の特徴についてお話していきます。これを読んでいただければ、無口な女性を攻略できるかもしれません。

喜怒哀楽が少ない女

人とのコミュニケーションにおいて、喜怒哀楽を把握する事は絶対条件だと思います。ですが、無口な女性はこの喜怒哀楽がうまく表現できなかったりします。

怒りっぽくもなく、喜びを全面にだすわけでもないと、今相手がどういう心境なのかが分からないと思います。

ですが、それは本人も十分には分かってはいて、自分の感情をうまく出せない事が無口な原因になっていくのです。

自分をさらけださない女

自分がどういう人間なのかを伝えないことも無口な女の特徴です。

自分の事をあまり知られたくなかったり、どのように伝えればいいのか分からなかったりと、原因は様々ですが、自分を出さずに相手の話を聞くという行動こそが、無口になる傾向です。

言葉より行動派な女

無口な人は、決して情がないというわけではありません。無口な女は、言葉よりも行動で示すタイプが多いと言われています。

なので、相手が落ち込んでいる時などは、言葉で励ましてあげるよりも何か行動で元気付けられる事ができます。

言葉も重要ですが、このようなサラッとした優しさを行動で示すことができるのは、なかなかできないことだと思います。

言わなくてもわかるだろうと思っている女

無口な人に共通するタイプですが、いちいち言葉で伝えなくても、相手は分かっているだろうと思っているのです。

本来は、本当に相手は分かっているかどうかが重要なのですが、無口な女の場合は絶対に相手は分かっていると思い込んでいる傾向があります。

嫌われたくない女

無口な女のなかには、人の話をよく聞いて、自分の意思も伝えるというタイプもいます。

これは、相手の話を聞く人は絶対に嫌われないと思っているからです。また、相手の意見を聞いたうえで、受け入れたり同調することも嫌われないと思っています。

この場合、過去のトラブルが忘れられず、教訓にしていることが多いようです。

人見知りな女

これは、ただ単に人見知りで、自分から何を話していいか分からないタイプです。

本当は、相手といろいろな話をして仲良くなりたいと思っているのですが、人見知りな性格ゆえに、自分から話題を持ち出したり、相手に質問された場合に簡単な応答しかできないのです。

コミュニケーション力が少ない女

コミュニケーションをしたいという願望が強く、実際にいろいろ話をしてみようと試みるのですが、会話がちぐはぐになって結局自分の意思は誰にも伝わらないと思い込んでしまうタイプもいます。

周囲の人と自分はレベルが違うなどと勘違いしてしまっていますが、実際はほんの少し相手のことを考えて話をしてあげるだけで、無口な女のレッテルから解放されるタイプです。

おわりに

いかがでしたか?無口な女性と言っても、いろいろなタイプに分かれている事がお分かりいただけたと思います。

もし無口な女性に会う機会があれば、どのようなタイプなのかを判断してもらうだけで、だいぶ相手の心情が分かって打ち解けやすくなると思いますよ。

Tags

ライター