26歳で彼氏がほしい!恋人がいない独身女性の恋愛・結婚までの道のりを紹介

現在26歳で彼氏のいない独身女性は、どうすれば20代のうちに結婚できるでしょうか。26歳になるまでにいくつかの恋愛経験があった人も多いですが、なぜその恋愛が結婚に発展しないまま終わってしまったのでしょう。

この記事では26歳独身女性を対象に、恋愛チャンスをつかむ方法、男性からプロポーズしてもらう方法、結婚までの道のりを説明します。

また恋のきっかけを作るのに、マッチングアプリを使ってみるのもいいかもしれません。

20代女性に大人気のマッチングアプリをチェックする

26歳女性の未婚率

結婚に対する考え方として、したほうが良いと考えている人は56.5%と比較的多いですが、海外と比べてみてもこれには大きな差がありません。しかし海外の既婚率は、日本と比べると高いです。

年齢階層別に未婚率を見てみると、20~24歳女性は90.9%でこの世代の女性の大半は未婚ですが、26歳が含まれる25~29歳女性は61%となり、一気に既婚者が増えます。

特に、26歳の女性の既婚率は約33%で、25歳の女性の既婚率より6%も上昇。これは社会人となって数年が経過して貯金もできて、結婚への意識が高まるからかもしれません。

25~34歳の女性の半数以上が、適当な相手に巡り合わないといった理由で独身です。

26歳女性の恋愛チャンスの掴み方

shutterstock_343906229

26歳以上の女性は、男性から恋愛対象として見られない傾向が強いというデータがあります。まずは男性に結婚前提でも交際を始めたい、むしろ結婚したいと思わせるぐらい、魅力的になることです。

それは美しく着飾ったり、念入りなメイクをほどこすという意味ではありません。男性にとって結婚を意識した上で魅力的な女性とは、家庭的な人です。

一人暮らしに困らない程度の家事は必要ですし、好物を作ってくれる女性に男性は弱いもの。料理が趣味と言えるくらいに鍛えるのも良さそうです。自分の家庭的な魅力が上がれば、自然と自信も湧いてきます。魅力的な女性には、魅力的な男性が寄ってくるもの。

マッチングアプリでも、家事が得意で家庭的な雰囲気を持った女性は、たくさんの男性からのアプローチをもらえる場合が多いです。

26歳女性は自ら出会いの場を作る

shutterstock_180241802

結婚相手が現れるのを待っているだけでは、いつ結婚できるか分かりません。自ら出会いの場を求めて行動を起こす必要があります。

26歳女性は体力が落ちてきて、ついつい勤務先と仕事関係の取引先を行き来するぐらいになりがちです。しかしそんな毎日を繰り返すだけでは、いつまでも出会いを見つけられません。

ここではおすすめの出会いの場を4ヶ所紹介します。

街コン

街コンで友人を増やす気持ちでいってみるのも一つの手。20代限定!としている街コンなどは、若い女性に出会いたいという男性がやってくるのでアプローチされやすそう。

友達とも気軽に参加できるので、これまでの女子会から出会いの場へとシフトしましょう!

街コンに参加してみる

社会人サークル

新しく趣味を作ってリフレッシュするのを兼ねて、社会人サークルに入ってみるのもいいかもしれません。そこで素敵な出会いがあれば、サークルに通うのも楽しくなるはず。

趣味の合う相手が恋人なら会話も弾みますし、ぜひ何か趣味を見つけて休日を楽しんでみてください。

結婚相談所

彼氏が欲しいのと同時に、未来の結婚相手も探しているという方は、思いきって結婚相談所にいってみるのもおすすめです。

彼氏ができてすぐに結婚の話をすると普通は少し重たいかもしれませんが、結婚相談所で出会う相手なら将来の話も具体的に話しやすいですし、価値観が合う男性と出会いやすいと思います。

結婚相談所で信頼できるのは、CMでもおなじみの楽天オーネット。2016年の成婚者数は1万人を突破しており、業界最大手の実力が伺えます。本気で結婚を考えているのなら、まずは無料体験をしてみませんか?

楽天オーネットの無料体験はコチラ

マッチングアプリ

仕事が忙しくなかなか出会う暇がない方は、スキマ時間にたくさんの異性を見れる、最近話題のマッチングアプリがぴったり。

なかでもペアーズは細かい検索条件が設定されているので、理想の相手を効率よく探せるのが魅力です。Facebook経由の登録ですが、投稿されるようなことは一切ないのでこそっと恋活できちゃいます!

結婚相手として適正か見極める

shutterstock_343737863

彼氏を見つけても焦るのは禁物。交際を深めつつ愛情を育まなくては結婚することはできません。

ただし、深い付き合いになる前に、この男性が結婚相手として大丈夫か、本当に結婚を見据えてあなたと付き合っているのかを見極める必要があります。

彼が本気で結婚を考えているかどうかは、普段の態度に出るもの。結婚に関する話題を出して探ってみるのも1つの手段です。本気で結婚したい女性から結婚の話題を振られても、男性が疎ましく思うことはないので、確認してみましょう。

男性からプロポーズしてもらう方法

shutterstock_299978417

どうしても今交際している男性が好きで、プロポーズをしてもらいたい、という女性もいるはずです。大好きな彼氏からプロポーズされないと、不安になるもの。

しかし男性も、プロポーズしたくてもできない理由があるのかも知れません。もしくは、あなた自身が結婚に向いていないといったイメージをもたれている可能性もあります。

金銭面での不安を解決する

結婚願望はあるけれど、金銭面が不安でプロポーズできない男性も。家族を養うためにも、一定の収入は必要だからです。

女性のほうが、結婚した後は共働きが良いのか、専業主婦を希望するのか、子供は何人欲しいのか、出産後は働くのかで状況は大きく変わってきます。

結婚後のプランを一緒に考えて安心してもらうと良いでしょう。

彼の理解者になる

社会人になるとどうしても仕事が一番になってしまいます。よく「私と仕事、どっちが大事なの」というセリフがありますが、比較することはできません。

男性はまだ世間的にも生涯仕事をするものというイメージなので、仕事を簡単に辞めることはできないのが現状です。

彼氏が仕事ばかりではあなたの不満も溜まるでしょうが、ぐっと我慢して彼を応援してあげましょう。彼のことを支え、良き理解者であることをアピールすることが、プロポーズへの近道です。

家庭的な所をアピールする

女性=家事をするというイメージはまだまだ強いかもしれません。男性も家事が苦手な人が多く、女性にやってもらいたいのが本音です。家庭的な女性を目指しましょう。

まずは彼好みの美味しいご飯を作れるようになるところから始めてみてください。こんなご飯が毎日食べたい、と思わせることができれば最高です。もし料理が苦手であればお料理教室に通ってみるのもいいかもしれません。

結婚までの道のり

shutterstock_367813463

同棲するかしないか

同棲をするメリットは、生活費や家賃を節約できる、結婚後の生活の予行練習が行えるなどの点が挙げられます。逆にデメリットとしては、お互いの欠点をさらけ出してしまう、1人になれないなどの点です。

同棲はメリットもデメリットもあるので、結婚前にお互い納得した上で始めると良いでしょう。また、同棲した結果、相手とは暮らしていけない事がわかったら、もう一度2人の関係を見直すべきかもしれません。

長く付き合った人と別れて、新しい恋を始める勇気はなかなか出ないかもしれませんが、結婚したいのであれば、相手を探すことをやめてはいけません。出会いの場がないという方は、Pairsを使って新しい相手を探してみませんか?

Pairsで新しい恋人を探す

両親に結婚の承諾を得る

交際も深まり2人が結婚の意志を固めたら、次はそれぞれの両親に報告をしないといけません。そのあとは先方への訪問、家族の顔合わせと進んでいきます。

まずは結婚したい相手がいると両親に伝えなければなりません。彼氏がどんな男性なのかを両親は知りたがるので、出来るだけ細かく人柄や仕事を説明することが肝心です。

大抵は彼と両親との顔合わせになるので、両親には事前に彼がどんな人なのか知ってもらい、想像してもらった方がスムーズです。

挨拶当日の過ごし方

いわゆる「娘さんと結婚させてください」とお願いに来る形ですから、彼も緊張していることでしょう。上手く話を切り出せるように、あなたがさりげなく場を仕切ったり和ませたりする心遣いを忘れないようにすることが大切です。

彼も同じくあなたのことを両親に話しているので、あなたも先方を訪問することになります。彼の両親は年齢そのものより、年齢に応じた振る舞いができるかを見ていますから、恥ずかしくない態度で振る舞わなければいけません。

挨拶や手土産といった礼儀を忘れず、明るく振る舞って爽やかな印象が残るように努めましょう。

結婚式に向けて

shutterstock_354905414

それぞれの両親への挨拶がすんだら、両家の顔合わせ・結納・結婚式の準備へと進んでいきます。およそ1年ほどは慌ただしい日々になるので、計画性と体調管理を忘れないようにしましょう。

両家の顔合わせ

互いの両親が顔合わせをする場所は、現在は本当に様々です。会席料理店の個室でも、フランス料理やイタリア料理のレストランでも構いません。昨今では、気楽にどちらかの自宅で顔合わせということも珍しくないです。

彼の両親を招待し、手料理を振る舞えば、一気に株が上がりますが、自宅の片付けや好き嫌いの把握など、大変な体力と気力を使います。自分には向かないと思ったら、無理はしないようにしましょう。

結納について

結納金に決まった額はありませんから、彼氏とよく相談して無理のない範囲で用意すれば十分です。

一般的な相場としては100万円が50%~60%と最も多く、ついで50万円~100万円が25%、150万円以上が10%と続いています。数字のきりのいい100万円、50万円とか70万円といった割り切れない奇数字が入った金額、縁起を担いで末広がりの八の字が入った80万円もありです。

結納金には必ず新札を用意して100万円には帯をつけたまま渡します。受け取った側が確認しやすいようにとの心遣いです。

婚姻届け

両家挨拶まで済んだところで、婚姻届けを提出する日(入籍する日)を決めておきましょう。

結納後の結婚式前に入籍をするのが一般的ですが、結婚式の日に出す場合や、結婚式後に出す場合もあります。もちろん2人の記念日や誕生日、特別な日に入籍したいとい希望もあるはず。

2人だけで決めるのではなく、各家庭や家柄にもよって考え方も違う場合が多いので挨拶の際にお伺いしておきましょう。日にちが決まったら、早めに婚姻届けを提出する準備をしておきます。

婚姻届を記入して提出するだけでは、受理されません。証人の欄に2人分の署名が必要になりますし、戸籍謄(抄)本が必要になる場合があります。

せっかく日程を決めても、その日に受理されないことがあるので、必要な物をしっかり確認して事前に準備しておきましょう。

結婚式の準備

結納関係が一段落すれば、あとは結婚式の準備です。

ここまで来ればほっとするかもしれませんが、ここからがまた意見のすり合わせや締切のある作業などで長いもの。2人でよく話し合って納得のいく、いつまでも思い出に残るものにしてください。

26歳だとまだ貯金も少なく、結納や結婚式の費用が心配になるかもしれません。しかし現在では結納を行わず、結婚式の費用も100万円以内に抑えるというカップルが増えています。

結納や豪華な結婚式を行わないから恥ずかしいと考える必要はありませんが、どうしても行いたい場合は、親に出してもらう場合が多いようです。

実際、76%以上のカップルが、結婚式費用を親に半分以上負担してもらっています。

新婚旅行はどうするか

結婚式の後は、新婚旅行。思い出がいっぱい作れるチャンスです。結婚が決まったら新婚旅行はどうするか考えましょう。結婚式の費用もありますので、行かない場合や国内で安く済ませる場合もあります。

結婚式直前になってしまうと、結婚式の準備で余裕がなくなってしまうので早めに決めておくと良いでしょう。予算・行きたい場所・日程・したいことを2人でまとめておくと、旅行会社の人との話も進みやすいです。

海外へ行く場合、入籍する日によってはパスポートの発行が間に合わない可能性があるので、事前に調べておくと良いでしょう。

新婚旅行が決まったら、結婚式に向けて一直線です。一生に一度の晴れ舞台なので、後悔しないよう幸せな結婚式に向けてプランを立てましょう。

まとめ

p1

彼氏が既にいる人は、記事の内容を参考にして、素敵な結婚式を目指してください。彼氏がいない人は、真剣にお付き合いできる相手を探しましょう。

Pairsの年齢層も結婚に向けて真剣に恋愛をしたい20代の人も多いので、26歳女性の方にぴったり。相手のプロフィールを見る際に趣味や価値観まで豊富に見れるので、会ったときの雰囲気を想像しやすいのもポイントです。

女性は有料オプションもありますが、無料のプランでも問題なく利用できるので、まずは登録してPairsの雰囲気を実感してみてください。

Pairsに登録する

Tags

ライター