マンネリセックスに新しい刺激♡女性が感じるソフトSM・拘束のやり方

彼氏との付き合いが長くなって、セックスのバリエーションが少なくなったり、旦那さんとのセックスがマンネリ化して回数も激減している。またはもう同じ相手では満足できない。そんな想いからセックスレスになってしまうカップルが増えています。

そんなセックスのマンネリを防ぐためにおすすめなのがソフトSMです。SMと聞くと怖いイメージを抱く方もいると思いますが、ソフトSMは普通のセックスの延長で楽しむことができます。ソフトSMのやり方を紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

また、セックスにマンネリを感じている方は、ラブコスメのリビドーロゼをおすすめします。セックスを楽しむために開発された香水で、男性をさせるニオイ成分が含まれているので、普段は素っ気ない彼とでも盛り上がるセックスができるでしょう。

リビドーロゼを使ってセックスを盛り上げる

ソフトSMとは

本格的なSMプレイは、苦痛や痛みを快楽として感じる、一部のマニアックな性癖の人達の間で行なわれているセックスプレイ。サディストとマゾヒストというはっきりとした性癖を持っている人達の倒錯した世界です。

ソフトSMであれば、普段のセックスに少しだけSMの要素を取り入れることで、マンネリしがちな性生活に刺激を与え、新鮮な感覚を取りもどすことが出来ます。今回は主なソフトSMポイントを3つ紹介します。

1.不安が興奮剤!目隠しプレイ

目隠しをされると人は誰しも不安を覚えます。何をされるか分からない、そう思うと心臓がドキドキ。

そして人は視覚を奪われると、触覚が驚くほど敏感になります。

このふたつの効果が相乗作用を起こし、女性の全身の感度がアップ。ほんの少し触れられるだけでも、身体が敏感に反応してしまいます。

乳房や乳首はもちろんのこと、クリトリスや小陰唇に触れられると、体に電気が走るような感覚に襲われる女性も多いです。

2.羞恥が快感!言葉責め

このプレイは文字通り言葉で責めるのですが、きつい言葉で自尊心を傷つけたりするものではありません。

ちょっと卑猥な羞恥心を生じさせるような言葉を投げかけたり、あるいは言わせたりして、女性を辱めるプレイです。

不思議なことに、羞恥心はいつしか快感に変わっていき、言葉だけで愛液があふれることもあるぐらい効果があります。

彼氏にこんなことを言って欲しい、言わせて欲しいと好みの言葉を探して伝えておくのもいいでしょう。

3.隷従感にドキドキ!拘束プレイ

これは相手の手や足を縛り、体の自由を奪って服従させるプレイです。通常手錠などを使いますが、手軽なものでは、彼氏のネクタイやタオルでもOK。

人間は体の自由を奪われると、相手への隷従感が生じて、観念した気分になります。

つまり相手の好きにされても、仕方ないとの諦めの気持ちが生まれてくるのです。

さらに性の奴隷になり下がる屈辱が、新しい快感を導きます。全裸で拘束してもらい、出来る限り恥ずかしい体勢を考えて、縛ってもらいましょう。

道具を使う時のコツ

道具にも色々あります。目隠しで使うアイマスク、拘束で使う手錠やロープなどもそうですが、やはり電動マッサージ器、バイブ、ローターなど、電気振動を利用した道具が代表的です。これらを使うときはローションと併用することをお勧めします。

挿入や接触の際に痛くないように潤滑効果を高めるのももちろんですが、全身にローションを塗ると体が艶めかしく見えて、彼氏の視覚を刺激するので効果的。

ローターは乳首、クリトリス、小陰唇に、触れるか触れないかぐらいの優しさで使うと効果があります。電マは少しきつめに使った方がいいかもしれません。

バイブはクリトリスを同時に攻めるタイプのものがあるのでオススメ。強弱をつけて彼氏に責めてもらいましょう。

大人のおもちゃをお店で買うのは恥ずかしい方はインターネットで購入することもできます。

大人のおもちゃをチェックする

ソフトSMの定番:拘束プレイ

ここからはソフトSMの定番である拘束プレイについてより詳しく紹介します。拘束プレイと聞いて、引いてしまう女性もいると思います。アブノーマルなマニアだけの世界で苦しい・痛い・怖いイメージを持っている女性もきっと多いことでしょう。

しかし拘束プレイと一言に言ってもコアなプレイからソフトなプレイまで幅が広く、ソフトSMであれば通常のセックスの延長線上にあるエッチなプレイと考えて良さそうです。ここでは手軽なソフトSMの拘束プレイを紹介します。

拘束用のアイテム

最もポピュラーなのが手錠ですが、縛れるものであれば何でも利用できます。

例えばタオルやネクタイでも十分ですし、最近は100円ショップでも手錠が売られています。手首を拘束する部分にファーのカバーがついたものは、見た目も可愛らしく、傷もつきづらいのでオススメ。

しかし粗雑なものを選ぶとすぐに壊れてしまったり、女性の肌に擦過傷を残すかもしれませんから、それなりの質のものを入手・使用してください。

アダルトグッズ専門店であれば、十分に質の良いものが買えるでしょう。配達員や家族にはSMグッズとわからないように届けてくれます。

大人のおもちゃをチェックする

後ろ手で拘束

拘束というのは相手の自由を奪い、動きを制限したり、封じたりすることです。Sは征服感を味わい、Mは支配される従属感で、共に興奮の度合いを高めます。

まず定番としては後ろ手で拘束します。両手が自由にならないと、女性は乳房も陰部も隠すことがかなわず、裸身を彼氏の前に晒すことになります。羞恥心を抑えることが出来ず、それがやがて快感へと変化します。

彼氏もその恥ずかしげな姿に征服欲が満たされますし、普段は触らせてもらえない場所にも抵抗を封じて手を伸ばせます。ただし寝た状態だと腕への負担が強くなりますから、彼氏が気をつけて彼女をいたわってください。

手首を膝裏で拘束

彼女をベッドの上で仰向けに寝かせ、脚を持ち上げて膝の裏で両手首を拘束します。すると膝を抱えた形に近くなってお尻が丸見えの状態になり、同時に女性器の割れ目とアナルが彼氏の目の前に晒されてしまうでしょう。

この体勢での女性の羞恥心はかなり強くなりますので、これだけでも濡れてくることは確実です。この状態のまま彼氏にしばらく眺めてもらえば、二人の興奮度は自然と上がります。

手首と足首を拘束

右手首と右足首をひとつになるように拘束し、左手首と左足首も同様にひとつに拘束します。彼女の体勢は両脚を開いた形で固定されます。彼女の女性器はどうあがいても隠すことが出来ません。

この体勢が彼女にとって、最も恥ずかしい姿態かもしれません。あとはこのまま彼女を愛撫してもいいですし、しばらく鑑賞してあげるのも素敵です。最終的には拘束したままペニスを挿入してたっぷりとイかせましょう。

拘束プレイの注意点

くれぐれも強く縛りすぎたり、痛みが走るような体勢を取ったりと、行き過ぎた行為は慎みましょう。ソフトSMでの拘束プレイは、あくまでも羞恥心を呼び起こして快感に変えていくと言うのが目的です。

コアなSMのように痛みや苦痛そのものに酔いしれるプレイではないので、彼女の体に傷を残さないように注意を払って楽しみましょう。

彼女が絶対にストップして欲しくなったときの合い言葉を事前に決め、合い言葉を言われたら絶対にやめるのもマナーの1つです。

恋人同士の楽しみで険悪になっては元も子もありませんから、彼女を気遣って楽しみましょう。

セックスの最中にSMに目覚める瞬間

最近、特に20代の若い女性が普通のセックスに物足りなさを感じて、より刺激的な男女関係を求め、SMに傾倒することが多くなっています。

20代でもうノーマルなセックスに飽きるなんて信じられませんが、一見どこにでもいるようなごく一般的な女性がSMのマニアだったりするので驚きです。彼女たちはどんな経緯を経てSMに目覚めるのでしょうか?

アナルに指を入れてみた

男性が考えている以上に、女性はオナニーをしているという調査結果があります。

大人しく大学生活を送っていたり、性欲は欠片もないような素振りでオフィスワークをこなしていても、心の奥に秘めたる性への欲求が潜んでいます。

どうしても我慢できなくなった夜ついついオナニーに耽ってしまい、ふと思いついて指をアナルにあてがってみると妙な気持ちに。

いじっているうちに指がアナルに滑り込んでしまい、それがきっかけとなってSMに目覚めることもあるようです。

冗談半分でSMを試したらはまった

ラブホテルによっては、部屋の壁にX字に組んだSM用の拘束器具が設置されています。

他には手錠や目隠しなど、拘束用のグッズも多数あるホテルに行ったとき、たまたま彼氏がSMが好きで目覚めた女性もいるようです。

冗談半分のSMごっこから、二人とも倒錯した世界の虜になってしまった例があります。

全裸で目隠しされX字に貼り付けにされた彼女。彼女は羞恥と快感のあまり失禁、2人で鮮烈なSMデビューとなったそうです。

SMのAVをたまたま観た

部屋にひとりでネットサーフィンをしているとき、いつの間にかアダルトサイトに迷い込んでしまってふと見つけてしまったAVの数々。

その中で陵辱物のSM動画を偶然見つけてしまったら、あなたは観ますか?女性も性的な欲求はあるので、画面の女性と自分を置き換る妄想をして、体が火照ってきます。

その夜はオナニーで体を落ち着かせますが、ハマってしまうと翌日になってもそのイメージが頭から離れなくなります。それがきっかけでSMのサークルを探し始めることも。

痴漢されて気持ちが良かった

忌まわしい経験であるはずの電車での痴漢。普通であれば心に傷が残ったり、トラウマになってしまう女性もいます。

ところがごくたまに、自分でも不思議に思うほど何ともなく、平気でいられる人がいます。そしてその痴漢の瞬間を思い出す度に、得も知れぬ感覚に陥ります。その人にはMの素質が潜んでいたのでしょう。

もちろん痴漢は犯罪行為であり、捕まった場合は重罪です。

セックスのマンネリを解消しよう

マンネリ化したセックスから脱却するには色々な方法があります。今回はその一つとしてSMプレイを紹介してきました。

しかし、自分からソフトSMプレイをしたいと誘えない…という女性もいるでしょう。そんな方にはベッド専用香水のリビドーロゼがオススメ。

匂いに注目して作られたリビドーロゼには男性に性的興奮を起こさせるフェロモンが含まれていて、セックスに消極的な彼を積極的に変えてしまいます。

夜のお店で働く方の指名が増えたという口コミも見られ、その効果は折り紙付きなようです。

販売個数は30万個以上と、多くの女性に支持されているリビドーロゼを使ってマンネリセックスから脱却しましょう。

リビドーロゼでセックスを盛り上げる

Tags

ライター