目は口程にモノを言う!目を大きくする方法&左右の大きさが異なる時の対処法

女性の美しさを決定付けるポイントは目にあるのではないでしょうか。

古今東西、大昔から美人の条件として大きい目は必須であることが多いですが、大きいほど良いと言うものでもなく、また左右の目の大きさの違いで悩んでいる女性は多いようです。

理想的な目の大きさや、目が左右で大きさの違う場合の対処法を紹介します。

目のサイズや左右のバランスが気になるという人は、全国に75のクリニックを構える『湘南美容クリニック』で1度相談してみてはいかがでしょうか?

湘南美容外科をチェックする

理想的な目の大きさは?

顔全体に対してバランスが取れている目の大きさ。顔の横幅の間に目が五つ並ぶ比率が美しいと言われています。

具体的には、右目の目じりから右のこめかみまでの幅、右目の幅、右目の目頭と左目の目頭の幅、左目の幅、左目の目じりから左のこめかみの幅、この五つの幅が均等になっていると、最も美しく見える黄金比率だと言われています。

そして目そのものの縦横比が縦幅1に対して横幅が3になっていることが理想的です。

この二つの比率に近いほど目については美人ということになります。

目の大きさが違う理由

左右の目の大きさが違うと、やはり調和の面からするとアンバランスな印象を与えてしまいます。女性にとっては大きな悩みに違いありません。

目の大きさが異なるパターンとして、主に2パターンあります。一つは片方が二重で片方が一重の場合、もう一つは両方とも二重だけど二重の幅が違う場合があります。

または一重で形は揃っているのに位置がずれていたり、目の開き具合が微妙に違って左右非対称になっている場合もあります。

目を左右対称に大きくする方法

では先ほど述べたような顔の横幅の間に目が五つ並ぶ比率かつ、縦幅1に対して横幅が3という黄金比の美しい目元はどうすればゲットできるのでしょうか?

左右対称にする方法と目を大きくする方法をご紹介していきます。

1.目の周囲をマッサージする



現代はパソコン、スマホ、テレビなど目を酷使することが増えています。人間には効き目がありますので、左右の目を平等に使っていることは少なく、片方に負担が集中することが多いようです。

すると効き目の位置が上がったり、開き具合が大きくなって、いわゆるギョロ目になりがち。一方、効き目でない方の目は使う頻度が少なくなって、目の周囲の筋肉が衰え気味になったり、硬くなったりします。

この状態を長時間あるは長期間放っておくと、左右対称の目元から遠ざかってしまうのです。では目をたくさん使った後はどのように対処すればいいのでしょう。

この場合に効果的なのが目の周囲のマッサ-ジです。目の周囲には多くの神経や筋肉がありますので、これらをほぐすことによって改善します。

1-1.蒸しタオルで目の周りを温める

暖めたタオルを瞼上に置いて疲れた目を温めます。10分ほどじんわり温めるのが目安です。

目を温めることで、見たいものにピントを合わせるための調整力の低下を抑えることができます。

この調整力の低下は老眼のきっかけになったり、左右のバランスを崩す原因になるため、目の周りを温めて血行を促進しておきましょう。

1-2.目の周りの血行を促進

目頭から上瞼を通り、外側に向かって、優しくマッサージしていきます。この時こめかみまで血流を流してプッシュしておきましょう。

次に目頭から下まぶたを通って、その後は耳の手前まで血流を流し、リンパのマッサージを行います。

円を描くように優しくマッサージしておくと、目の周囲の筋肉が衰えるのを防ぐことができます。

回数は3回から5回程度で十分です。しばらくの間続けると効果が出るはずです。

1-3.マッサージサロンに行く

上記で自宅でできる目元のマッサージ方法をご紹介しましたが、自分で正確なマッサージをするのは難しいです。

そんなときはプロの力を借りるのが1番です。プロのエステティシャンが筋肉の位置や疲労をしっかりと捉えて、目の下のたるみや目の周りのツボを刺激してくれます。

2.メイクを工夫する

メイクで目元の印象を変えているという女性はたくさんいます。

一重の方がテープできれいな二重をゲットしたり、重たい印象のまぶたでもシャドウの入れ方によってはすっきりした印象を持たせることができます。

ここでは左右対称の目元に見せるメイクをご紹介していきます。

2-1.アイプチ・アイテープで二重メイク

左右の目が二重と一重の場合は、最も手軽で安心なのが二重グッズです。テープのタイプとリキッドタイプがありますが、リキッドの方が使いやすいかもしれません。

二重の方の目に合わせていかなければいけませんから少々テクニックが必要ですが、左右対称になるように研究を重ねていきましょう。

アイプチをまぶたに塗る前に、どこに二重の線を持ってくるかプッシャーでまぶたに軽く跡をつけてから接着させるときれいに仕上がります。

二重幅を無理に広くすると、時間が経った時に外れてしまったり不自然な仕上がりになってしまうので注意しましょう。

コスプレ関係のハウツーサイトが参考になることもあります。

2-2.アイラインを工夫する

他にはアイメイクだけで対処する方法もあります。二重の目を先にメイクして、一重の目をそれに合わせていきます。

アイラインを引くのですが、丁度黒目の上辺りを太くして引くと、目が大きく見えますので効果的です。

まつげとまぶたの際のシャドウはやや濃い目を意識して、マスカラも多めにつけます。そうすることで黒目との境界が広く見え、目が大きく見えるのです。

左右の黒目の大きさや目の開き方に違いがある場合は、アイラインまたはまつげの際のシャドウの分量を左右で調節して、仕上がった時に左右対称に見えるようにしましょう。

眉毛もそれに合わせて描くとよりバランスが良く見えます。

2-3.涙袋メイク

目の下の涙袋が薄いという方は、明るいカラーのシャドウで軽く影を入れてみましょう。涙袋を加えることで、目全体の幅が大きく見え、目幅が強調されます。

上瞼と同じカラーで濃いブラウンやブラックにしてしまうとクマのような仕上がりになってしまうので、あくまでも明るいベージュやハイライトカラーでラインを引くことをおすすめします。

また左右で目の下のバランスが気になるという方は、涙袋メイクの幅を左右それぞれで整えることで、顔全体のバランスぐっと改善されます。

3.整形手術に踏み切る



左右の目が違う人、あるいは一重の人には整形手術を施す方法もあります。

まとまった金額とメスを入れる決意が必要になりますが、悩める女性にとっては、半永久的に悩みの原因から解放される手段です。

二重化の手術は整形手術の中でも最も成功率が高い施術とされていて、悩みから解放されることで自信が生まれ、性格まで積極的になる人も多くいると聞きます。

3-1.埋没法

埋没法の施術は、まぶたを数カ所糸で留めておく施術方法です。まぶたを奥で留めておくので、目を開いた時に二重まぶたになることができます。

埋没法は施術時間が短く、手軽にできるため多くの女性から人気の施術です。また他の施術に比べて費用も安く抑えられます。

3-2.切開法

切開法は、まぶたを切除することで皮膚のたるみを解消したり、目の開きを大きくする施術方法です。

切開を行うため、腫れや施術部分が完全にひくまでに時間がかかりますが、埋没法よりも長時間持続可能な二重まぶたを手に入れることができます。

最後に

左右対称の目元を手に入れる方法や、目を大きくする方法をご紹介してきましたが、自分に一番合う方法は見つかりましたか?

マッサージやメイクなど日々の積み重ねでぐっと状況を改善できる場合もあるので、コツコツ時間の空いた時に継続してみてください。

またメイクやマッサージだけではまだまだ黄金比のバランスを手に入れることが難しいという方は、半永久的に悩みの原因から解放される二重整形施術も視野に入れてみましょう。

二重整形施術には、上記で説明したように埋没法と切開法の2つの方法がありますが、医師と相談して自分にとって一番良い方法を選択することが大切です。

自分にはどちらの施術が合っているのかわからない、本当に二重整形に踏み込むべきか心配だという方は、ていねいなカウンセリングと各施術に安心保障制度付きの『湘南美容クリニック』で相談してみましょう。

埋没法と切開法のどちらにもメリットとデメリットがありますので、手術に踏み切る前に納得するまで質問・確認をし、後悔しないように決定しましょう。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者

整形の悩みをもっと見る