ケータイ

元カノが連絡してくる心理と理由:相談?よりを戻したい?

別れたはずの元カノが突然連絡してきたら、あなたはどう思いますか?

自分から振った彼女なら、まだ未練があるのでは?と想像することが出来ますが、振られたはずの元カノからの連絡は何が目的か分からずに返事をするべきか否か・・困ってしまいますよね。

そんな時、あなたなら内心ちょっと嬉しくなりますか?それとも何かあるなと思っちゃいますか?

元カノから連絡が来る心理は

元カノへの未練がある方は、ついつい元カノからの連絡に心弾んで返事をしてしまうかもしれません。でも、安易に返事をしたからといって良い展開が待っているとは限りません。

これから元カノが連絡してくる心理や理由についてご紹介します。返事をする前に、あなたのケースに当てはまるかどうか確認してみたり、今後に活かすために参考にしてみてください。

寂しいとき

元カノと別れたケースにおいては、男性が振られてしまった場合と男性から振った場合があります。どちらの場合でも、元カノから電話やラインなどの連絡があったら、それは元カノの「寂しいから」という心理的に単純な理由です。

独り身の寂しさを紛らわして欲しくて連絡していることが多く、見方を変えれば元カノには次の新しい彼氏はまだいないでしょう。

でも、「寂しいから=恋しい」ではありません。1人になった女性は、「誰でも良いから自分の寂しさを紛らわして欲しい」という勝手な心理に陥り易く、自分に好意を抱いてくれたあなたに連絡してしまうケースが多いのです。新しい彼が出来ていたら、間違いなく寂しさを紛らわしてもらうために元カレには連絡してこないでしょう。

相談したい事がある

長い付き合いをした元カノからの連絡で多い理由の一つに「相談したい事がある」ケースです。仕事や人間関係などの悩みを抱えた時についつい頼りたくなるのは、自分の事を分かってくれている元カレの存在。付き合っていたからこそ話せることもあります。

しかし、悩んでいるのなら助けてあげたいと考える男性もいますが、未練を断ち切れないまま都合の良い人になってしまわないように気を付けましょう。女性は男性と違って恋愛にピリオドを打つと、驚くほど昔の恋を引きずりません。

そのため、相談を持ち掛けられ意気揚々と出かけてみたら、“新しい恋人に対する恋愛相談”をされたというケースもあるのです。女性の心理を読み通すのは難しいです。

あなたに未練がある

元カノが連絡してくる心理として多いもう一つに、あなたに未練があるケース。自分で振っておきながら、と思われるかもしれませんが、別れてから彼の魅力を痛感する女性もいます。

かつて恋人として一緒に過ごしている時にはケンカが絶えずに別れを決意したとしても、1人になってみると彼の優しさや楽しかった思い出がよみがえってくるものなのです。

元カノは「どうして別れてしまったのだろう・・」と後悔し、勇気を振り絞って連絡してくる可能性もあります。新しい恋愛を探そうとしても、女性は男性よりも恋愛スイッチは入りにくいもの。ついつい元カレと比べてしまい、やっぱり元カレがいい!なんて単純な思考回路で関係を戻そうとする女性もいます。

あなたにも元カノに未練がある状況なら、お互いに話し合って関係を戻すのも1つの選択かもしれません。

しかし、多くの場合は「情(惰性)」であり、再び恋人関係となればまた大きな傷を作らないとも限りません。男性は元カノの言動に振り回されないよう注意しましょう。女性は、男性の優しさに甘えてしまう人が多いので元カノからの連絡に優しく返事をしてしまうと、ダラダラした関係に発展し易くなりますので要注意なのです。

いい友達になれると思った

彼氏彼女という関係ではうまくいかなかったけど友人という立場ならいい友情を築けるのではないかと考える女性もいます。
彼氏彼女では許せなかったことも友達としてなら許せるなんてこともあるので元カノに復縁する気はないものの普通の友達として付き合っていきたいと思う人もいます。
その内また好きになることもあるかもしれませんね。

彼女ができたか知りたい

女性は情報収集が好きです。
元カレがどうなったか興味本位で知りたいという人もいます。
一方的に振ってしまったり、怒りに任せて酷いことを言って別れてしまったりしたら彼は私のせいで傷ついて引きずてしまったらどうしようと考えることもあります。
逆に私に酷いことをした彼が幸せになってないかという確認をしている人もいるかもしれません。

元カノが突然連絡をしてきたら

元カノが連絡する心理や理由はたくさんあり、考えれば考えるほど思いつきます。注意すべき点は、連絡してくる理由は良い事ばかりじゃないという事を理解しておくこと。

何も復縁したいからだけじゃありませんので、よく覚えておくと期待し過ぎる事もないし、ガッカリすることもないでしょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です