ラブホテルの使い方とチェックポイント:はじめてで不安でも大丈夫!

初めて入るラブホテルって、ものすごくドキドキしますよね。

今回は、これから初めてラブホテルを使ってみようという方へ、一般的なラブホテルのシステムと利用方法の基礎をわかりやすくご紹介していきます。

そもそもラブホテルとは

普通のホテルと何が違うの?

ビジネスホテルなどの宿泊のみを目的としたホテルと異なり、基本的に利用者の年齢制限があります(18歳未満は利用不可)。

利用人数は2名が基本で、ベッドはダブルベッド。

また、一般のホテルは宿泊が基本利用であるのに対し、ラブホテルは「休憩料金」など、短時間での利用が可能というような違いがあります。

どんなラブホテルがあるの?

大きく分けて普通のホテルのような作りのビルタイプ(フロントで部屋を選ぶタイプ)と、個々のお部屋が独立していてそれぞれ駐車場からそのまま直行できるタイプの2つがあります。

気になる設備は?

一般的に、テレビや冷蔵庫、ポットなどの通常のホテルでも見られるような設備に加え、コンドームなどのアメニティが揃っています。

また、カラオケやコスプレ衣装、ローションに自動販売機(大人のおもちゃなどが販売されているもの)などが備え付けてある部屋もよくみられます。

最近は部屋ごとにテーマがあり、エンターテイメント色が強い高級ラブホテルも。ラブホテル選びも楽しみのひとつです。

料金体系はどうなっているの?

ラブホテルの料金は基本的に昼間の利用である「休憩料金」と、一般のホテルと同じように1泊料金宿泊タイプ(午後8時頃または9時頃からチェックインすることができ、翌日は昼頃チェックアウト)の2種類があります。

また、近年主流になってきているのは「フレックスタイム利用」。こちらは、昼夜問わず滞在時間の長さで料金が決まる形態です。

どうやって精算するの?

基本的にはどちらの部屋タイプもお部屋の中に清算機があるラブホテルがほとんどです。基本的に料金清算が済むまでホテルの部屋には鍵がかかったままになっています。

清算を済ませたらそのままロビーを抜けて、もしくはそのまま駐車場に出ることができます。

ラブホテル利用時のチェックポイント

利用時間と料金は入る前に必ずチェック

ほぼすべてのラブホテルでは、入室時間にかかる料金が設定されています。入室する前に、利用時間とその料金をあらかじめチェックしておきましょう。

ホテルの種類や利用する曜日によって、時間と料金はそれぞれ。休憩でも宿泊でも、時間を過ぎると延長料金を取られます。

二人の時間をどれぐらい過ごすか、入る前にしっかり頭に入れておきましょう。

部屋選びはパネルで

ホテルに入るとまずは部屋選びから。ほとんどのラブホテルでは、部屋の写真のパネルから選びます。

写真が明るくなっていれば入室可能、暗くなっていれば先客がいることを表しています。明るくなっているところのボタンを押しましょう。

その場でカギをもらったり、発券機から出されたカードをフロントに出してカギをもらうことも。忘れずに受け取りましょう。

ドアの鍵をロックするのを忘れずに

部屋に入ったらすぐにでもベッドインしたいところですが、部屋のドアが自動ロックのところは少ないと思っていたほうが安全です。

万が一、間違って他のお客さんが入ってきたらとても気まずい状況になりますね。

入室したらはやる気持ちを抑えて、まずはドアがロックされているかどうかを確認する心の余裕が大切です。

退室前に簡単に片づける

彼氏と思いっきり楽しんだ後は、帰る準備を。もちろん退室後はスタッフが清掃しますが、部屋を簡単に整える親切もマナーのうちです。

食事などで出したゴミを捨てたり、布団やバスタオルも広げっぱなしにしないでまとめておくと好印象。

ちょっとしたことですが、彼氏にもさりげない「女子力」をアピールできますよ。

カギを忘れずに退出、支払いは現金で

忘れ物がないかを確認したら時間内に退室を。この時に入室前にもらったカギを忘れずに、フロントまで持っていきましょう。

料金は基本的に現金で支払うケースがほとんど。ホテルによってはカードを使えるところもありますが、そもそもカードが使えなかったり使えるカードの種類が少なかったりすることも。

食事などを取った場合は、入室料金と合わせてここで支払いを済ませましょう。

Tags

ライター