看護師が喜ぶプレゼントと困るプレゼント:香水やネイルはNG?

最近は、患者さんや利用者さん、ご家族からの心づけや菓子折りなどを職員が受け取ることが禁止されている病院や施設が多くあります。

ですが、どうしても受け取ってほしいと引き下がらないご家族さまに関しては事実上、上司の暗黙の了解のもとこっそり受け取って良いことになっている職場も多いとか。

また、患者さん・利用者さんやご家族でなくとも、看護師をしている友人知人、家族に看護師ならではのニーズにぴったりのものをプレゼントしてあげたいと思いますよね。

今回はそんな看護師がもらってうれしいプレゼント、逆に貰って困るプレゼントをリストアップしたので、参考にしてみてください。

もらって喜ばれるプレゼント

看護師ならではの貰って嬉しいプレゼントがあります。ここで紹介するものをプレゼントすれば、相手もきっと喜ぶはず!

2色以上のボールペン

今でも紙カルテを使用している病院は多くあり、ボールペンの使用が必須な看護師にボールペンを贈ってみてはどうでしょう。

日勤帯は黒、夜勤帯は赤のペンで記録するので、赤黒2色以上のボールペンが必須なんだとか。

また、インクの消費が早いだけでなく、先輩ナースやドクターに貸したきり、戻ってこず紛失してしまうことも多いそうなので、いくつもらっても困ることはなさそうです。

ユニホームのポケットに差せるクリップつきで、替え芯が手にはいりやすく、長時間記録しても指が痛くなりにくいグリップのものが特におススメ。

ハンドクリーム

一処置一手洗いが鉄則のナース、冬に限らず、年じゅう手荒れに悩まされているナースも少なくありません。

ナースステーションに職員用のハンドクリームが置いてある職場もありますが、あっという間になくなったり、香りや使用感が好みでなかったりすると、結局自腹で購入して用意することになります。

好みのハンドクリームを贈ってあげると相手に喜ばれるでしょう。

香水と誤解されそうなほど香りの強いものはNGです!普段使いができる肌にやさしいものがいいですね。

安眠グッズ

日勤夜勤ミックスのシフトで生活が不規則なナースは、しっかりと睡眠・休息をとることを大切にしています。

なので、安眠系のアロマグッズやレンジで繰り返し使える湯たんぽ、就寝時用のむくみ防止グッズ、スーパー銭湯やマッサージの回数券などは喜ばれます。

日持ちするスイーツ

ナースは食事休憩もまともにとれないことも多く、急な残業で夕食も遅くなってしまうこともしばしばです。

そのため、バッグにしのばせておいてさっとつまめて、同僚や先輩とのコミュニケーションのかけはしにもなってくれる、個包装の日持ちするおいしい焼き菓子などは、お腹が鳴って困ったときの非常食にもなり喜ばれるそう。

もらって困るプレゼント

一般職についている女性に贈るときには喜ばれても、看護師の仕事をしている女性には歓迎されないものがあるので、確認していきましょう。

日持ちしない、配るにも持ち帰るのに困る食べ物

職員休憩室に、職員用の冷蔵庫がある職場も多いですが、小さかったり、共同で使うものですから、かさばるものは困ってしまうようです。

また、日持ちのしないものも同様に置いておくことが難しいので、避けた方がよいでしょう。

香水やネイルケア用品

ナースは清潔感を大切にしています。

患者さんや利用者さんの療養のさまたげになってはいけないことから、ネイルや香水一切禁止の職場も多いです。

香水はプライベートのときぐらい・・・とおもっても、翌日に残ってしまう場合もありますし、ネイルは翌日の勤務にそなえてオフしたりネイルケアする手間があったりで不規則な生活のナースには不向きなようです。

看護師に贈るプレゼントについてまとめ

看護師は医療に携わる関係上、ほかの人より清潔さなどに気をつかわなければいけないことがわかったと思います。

プレゼントを贈るナースが、職場でいきいきと働くために何を贈ってあげたらいいか考えると良いプレゼントを選ぶことができるでしょう。

Tags

ライター