看護師に必要な資格、看護師が取れる資格:給与や待遇のUPも!

看護師さんにまつわる資格がたくさんあることをご存知ですか?

看護師になるための看護師資格はもちろん、看護師になったあとでとれる資格がたくさんあります。

資格をとっておくと、できる仕事の範囲が増えたり転職に有利になったりとメリットばかりです。

今回はそんな看護師になる資格、看護師が取れる資格をご紹介いたします!

看護師になるための資格

看護師は専門職です。
学校で看護について学び、資格試験を受けて合格しなければ看護師にはなれません。

看護師資格

看護師として働くために必要な資格です。

まず、看護師資格をとるための国家試験を受けるために、学校で最低3年は勉強する必要があります。

国家試験を受けるための資格を得られる学校は、看護専門学校と、看護短期大学と、看護大学の3つです。

実習時間が多いのは看護専門学校、実習より学問に重きを置いているのが看護短期大学、保健師の資格もとることができるのが看護大学、というようにそれぞれに違いがあります。

准看護師資格

医師の指示の下で、准看護師として働くために必要な資格です。

都道府県知事の行う准看護師試験の受験資格を取得した上で受験に合格し、准看護師の都道府県知事免許を取得する必要があります。

看護師の資格よりも取得しやすく、准看護師学校(二年制)へ入学し修業することで、試験をうける資格を得ることができます。

看護師が取れる資格

すでに働いている看護師が取れる資格にはたくさんの種類があります。

それぞれの専門分野でより詳しい資格を取って、スキルアップにつなげるのも良いでしょう。

今看護師として勤務していて、働いている病院内で待遇を良くしたい人も、これから別の病院や別の施設に転職を考えている人も、資格があると断然有利になります。

また、転職先として、病院以外の普通の企業や保育園、医療器具メーカーやデイサービスなどに自分を売り込むときにも、看護師資格に加えてなにか専門性がある資格が持っていると周囲と差をつけることができるでしょう。

資格の種類は呼吸器科の消化器内視鏡技師や、循環器科の消化器内視鏡技師、栄養管理の栄養サポートチーム専門療法士(NST看護師)、透析ケアの透析技術認定士など、資格の数は実に70以上。

今回はその中でも特に看護師として持っておきたい資格について紹介します。

認定看護師の資格

認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた看護師のことです。

水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導・相談活動を行うことができます。

試験に通る程度の知識や技術があり、その専門分野でよりよい看護が出来ると証明された看護師になります。

この資格を取るためには、看護師としての実務経験が5年以上であり、そのうち3年以上は認定看護分野の経験があることが必要になります。

認定看護師の教育過程を6ヵ月受け、認定審査(筆記試験)に合格することで、認定看護師の資格が手に入ります。

2010年3月現在で認定されている看護師の数は日本全国に17分野で5762名です。

専門看護師の資格

専門看護師とは、解決困難な健康問題を持つ個人や家族に対して、より質の高い看護ケアを提供するための、深い知識と技術を持った看護師のこと。

特定の専門分野ごとに認定される資格で、日本看護協会が行う専門看護師認定試験の合格者に与えられます。

この資格を取るためには、看護師としての実務経験が5年以上であり、そのうち3年以上は認定看護分野の経験があることが必要になります。

看護系大学大学院の修士課程を修了し、認定審査(書類審査・筆記試験)に合格することで、専門看護師の資格が手に入ります。

スキルアップのための資格取得は、看護師としての人生で必ず役に立ちますから、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

記事の著者

資格・スクールの悩みをもっと見る