失敗しない看護師の志望動機の書き方:受け売りで書くのはNG

看護師になりたいけれど、志望動機の欄にどんなことを書けば良いのかわからないと悩んでいませんか?

「看護師として受かる志望動機が知りたい」そんな人のために今回は、看護師の志望動機の書き方について紹介します。

マイナビ看護師では、キャリアアドバイザーが志望動機書を添削してくれます。自分だけで良い文章を書く自信がない人はぜひチェックしてみてください。

志望動機書を添削してもらう

志望動機は大事

志望動機は、自分が面接官に自分自身のことをプロデュースするチャンスです。

面接官も志望動機を参考に人材を判断していますから、志望動機をはっきりと書いて、自分自身を表現してみましょう。

求められていること

大切なのは、面接官、ひいては病院から「なにが求められているのか」を知ることです。

志望動機に書くべきことは、「なぜあなたがその病院を選んだか」ではなく、「自分がいかにその病院に合った人材か」というアピール。

病院側は特に以下の三つを求めている場合が多いです。

①すぐに辞めない人

②即戦力、新卒であってもできるだけ早く一人前になる人

③組織に適合できる人(スキル、人間性)

上の三つを参考に相手にとっていかに自分が「欲しい人材」であるかをしっかり書いてみましょう。

やる気をアピールする

自分にはこれだけやる気があります、その病院で主体的に動くだけの気力がありますとアピールすることが大切です。

そのためには、「なぜ看護師を目指すに至ったのか」を実体験などを織り交ぜて書いてみましょう。

なぜ看護師資格をとるに至ったか、なぜ看護師が良かったのかを説明することで「看護師をしたい」から、「あなたの病院で看護師をしたい」に繋げることができます。

肉体的・精神的にその仕事が出来ることを伝える

今度は自分を売り込むために、「肉体的・精神的に、私はあなたの病院でしっかり仕事をこなすことが出来る」ということのアピールも重要です。

病院が求めている休まずに仕事をこなす人物であることを伝えるため、自分がその病院で看護師としてしっかり勤務できるだけの力があるということを売り込んでみましょう。

NGな文章

ではここから、NGな文章を紹介していきます。

1.受け身な文章

まずは受け身な文章として、病院の研修制度や教育制度が充実していることを挙げるものです。

教えてもらう気ばかりで、自発的に組織に貢献しようとしていないとみられるかも。

お金を払って勉強する学校と違い、社会はお金を貰いながら貢献するものです。

それを頭に入れて、「基礎を学んでいきたい」などの文言は避けるようにしてみましょう。

2.自己中な理由

これは主に、お給料や待遇にばかり話を向けた場合です。

例えば「福利厚生が充実している」など、頂くものばかりに意識を向けてしまうのは要注意。

金の切れ目が縁の切れ目という言葉がありますが、もっと待遇が良ければよそにいくのか?と思われてしまうかもしれません。

3.受け売りで話す

例えば、「貴院の○○という理念に感銘を受けました」などの受け売りで話す文章はNG。

理念や行動指針などを引用するのはOKです。

どこにどう感動したのか、どういう風に考えたのかまで書かないと、自発的に考えたとは思ってもらえないかも。

まとめ

志望動機はどうしても悩んでしまう部分。言葉を一言、文章をすこし変えるだけでも、面接官へのイメージはぐっと変わります。

なぜその病院を選んだのか、なぜ看護師になりたいのかを明確な言葉にして、しっかりアピールできるように筋道立てた説明を心がけましょう。

まだ良い志望動機書が書けるか不安だという方はマイナビ看護師がおすすめ。

自分の強みやアピールポイントを客観的に見て添削してくれるサービスもあります。簡単に登録できるのでぜひ参考にしてみてください。

志望動機書を添削してもらう

Tags

ライター