看護師の初任給:地域によって3万円差がある!?

誰もが胸を高鳴らせて受け取るのが初任給!看護師の初任給って、具体的にいくらくらいなのでしょうか。

今回は、看護師の初任給やその内訳など、看護師を目指している方に紹介します。

仕事量に対しての給料に不満があるという方には転職がおすすめ。マイナビ看護師は医療系転職サービスのプロが集まっているので、自分の理想の転職先を見つけられるチャンスです。

マイナビ看護師に無料登録する

看護師の初任給は?

2014年の日本看護協会が発表しているデータによると大学卒の看護師の初任給は27,200円、高卒+3年課程卒の看護師の初任給が26,2074円でした。

他の職種の平均的な初任給を見てみると、大学卒は199,600円、高卒+3年課程卒が170,100円。

こうして比べてみると、看護師の給料はかなり高いことが分かります。

そもそも初任給とは、基本給に住宅手当、家族手当、地域手当などの諸手当を含んだものの事で、この諸手当には看護師独特の手当である夜勤手当も含まれています。

施設にもよりますが、2交代制の夜勤手当は概ね1万円から1.5万円くらいだと言われているので、月に4回夜勤が入った場合には、4万円から6万円ほど増える計算になります。

また、逆にいうと夜勤のない職場での勤務は他の職種のOLとあまり変わらないという可能性も。

引用:日本看護協会 看護職員の月額給与の状況

手取りはいくら?

手取りは、初任給から所得税、住民税、健康保険料、雇用保険料、厚生年金などが引かれた金額のことをさします。

勤め先の病院によって差はありますが、税込額の20%ほどが天引きされると考えてよいでしょう。

実際にもらえる初任給は護師になりたてで、夜勤回数も少ないことが多いので20万円から21万円ほど。

看護師の初任給の手取り額に関するアンケートでは、回答者1558名のうち、4月の手取り給料が「15万円以下」が15%、「15万円から20万円」が42%でした。

実に、57%もの看護師が初任給が20万円以下を経験しているという結果になりました。

初任給にも差がある!

実は、初任給にも差があります。

例えば、地域間の差。各都道府県によって看護師の初任給に差があるようです。

日本看護協会のデータによると、47都道府県の看護師の初任給の平均で、一番高いのは千葉県、一番低いのは山口県という結果が出ています。

その差は実に36,200円!

また、勤務する施設によっても違いがあるようです。

経営母体で分けた病院の比較を見てみると、一番高かったのは、学校法人が経営する大学病院などの施設で一番低かったのが、公的医療機関である公立病院などの施設でした。

その差は13,000円です。

このように、勤める土地や病院の種類によっても、初任給の金額に差があります。

初任給の使い道は?

嬉しい初任給の使い道にはどんなものがあるのでしょうか。

アンケートで一番多かったのが、「親や家族にプレゼントをする」というものです。

支えてくれた家族に食事や物をプレゼントするのも良いでしょう。

他にも、日用品の新調を兼ねて新しいベットを購入したといった声も。

まとめ

看護師の初任給についてご紹介してきました。約20万円の初任給は平均の数値ですので「自分とは違う」と思われる方もいるでしょう。

しかし、看護師の給料は女性の給料としてはかなり高い水準にあることがわかったと思います。

転職するならマイナビ看護師

看護師の転職ならマイナビ看護師です。

採用を担当する人だけではなく、看護師も転職先を評価して紹介しているので、好条件な職場を見つけられます。

雇用形態や勤務形態、路線や駅など細かい検索機能もついているので転職がはじめてという方でも探しやすくなっています。

登録も無料かつとてもスピーディーにできるので、この機会にぜひチェックしてみてください。

マイナビ看護師に無料登録する

Tags

ライター