自分の子供でさえ嫌い?子供嫌いな人の心理と原因を徹底解説

自分が小さいころを振り返ると、大人が考えもしないような行動や言動をしているものです。

しかし自分が大人になると、そのような子どもに対して苦手意識を持ってしまう人もいるようです。

そんな子供嫌いな女性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は子供嫌いな人の心理や原因を紹介します。

こちらの記事もおすすめ→好きで始めたのに!保育士が子ども嫌いになる7つの瞬間

また、子供が嫌いで悩んでいる方は電話占いのココナラを利用してみてはいかがでしょうか。ココナラにはあらゆる悩みを解決するための鑑定士が1000人以上います。

最大30分無料で利用できるので、なかなか打ち明けられなかった悩みも気軽に相談することができるでしょう。

【3,000円無料クーポンプレゼント中】電話占いで相談してみる

子ども嫌いの人の原因と特徴

子供に慣れていない

子供に慣れていない人はどうやって接していいのか分からず、苦手意識を持ちがちです。

特に子供と接する機会が少ない人や、子育てをした経験がない人に多いかもしれません。子供がどうやったら喜ぶのか、どうしたら泣かないのかなどの扱い方が分からないのです。

そして、子供目線での対応の仕方、会話も頭では分かっていても上手くできない人が、子供を避けてしまう傾向にあるといえます。

子供目線になれない

子供は平気で公共の場でも騒ぎ、泣きます。

ルールも分からず走り回ったりするので、大人では絶対にしないようなことを急にし出します。その予想外の行動や言動に困惑してしまい、子供嫌いに繋がるのです。

大人だと当たり前のルールですが、まだそれを理解できない子供の目線に立てないのです。

育った環境の違い

幼いときにとても厳しい家庭環境で育った人は、大人になった時に自分の幼少時代と比べ、とても不公平を感じることがあります。

自分の子供の頃はこうだった、しかし今の子供はこんなこともできる、あれもあると比較してしまうのです。

時代が違えば色々なことも変わるし、反対に今のすべての子供が甘やかされて育てられている訳ではありません。自分から嫌い、と決めつけているのかもしれません。先入観をもつことは捨てましょう。

愛情を十分に受けていない

自分の親から十分な愛情を受けてこなかったことも原因の一つといえます。

ただしこの理由は、本人が自覚していない場合もあります。自分自身ではほかの理由付けをしているかもしれませんが、根底には愛情不足が考えられます。

一つの例でいうと、親から虐待された子供は親から十分な愛情を受けていないので、大人になった時に自分の子供や他人の子供に対してどう接していいのかわからないのです。

自分で受けてこなかった愛情は、今度は自分もどう与えてあげたらいいのか分からないのです。

少しずつでも自分の経験を払拭し、子供に広い心で目を向けてあげましょう。

さわがしさが嫌い

子供というものは、静かにじっとしていられないことも多いですよね。

子を持つ親であれば当然そのことが分かっているのですが、騒がしさ自体が好きでない人からすると、耐えられないようです。

神経質な性格・潔癖症

生活をするうえで、子供にはまだ不注意な点は多々あります。

大人なら予想がつくことでも、子供は予期することができずに転んだり走りだしたり、食べ物をこぼしてしまったりするものです。

その結果、ケガをしたり服や床が汚れてしまうのです。子供は悪気がないため、子供嫌いの大人はどこに怒りをぶつけていいのかわかりません。このようなことがあると、ますます子供に近寄りたくないと思ってしまうので、神経質な性格の人ほどこの傾向にあるようです。

精神的に未熟

子供が嫌いという心理状態自体が、人間として未熟だという見解もあります。

自分自身が大人になりきれない未熟な人間だからこそ、子供の行動や言動が我慢できない、許せない、といった心理です。

そこにはこれまで育った環境や、育てた親の教育も大きな影響を与えています。

子供を恐れている

子供というのは物おじせずに、ズバズバ本音を言ってくるので、周りの雰囲気を察したり、遠慮したりといった大人の言動とは正反対。

このことを嫌がり、恐れることが子供嫌いの人の根底にあります。

過去のトラウマ

自分自身が子供時代に受けた心の傷や、子供をとおして味わった苦い過去などがトラウマとなって、子供自体を嫌いになる心理です。

何かのきっかけがあって改善することもありますが、引きずったままだと精神的な障害になってしまうこともあります。

もともと子供嫌い

もともと生まれついて子供が嫌いで、自分自身が子供のころは同い年の子たちが苦手なタイプ。

子供の頃から、運動会で競って応援したり、意味のわからないことで盛り上がったりする気持ちが分からず困惑するようです。

一人が好き

一人でいたい、他人に干渉されたくないという感情があります。

そんな時、大人の場合なら遠慮がちに接することもできますが、子供の場合はそんなことお構いなしに相手をさせられることがあるため、子供を相手にするのが嫌になってしまいます。

軽度の聴覚過敏がある

子供の声は通りやすく、また遊んで楽しくなると声が大きくなります。軽度でも聴覚過敏がある人には耐えられないほどの騒音に聞こえるのです。

なので、本当は子供が嫌いな訳ではなく子供の声がツライだけかも知れません。公共の場などでは、イヤホンで好きな曲等を聴いて過ごすと気にならなくなります。

面倒くさがり

育児や子育て、教育といったことは常に面倒さが付きまといます。

親ならば当然ながら、面倒くさがらずこういったことに取り組まなければならないのですが、子供嫌いな人にとっては非常に大きな苦痛になります。

子供自体が面倒な存在、という心理に陥るのです。

自己中心的

育児や子育てをして、実際に身近で毎日接してみると、自分は子供嫌いと気づく人もいるのではないでしょうか。

子供の面倒をみる、子育てをするということは、それだけ自分の時間を割いているということなので、ストレスを感じる人も多いと思います。それが自分の思い通りにならない上、予定していた時間より大幅にズレる可能性もあるからです。

このような理由で子供嫌いになったという人は、自己中心的な性格の人が多いようです。

自分の子供を嫌いになってしまう原因と対処法

日々のストレスや苦労が重なり、子供嫌いな女性は罪悪感を感じつつも、ついついその矛先を子供へ向けてしまいます。

先輩ママはどのような瞬間にどのような心理で自分の子供を嫌いだと感じ、どのように改善したのでしょうか。

くっついてきて離れてくれない

子供が1歳半を過ぎたあたりのことです。ママがパパのお弁当を作ろうと朝6時に起きるところから子供のつきまといが始まります。

ママが布団を出ると、すぐに気がついて泣きながらママの足にしがみつきます。お弁当を作る時も、ママが朝の家事をする時も、ずっとずっとママの足をつかんで離しません。

こんな時は違う方に興味を向かせましょう。動物系のテレビを流したり、お絵描きをさせたり、すこしでもママの存在を忘れられるように努力して新しいものを与えましょう。

「ママなんていらない!」と言われてカチンときた

子供が幼稚園に通っていた時でした。私が仕事を終えて幼稚園のお迎えに行くと、子供は友達との遊びに夢中になり、まだ帰りたくないとダダをこね、「絶対に帰らない。ママいらない!」と言われて頭にきてしまいました。

こういうママは、仕事と家事と育児を完璧にしようとして余裕がありません。そんな時は手を抜くに限ります。

子供が帰りたくなるまでそばで待っている時間を作ると、子供の方が気を利かせてくれるようになります。

育児には手を抜いたり余裕を持つことが大切なのです。

小学生の子供がプチ反抗期になった時

小学3年生くらいになると、プチ反抗期を迎え、急に口答えをするようになったりします。

言い返してくるだけならまだしも、悪いと言ったことを隠したり、時には嘘をついたり。

反抗期は成長の証だから仕方ないと思いつつも、間違っていることを認めようとしない子どもを嫌いになってしまうようです。

こんな時はパパや子供の友達のお母さんに間に入ってもらいましょう。子育てのことは第三者に知恵を借りたり、間に入ってもらうことで、子供もママも冷静になれます。

専業主婦でいることを否定された

子供が小学生のとき、お母さんは働いてないから偉くないと言われる人も多いんだとか。

多分学校でお友達がどこかに旅行に行ったことや持っているおもちゃなどの話を聞いて、自分ができないことや持ってないことを不満に思うようです。

こんなときは、子供と専業主婦ならではのコミュニケーションをとりましょう。

二人で天気のいい日はお弁当を持って車で1時間くらいの公園に行ったり、長期休みは旅行に連れて行くのが良いです。

働いていないときは、学校のPTAやボランティアに関わって、働かなくてもかっこいいママを目指しましょう。

初めての子育てで疲れ果てたから

夜泣きに悩まされ睡眠時間も半分になり、子供も神経質なタイプでミルクもあまり飲まず、寝つきも悪く、ストレスは溜まる一方。

こんな時は夫に相談しましょう。「夫には迷惑になるから…」と自分が苦しんでいることを言わずに黙っていると精神的にもよくありません。

あなたが打ち明けることで夫も子育てを手伝うようになり、交互に夜泣きをする赤ちゃんをあやすようになって心が落ち着くようになるでしょう。

子育てに悩みはつきものです。夫や友人に相談しにくい場合、または相談しても解決の糸口が見つからない場合もあるでしょう。

そのような方には電話占いのココナラがおすすめです。総勢1000人以上の占い師が所属しており、国内最大級の実績を誇るので安心して悩みを相談できます。

【3,000円無料クーポンプレゼント中】電話占いで相談してみる

子ども嫌いの男性との結婚

子供嫌いな女性と同様の理由から、男性も子供嫌いになるようです。パートナーが子供に苦手意識を持っている場合、子供が作れるのか、子育てに協力してくれるのかが不安になります。

しかし、子供を作る前は嫌がっていても、我が子が生まれてからとても可愛がる人も多くいます。よその子供を好きになれない人でも、自分の子供はかわいいと感じるようです。

ですから、パートナーが子供嫌いでも諦める必要はありません。2人で協力して子育てをしていくことができるでしょう。

パートナーが子供嫌いで悩んでいる方は電話占いのココナラをチェックしてみてください。今なら最大30分無料で受けられるので、誰にも話せずに苦しんでいる人は一度利用してみると解決策が見つかるかもしれません。

【3,000円無料クーポンプレゼント中】電話占いで相談してみる

Tags

ライター