進む晩婚化の原因!男女の平均初婚年齢、結婚の年齢は何歳がベスト?

以前は、30歳を過ぎても仕事に熱中している女性に対する世間の目が冷たかった時もありました。

しかし、最近では女性の社会的立場がやや確立して、仕事をバリバリとこなす人が増えてきました。趣味に打ち込み、独身を謳歌している女性もたくさんいます。

そのため、晩婚化が叫ばれる時代となっています。具体的に何故、晩婚化が進んでいるのでしょう。

晩婚は何歳からなのか、男女の平均初婚年齢や晩婚化の原因、何歳で結婚するのがベストなのかをご紹介します。
 
また、出会いがなく早めに相手を見つけたい方は、楽天オーネットをチェックしてみてください!

楽天オーネットをチェックする

晩婚は何歳から?

晩婚だと線引きできる明確な年齢はありませんが、「普通より遅い結婚」と定義付けされています。

日本の平均初婚年齢は、男性も女性も5年間ほど続けて上昇傾向にあり、男性が31.1歳で、女性は29.4歳。この平均年齢を上回って結婚すると晩婚になります。

しかし、国民が思う晩婚年齢は少し異なるようです。女性の晩婚年齢については、一般的に女性が思う女性の晩婚年齢は35歳以上と言われています。

一方、男性が思う女性の晩婚年齢は40歳からで、少し開きがありますね。

男女の平均初婚年齢

男性の平均初婚年齢

平成23年の男性の平均初婚年齢は、30.7歳。前年より0.2歳上昇していて、徐々に晩婚化が進んでいるということがわかります。

男性の平均初婚年齢を都道府県別に見てみると、最も低いのが福島県で29.6歳。平均初婚年齢が一番高いのは東京都で31.9歳という結果です。

東京といえば、結婚や子育てというよりも、キャリアを成功させることが優先のように思えるので、平均年齢の上昇については理解できます。

女性の平均初婚年齢

女性の平均初婚年齢も、男性同様に福島県が最も低く、27.8歳。もっとも高いのも男性と同じ東京都で、30.1歳です。

東京は都市部であり、結婚をしなければならないような環境でなく、結婚を焦らす要因も特にありません。

一方、田舎では同級生が結婚したという情報とともに、焦らせられることはよくあります。そのせいなのか離婚率も高く、未婚のシングルマザーが多いです。

晩婚化の原因

独身の自由さや気楽さを失いたくない

男性と女性ともに、家庭に縛られるのに窮屈さを覚えます。

家庭を持つと、当たり前ですが、好みの異性と出会っても、関係を発展させることはできず、友達と自由に飲みに行くことも相手によっては難しくなります。

結婚すれば、どんなに相手に嫌気がさしてもなかなか簡単に別れることができずに、気楽さを失うかもしれません。

経済的に余裕がない

家庭を築くと何かとお金が必要になります。

家具やマイホーム購入などの出費がかさんでいくため、十分な貯蓄がなければ苦しい思いをする可能性もあります。

また、子育てをする場合、学校だけでなく習い事などにも通わせる場合、さらに出費はかさむでしょう。

結婚の必要性を感じていない

最近では「女子力男子」という言葉が誕生するほど、男性が良い意味で女性的になってきています。

おしゃれだけでなく、お肌や爪のお手入れをして、ヘルシー志向から手料理に凝る、きれいなインテリアを楽しむ男性のことです。

生活力が高いので、女性がいなくても何不自由なく暮らすことができます。

また、女性の社会進出も進んできて、自分の稼ぎだけで不自由しない生活を送ることができる女性が増えたことも原因として挙げられます。

結婚に良いイメージが持てない

最近は芸能人の不倫騒動や不倫がテーマのドラマが多く、結婚に対するイメージが下がってしまった人もいるのでは?

親の不仲や離婚というのを経験して現実を知っている人もいるようです。

また、結婚してことによって結婚相手の家族の介護をしなければいけない日がくるかもしれません。

せっかく積み重ねてきた仕事も、結婚や育児、介護により、諦めざるを得ないという状況は望ましくないですね。

希望の条件を満たす相手に巡り合わない

バブルが崩壊して、日本経済も冷え込んでいます。

その結果ゆとり世代と呼ばれている若い人たちほど、堅実に生活を送る術を身につけています。しかし結婚後は、長きに渡って安定した生活を手にしたいと願う人が多いです。

容姿も性格も良くて、安定した収入がある異性を理想の相手の条件とすると、当然対象は狭まります。

仕事に打ち込みたい

仕事に打ち込みたいという男性はもともと多くいますが、近年では女性の社会進出も進み、女性が会社の重要なプロジェクトを担当したり、会社の経営をしたりと活躍をしてきています。

今は仕事に集中したい、と思う女性は結婚して家庭に時間と労力を割くことを嫌います。

また、女性もある程度の収入を得ていますから、結婚して旦那さんに養ってもらうという感覚がなくなりつつあることも、晩婚の原因となっています。

もし仕事をいったんは慣れて、結婚や出産をしたとしても、仕事復帰した後に今まで通り仕事ができなくなる可能性もあります。

異性と知り合う機会がない

「出会いがない」という男女は増えてきています。

以前であれば、男性が積極的に女性を誘ってお付き合いがスタートし、晴れてゴールインという構図ができていました。

しかし、最近は草食系男子が増加しており、女性に声をかけることすら少なくなっています。

そもそも出会いが減っているため、恋愛結婚は難しくなってきています。

楽天オーネットをチェックする

晩婚のメリット

経済的に余裕がある

年齢を重ねたことで経験値が上がっていますから忍耐力があり、仕事を続けてきたため経済的にも余裕があります。

きちんとお互い貯金があれば、結婚式を挙げたり、新居を探したりするのもスムーズにでき、現実的な将来を考えやすくなります。

また、会社にずっと働いていたので、もし結婚を機に一旦仕事から離れたとしても、また元の仕事に戻れる可能性も高くなり、老後などの心配も少なくなるはず。

未練の無い選択ができる

早めに結婚してしまわずに晩婚をすれば、より多くの人と出会える可能性が上がり、未練のない選択が可能です。

若いうちに慌てて結婚してしまったら、相手の本質を見抜くことができずに公開することがあるかもしれません。

しかし、遅めの結婚ならば、相手のことを見抜く目も養われて、未練のない相手を選べる可能性は上がります。

また、趣味や仕事など、やりたいことを若いうちに満喫できるので、結婚してしまってから「あの時あれをやりたかった」などと後悔することもあまりないでしょう。

晩婚のデメリット

子育てが大変

年齢を重ねれば重ねるほど出産が難しくなり、不妊治療の高額な治療費に苦しい思いをする人が多いです。

また、もし子どもを出産できたとしても、お迎えや子供と遊んだりすることなど、子育て中は色々なことで体力が必要なので、高齢になって体力がないと大変。

また、まわりのママ友やパパ友と自分の年齢を比べたり、更年期と子育てのストレスが重なってしまったりすると、精神的につらい思いをするかもしれません。

周囲の仲間から置いてけぼりに?

もし、自分の周りにいる同僚や友達が皆結婚してしまったら、子育てなどで彼等が忙しくなるにつれて、色々なタイミングが合わなくなる可能性があります。

例えば、なかなか休日に合えなくなってしまったり、折角会えたとしても早めの解散になってしまい満足できない場合があるかもしれません。

また、周りに同じ年齢の素敵な未婚男性がいれば良いですが、周りの男性が既に結婚してしまっていたら、相手を見つけることも難しくなります。

結婚は何歳がベスト?

では、何歳で結婚するのがベストと言えるのでしょうか。人それぞれですが、チェックしたいポイントを見ていきましょう。

子どもを持つことを望むか望まないかで決める!

最近では子どもを持つことを望まない夫婦もいます。夫婦のどちらかが子どもを望むというような状況で、離婚に至る夫婦もいるくらいです。

いくら医学が発達したからといって、高齢出産にはリスクがあることには変わりはありません。

子どもを持つことを望むか望まないかは、何歳で結婚するのがベストかを決める大きなポイントとなります。

35歳からが高齢出産と言われていて、妊娠率が下がり妊娠しづらくなり、ダウン症などの子供が生まれるリスクが高くなります。

また流産、早産、難産も懸念されるので、子どもを持つことを望むなら30代前半までに結婚するのがベストでしょう。

自分が結婚したい年齢で結婚する!

ズバリ、結婚したくない人はしなくてOK。

離婚率が高い理由の1つは、周りから焦せらされたり、自分の意思に反して結婚する人が多いことに原因があります。

結婚をしなければならないことはありませんし、子どもを産まなければならないということも、そもそもありません。

自分が結婚したいと思う時がベストな年齢です。周りに決められるのではなく、自分の気持ちを尊重しましょう。

まとめ

晩婚化について、さまざまなことをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

年齢を重ねても、なかなか出会いがなく悩んでいる方には、楽天オーネットがおすすめ。

20代から50代以上の幅広い年齢に対応しています。

無料体験やカウンセリングも実施していて、友人や家族と一緒に行くこともできるので、まずはお試し感覚で足を運んでみてください。

楽天オーネットをチェックする

Tags

ライター