33歳独身女性の特徴と結婚・恋愛事情:結婚対象内に入るコツを紹介!

30歳になったとばかり思っていたのに、気づいたらもう33歳になっていたという女性は多いものです。

33歳といえば、アラサーと呼ばれるのも残りわずかとなってしまい、恋愛や結婚に焦りが出てくる年齢。

この記事では、そんな33歳の独身女性の特徴や結婚、恋愛事情をおすすめのマッチングアプリとともに紹介します。

婚活事情や結婚できる可能性を上げるためのテクも紹介していくので、将来結婚したい、子どもを産みたいと思っている人はぜひチェックしてみてください。

30代女性に人気のマッチングアプリをチェックする

33歳独身女性の特徴

スペックが低いわけではない

33歳で未だ独身だと、自分には重大な欠点があるのではないかと考えてしまいがち。

20代の頃に、33歳ではもうとっくに結婚して子供も産んでいるだろうという将来展望をしていた人は、特にその傾向が強いです。

しかし、結婚していないからと言って、33歳の独身女性のスペックが低いわけではありません。

むしろ33歳まで一人で生きてきたのであれば、職場ではある程度信頼が得られるポジションにいたり、家のことはなんでも自分でできるという人が多いです。

少し卑屈になりがち

33歳になると、一気に30代の自覚がでてきて、アラサー、おばさんなど、自身を卑下する人が増えます。しかし、そういった言葉は自身の魅力を損ない、恋愛・結婚のきっかけを失うことに繋がります。

卑屈になっても良いことはないと、胸に留めておくことが必要です。33歳になったからと言って、自分の魅力が失われてしまったと考えることはありません。

むしろ20代とは全く異なる、落ち着いた大人の魅力をアピールできる年齢になったと肯定的にとらえるべき。落ち着きに加え、自立した女性をアピールできるとよいでしょう。

33歳独身女性の恋愛:やっておきたいこと

自分自身を見直す

33歳の独身女性には、今まで男の人と付き合う機会は多かったけど結婚できないという人も多くいます。

その理由は様々でも、過去に男性経験が多かった人ほど、33歳になると男の人が遠ざかっていく傾向にあります。過去の男性経験が多いほど、男の人からアプローチがあるのが当然と考えているからです。

33歳で高飛車な態度をとっていると、どんなに魅力的な女性でも男性は遠ざかっていきます。若い頃のようなプライドを持ち過ぎるのは逆効果です。

色々な人と関わる

人間誰しも好きな人や、合わない人は存在します。それは33歳独身女性に限ったことではありません。

しかし今後恋愛・結婚を考えているのであれば、少し相手に対するハードルを低くすることも大切です。恋愛相手に対して妥協を重ねるのではなく、あくまで入り口を広くとるという意味です。

入り口を広げれば、今までよりも色々な人と接する機会が増え、そのなかで恋愛や結婚に発展していく相手を見つけられるでしょう。そのためには、今まで試したことのないサービスを使ってみることも大切。

コミュニティー

Pairsは会員数450万人を超え、毎日約2000人が登録する人気マッチングアプリ。自分の生活圏では出会えなかった人と知り合え、意外な可能性が広がります。自分では思ってもみなかった人と、案外うまくいくかもしれません。

マッチングアプリは安全面が不安という人も、Pairsは実名登録制のFacebookを利用したサービスなので安心です。トラブル時のサービスもしっかりしています。

pairsに登録する

33歳独身女性の結婚:気をつけたいこと

出会いの場を選ぶのが大切

33歳独身女性となると、出産や子どもの将来のことなどもあり、できるだけ早く結婚したいと考えている人がほとんど。未婚率は31.07%で10人に3人が独身という、シビアな数値になってきています。

なるべく早期の結婚を考えているのであれば、同じく真剣に結婚を考えている人と出会える場に、目を向けなければなりません。

合コンや人からの紹介もいいですが、その場合だと相手は恋愛の相手を探している場合も多いです。早く結婚したいあなたと、恋愛を楽しみたい相手では、どうしてもすれ違いが生じてしまいます。

早めに結婚したいのであれば、やはり真剣に結婚したい人が集まるコミュニティーに所属するのが一番の近道。おすすめのマッチングサービスをいくつか紹介していきます。

さきほどご紹介したペアーズなどのマッチングアプリを利用して、パートナーを探してみましょう。良いご縁に恵まれるかもしれません。

Pairsで理想の相手を探す

婚活中は相手のプロフィールを重視する

お見合いパーティーなどでは、多くの独身男性と知り合うことができます。

その中で最も重視すべきなのは、性格面の一致だとは思いますが、結婚を急ぐのであれば、それだけで相手を選ぶことは少し考えた方がいいかもしれません。

いくら波長が合っても、相手が自分の生活範囲から大幅に外れたところに住んでいたり、生活リズムが全く違っていては、結婚はもちろん恋愛すら難しいからです。

お見合いパーティーは、相手のプロフィールをある程度みることができるので、気になる相手のプロフィールはきちんとチェックしておくことが必要不可欠。忘れずにチェックするように心がけましょう。

パートナーとの未来を考える

既にパートナーがいるけれども結婚していないという人は、大きな決断が必要かもしれません。子どもを産みたいと考えているなら特に言えることです。

33歳という年齢は、出産や将来の子育てを考えると、もうあまり時間がないといえます。スムーズに結婚し妊娠をしたとしても、赤ちゃんが産まれるのは高齢出産目前の34歳。

その後子供が社会人になるまでは、大学進学を踏まえると22年後となりますが、そのときあなたはもう50代後半となっています。

33歳で、パートナーが未だ結婚をする気がないようであれば、新しい相手を探すのも一つの手かもしれません。

Tags

ライター