マットレスのカビの落とし方:綺麗を保って健康に過ごそう

毎日使うマットレス。裏を見てみたらポツポツとカビが生えている!なんて人もいるかと思います。

そして、マットレスなんて洗えないしどうしたらよいの?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

実はマットレスは、布団と違ってベッドの上に乗せたままの状態のため、とてもカビが生えやすくなっているのです。

カビのできる原因やカビの及ぼす害、正しいお手入れ方法などを知って、カビを発生させないようにしましょう。

カビはどんなときに発生するのか?

カビは、湿気や温度の条件が整うことで、急激に繁殖力が高まります。カビは湿気を好むようです。湿気の多い梅雨の時期はもちろんのこと、その他の季節でも注意が必要です。

特にマットレスは、タオルや衣類と違って、洗濯や天日干しができないため、カビが生えやすくなっています。

また、湿気を高める原因である結露にも気をつけましょう。結露は、コップにつく水滴のように、外と中の温度差にて発生します。結露で湿気が増えますので、結露は結果的にカビの繁殖を促します。

温度でいうと、20度から40度でカビの繁殖力が高まるそうです。つまり、ちょうど人間が生きやすい温度でカビも生息しやすくなっています。そのため、温度の面でカビ対策をするのは難しそうです。

カビの健康被害

カビは目に見えないですが、たくさんの胞子を飛ばしています。人は胞子を吸い込むことでアレルギーを起こしたり、肺炎、肺がんの原因ともなりうる、という恐ろしい研究結果もあるようです。

起きているときよりも多くの空気を取り入れる睡眠中。カビの生えたマットレスで寝ている場合、たくさんの胞子を吸い込んでいるかもしれません。

健康が心配ですし、考えただけでも気持ちが悪いでしょう。そこで、少しでもマットレスのカビが気になる人は、今すぐに取り除いてしまいましょう。

マットレスのカビは取れる?

すでにカビが生えてしまった場合は、泡ハイターなどがおすすめです。泡ハイターを吹きかけたらタオルで押さえ、浸透させるように塗りこみます。

色が落ちたら、お湯で軽く絞ったタオルでぬぐって、窓際などの風通しが良い場所で乾燥させます。そうすると黒い斑点が消え、薬剤臭もなくなります。

ただし、色柄ものや色落ちさせたくないものの場合、この方法は適していないため注意してください。

一番簡単で、一番効果的なお手入れ方法

何よりも大切なのは換気をすることです。換気をして、湿気を飛ばすだけで、カビは格段に生えずらくなります。

気温や汚れよりも、なによりも換気が一番です。マットレスは天日干しをすることが難しいかもしれませんが、窓を開けた状態で窓の前に立てかけておくだけで、かなりカビが生えずらくなります。

また、その際にエタノールのスプレーをしてあげると、さらに効果が高まるためおすすめです。

クリーニングで確実にキレイにしよう

生えてしまったカビを落とすには、クリーニングという方法もあります。

クリーニングは決して安いとはいえませんが、手間や安心感を考えると、プロに頼んでみるのもいいかもしれません。

その後の維持をしっかりしていけば、買い換えるよりはずっと安くお手軽に清潔に保つことができますね。

自分にあったお手入れや管理方法で、健康で快適な生活を送りましょう。

記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る