敷布団のカビを除去する方法:カビは病気を引き起こす!?

押し入れから敷布団を出したら、カビが生えていた!なんてことはありませんか。

普段は気にせず使っていたり、押入れにしまっている敷布団。いまいち手入れや管理の方法がわからない人も多いかもしれません。

急な来客にあせらないよう、日ごろからカビ対策をしておきましょう。今回は、敷布団にカビが生えてしまった場合の手入れ法と、カビが生えないようにする予防法を紹介します。

敷布団にできる点々としたカビ

敷布団を丸洗いしてもいいのでしょうか。

綿の場合、家庭での洗濯はおすすめできません。なぜなら偏ってしまったり、痛んでしまう可能性が高いからです。

しかしクリーニングは安価ではなく、できればお金をかけずにお手入れをしたいものです。

手入れ方法

外のカバーを取り外せる場合は、カバーを丸洗いします。

黒かびは洗濯で落ちない場合もあるので、落ちない場合は漂白剤で対処しましょう。

ただし柄がある場合は、ワイドハイターなどの色落ちしないものを使うのをおすすめします。中綿は天日干しをして、乾燥させて殺菌しましょう。

天日干しの際はゴザなどを使って、カラカラに干してください。

中まで浸透している場合、カビの色は落ちないかもしれませんが、カビは乾燥を嫌いますので、効果は十分にあるでしょう。

またその際に、カビに有効なエタノールの除菌スプレーを振りかけておくと、消臭効果もありますので、ぜひ試してみてください。

予防方法

カビは何よりも湿気を好みますので、湿気を絶つことでかなりの予防効果を期待できます。

こまめに天日干しをするのが有効ですが、家で使用する時も敷布団の下にタオルなどを敷いて湿気を吸い取ったり、消毒用エタノールのスプレーなどを吹きかけておくと効果的です。

また、ずっと同じ場所に置きっぱなしにしないようにしましょう。

カビは病気を引き起こす?

カビはアレルギーや肺炎の原因にもなり、健康を脅かすこともあります。

見た目によくない上に、健康にも悪影響を及ぼすカビ。できるだけ避けていきたいものです。

湿気、温度、栄養素の3大要素が加わると、特に繁殖しやすくなってしまいます。湿気と温度には換気、栄養素には掃除と要因を絶つところから始めましょう。

カビの手入れを習慣化しよう

内部まで浸透してしまい、綿を出してまで手入れするのはちょっと…という人は、1度お金をかけてクリーニングに出しましょう。その後簡単な手入れをするところから始めてみてはいかがでしょうか。

病気を引き起こすと考えると、こまめに天日干ししたり、エタノールを吹きかけたりというのはたいした手間と感じなくなり、すぐに習慣化してしまうでしょう。

記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る