部屋にカビができる原因と対策法:梅雨を乗り切るには!

梅雨の時期になると気になりだすのがカビです。カビが発生する原因や環境 また、カビがあることで及ぼす危険性を知っていますか。

発生防止策から発生してしまった場合の対処法まで、毎日生活をしている部屋のカビ対策を紹介します。

カビ対策をして、気持ちよく梅雨を乗り切りましょう!

カビはどんな時に発生するか

高い湿度

梅雨時期に増えるので湿気との関係は知っている人も多いですが、梅雨以外でも気をつけなくてはなりません。

例えば、冬場では 加湿器を使うご家庭も多く、またヒーターや暖房により外の気温との差で結露がおきます。

他にも布団の下(体温と床温度の差)、押し入れもこもりがちになるため湿気が逃げずらくなりますので、梅雨時期以外も注意が必要です。

カビの好む温度

カビは0~50度くらいで生息ができ、20度から40度位を好みます。人間が好む温度と同じ位を好むため、必然的に私たちのまわりにはカビが発生してしまうのです。

カビの生えない温度に保つ事は現実的に難しそうですので、防止するには他の要因を絶ち対処をしましょう。

カビの食べ物

カビは何を栄養源として繁殖するのかというと、これも人と同じですが食材です。そのほかには ホコリや木、繊維など、どんなものも栄養源としてしまうのです。

部屋に飲み物や食べ物を置きっぱなしにしていたり、ホコリをためてしまったり不衛生にしているとカビはどんどん増えてしまいますので気をつけましょう。

カビ対策

室内や窓にカビができる前に、こまめに換気しましょう。空気中に胞子が浮遊しているため室内にカビが繁殖します。

床にも胞子は広がっているため、掃除機をかける際は注意が必要です。逆に巻き散らしてしまう恐れがあります。ドライ式のモップなどで先に拭いてから掃除機をかけるようにしましょう。

水気を取るのも大切。キッチンや洗面所はこまめに水分をふき取るようにしましょう。

カビ対策のおすすめ品

結露防止テープ

ネットやホームセンターで販売されていて、窓に張りつけると結露を吸い取ってくれるものです。これは大変便利ですが、換気をせずにただつけっぱなしにしていると、こちら自体にカビが生えます。手入れも注意が必要です。

結露水切りワイパー

冬場に暖房+加湿器の組み合わせで結露になった場合、水受けのついた結露水切りワイパーがとても便利です。こちらもネットやホームセンター等で販売されています。エタノールカビにはエタノールが有効です。拭き掃除の際にエタノールを使い、ふき取ってください。

記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る