キスから分かる男性の心理:ディープキスは本命の証?

photo-1446814699583-d835df35a267

キスから分かる男性の心理:ディープキスは本命の証?

彼氏でもない男性とキスしてしまったり、雰囲気に呑まれてキスしてしまったという経験はありませんか?そんな時、男性はどんな心理状態か気になる人も多いはず。

彼氏になってくれるの?キスをしても本命とは限らない?色んな疑問が浮かんでくると思います。

そこで今回は、①キスで考えられる男性の心理パターン②キスする部位でわかる男性の心理③よく誤解されるキスの男性心理の3つの視点でご紹介します。

また、上手なディープキスのやり方と、キスをするときに気をつけたいポイントも合わせて紹介します!

キスがしたくなるクチビルを手に入れるのはこちら

キスで考えられる男性の心理パターン

女性が作れるキスしたくなる瞬間

まずは、キスでわかる男性の心理をご紹介します。

好意のあらわれ

「好きだ」という意思表示です。「愛してる」「好き」などの言葉数が少ない男性でも、不意のキスなどは愛おしく女性を思っているからこそのキスなのです。

特に日本人男性は言葉で表現するのが下手なので、愛情表現の一つとして受け取っていいと思います。

性欲

「愛情」からではなく「性欲」からきていることがあります。男性はこの二つを切り離してできる生き物なので、キスをされたからと言って容易に喜ぶのには注意です。

男性は付き合ってもいない、好きでもない女性とも関係をもつことができるので、その入口としてキスを迫ってくる場合も大いにあります。その場の雰囲気に流されず、その先を強引に迫ってこないか、ちゃんとカップルとして付き合ってくれそうかを見定めましょう。

独占欲

男性は本能的に独占欲が強い生き物です。「これは俺のもの」と、独占欲を満たすためにキスをするという場合もあるかもしれません。

この場合、純粋にあなたに好意を持っているわけではなく、遊びとしてとらえている男性も少なからずいるので、安易にキスをして後悔しないようにしましょう。

愛した相手とは長いキスをする

キスの時間が長ければ長いほど、その男性はあなたに本気で好意をもっているでしょう。時間の長さは愛おしい、独占したい、離したくないなどという愛情表現が出ている証拠です。

反対に、キスで女性の反応を見て自分の事を拒みそうになければ、次の段階を狙っている可能性も大です。この場合はキスの時間は短いはずです。

適当に軽いキスは、さっさと次の段階へ持ち込みたいと考えている可能性が高いため、女性は本気になってはいけません。

キスする部位によって変わる男性心理

キスするのにオススメな唇以外の体の部位

もちろんキスする心理は人によって様々ですが、こちらでは一般的に言われている「キスする部位でわかる男性心理」を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

おでこへのキス:愛おしさの表れ

おでこへ軽くするキスは、相手のことを愛しいと感じる心のあらわれ。でも、恋愛の愛しさというよりは、保護者のような気持ちが強いかもしれません。

おでこへのキスは、お母さんが子どもに向けての愛情表現でするように、「母性のキス」とも呼ばれています。

彼の気持ちは、それとよく似ているかも。あなたが「愛しくて仕方ない」「失いたくない」という気持ちを表すキスなのです。

ほっぺにキス:幸せの表現

親愛の気持ちや、友情を感じたとき、また相手を「かわいいな」と感じた時に、ほっぺへのキスで気持ちを伝える男性は多いです。

そこに性的な欲求はほぼありません。純粋な好意や、相手といるだけで幸せという充実感を伝えるために、ほっぺにチュッとキスをするんですね。

首筋へのキス:誘惑したい

女性の首筋へのキスは、男性の「誘惑したい」という気持ちの表れです。彼は、あなたのことを抱きたいと思っている可能性が高いでしょう。

二人の距離が縮まったと感じた時。また、その次に進みたいと感じる時。その強い気持ちを伝えたくて、男性は女性の首筋にキスをするのです。

3分に1本売れてるキス専用グロスを見る

よく誤解される男性心理

photo-1466547785201-9c6106aea1af

最後に、よく世間で誤解されているキスにおける男性心理をご紹介します。

キスの回数が愛情の深さではない

「たくさんキスをしたから愛されている」もしくは「少ないから愛されていない」と考えるのは間違っています。

本命ではない女性にだっていくらでも男性はキスできます。性的な関係に持ち込むことができれば何度でもしてくるでしょう。

もしも、キスをやたらとしたがってきても、「自分の事を好きで大切に思ってくれている」と誤解しないようにしましょう。

情熱的なキスをするからと言って、本命の女性と思っているわけではない

男性は、遊びの女性に対しても情熱的なキスはします。むしろ、体目当てのためがゆえに情熱的になり、本命の女性には淡泊になるケースがあるくらいです。

情熱的だからといって、深い愛情表現だと誤解してはいけません。男性にとってキスは、興奮を得るためのひとつのツールとしてもあるのです。

キスがしたくなるクチビルを手に入れるなら

上手なディープキスのやり方

Young couple kissing in the street

初めてのディープキスや、初めての相手とのディープキスは、いつのときでも緊張するものです。特に日本人はディープキスが苦手でもあります。

苦手意識があるから、さらに失敗して自信を無くすという悪循環にもなりかねません。相手に嫌われない、優しく受け入れてもらえる最高のディープキスをするにはどうしたら良いのでしょうか?

上手にディープキスへ持っていくコツと、注意したほうが良いことをご紹介します。

上手なディープキスのステップ

ディープキスの流れにもっていくためには、雰囲気がとても重要です。場所は薄暗くて人通りが少ない、二人っきりになれるところが良いでしょう。

また、そういった場所に相手を連れていくときは、おもしろいことを言ったり、おしゃべりは控えて、あえて沈黙の時間を作ったほうが盛り上がります。相手が「あれ?なんかいつもと雰囲気ちがうな?」と気付けば、それだけで緊張感が高まるからです。

それでは、まずは上手なディープキスをするためのステップからご紹介します!

STEP1 目を見つめる

キスする前には、その相手の目を見つめてください。少し照れるくらい見つめることで気持ちを上げていきましょう。

そして、相手の頬や首の後ろに手を回し、ゆっくりと顔を近づけるようにします。

相手の口元を見ながら、唇が触れる少し手前で静止して下さい。少しだけ焦らすことで、相手の気持ちを一層盛り上げる効果があります。また、相手に自分の気持ちも伝わりやすいので、嫌がられることも少なくなります。

STEP2  体をそっと触る

キスに入る前に、相手の頬や唇、背中や腕などを優しくなでます。そっと大切なものに触るように触れると、相手にあなたのことが好きだということが伝わり、お互いにリラックスできます。

STEP3 目を閉じる

見つめ合ったあと、そのまま目を開いている状態だと、現実的なことを考えたり、周囲の情報が入ってきたりするので気持ちが集中しません。

目を閉じることによって、相手に集中でき、唇同士が触れ合う柔らかさや、息遣い、相手の香りなどに、神経が研ぎ澄まされていき、より官能的なディープキスに進めます。

STEP4 軽めのフレンチキス、頬など唇以外へのキス

ディープキスをする前に、何回か軽く唇を合わせて雰囲気を盛り上げてみましょう。チュッチュッ・・・と、何回も続けていく内に、お互いの性的な快感が高ぶっていきます。

また、唇以外へキスをするのも良いでしょう。頬や額、鼻、耳、うなじなど相手の様子を伺って、相手が好きそうな場所にやさしくキスします。

STEP5 少し長めのフレンチキス

何回か軽いキスを交わしたら、今度は少し長めに唇を合わせるようにしていきます。長さに慣れてきたら、相手の下唇のみにキスするなどバリエーションを持たせます。キスのやり方を少しずつ変えることで、お互いの気持ちもどんどん高まり、恥ずかしがらず素直に欲求を表現できるようになります。

STEP6 舌を入れる時は焦らずに、舌先を触れあわせる

いきなり舌を入れると、拒まれるかもしれませんから焦りは禁物です。万が一、舌を入れようとして唇を固く閉ざされてしまったら、もう一度フレンチキスを繰り返し、相手の緊張をほぐしてください。

相手の緊張がほぐれてきたら、焦らずに舌先だけで触れ合うようにキスしましょう。唇や舌に力が入らないようにリラックスして舌先で触れたり、離したりしてみます。

舌を入れるときは優しく、相手の唇を軽く舌で舐めてから入れてみて下さい。その際、唾で相手の口の周りをドロドロ状態にしないように気をつけて下さいね!

STEP7 相手の様子をうかがい、舌を絡ませる

固く閉ざしていた唇のとびらを無事に開くことができ、相手の中に舌を入れることができたら、次は、相手の舌を軽く舐めてみましょう。チロチロと小刻みに全体的に舐めてから、大きく舐めてみてください。そして、相手の反応をうかがいます。

軽く舐めるのに慣れてきて相手の舌を感じたら、舌と舌を絡ませ合っている感覚を楽しみましょう。

基本はゆっくりと、舌や舌以外の部分も舐めるように動かし、たまに激しく舌を奪うような、緩急を意識したキスをすると上手くいくでしょう。

STEP8 甘噛みもしてみる

ディープキスというのは、何も舌を絡ませるだけではありません。相手の舌と絡ませた感覚を十分楽しんだら、相手の舌を吸ってみたり、甘噛みしてみるのもおすすめ。

上あごを舌でなぞったり、歯茎をなぞったりしてみましょう。ただし好きではない人もいるので、しっかりと相手に合わせること。

キスがしたくなるクチビルを手に入れるのはこちら

ディープキスで気をつけること

165aTVpzTXGMXu1azUdy_IMG_8468


緊張していたり力が入っていると、唇や舌も硬くなってしまって気持ち良いディープキスはできません。相手も自分もリラックスできるように、焦らずソフトなキスやスキンシップなどでの雰囲気作りを大切にしましょう。

意気込むあまり、呼吸のできないようなキスをしてはいけません。

相手の様子をよく観察する

ディープキスをするときは特に、相手との合う/合わないを感じやすいでしょう。相手と盛り上がり具合やタイミング、ペースが合わないと、この人とは波長が合わないと思われてしまうこともあります。

ステップを気にしすぎるあまり相手のことを見れていなかった、ということにならないように、相手の様子を良く見て、何が好きで何は苦手なのかを感じ取れるようになりましょう。

下品な行動は控える

初めてのディープキスで下品な行動をする人は少ないかも知れませんが、中には気持ちが盛り上がりすぎて相手のことが見えなくなってしまう人もいるでしょう。

しかし、自分の心の赴くままにべろべろと相手の口の周りを舐めまわしたり、ガチガチと歯を当てたり、なんてキスをしたら、一気に嫌われてしまいます!

キスはもっと甘くロマンティックに。「ぐちょぐちょ」「ねちょねちょ」したキスは、もっと関係が深まってからでも遅くはありません。

キスする前に気をつけたいこと

photo-1444838229728-e1653ba7631a

ディープキスに限らず、キスは非常に相手との距離が近くなります。キスをする前やキスした瞬間に嫌われりしないように、次のことには注意しましょう。

口臭チェック

せっかくのディープキスをするチャンスがあっても、口の臭いに自信がないと、いちいち気にしてしまい気が散ります。

ですので、口の中の臭いの原因を作らないように、ガムを噛んだり、トイレに行ったときに歯を磨いたり、定期的に歯科医院に通院したりして、口腔内のケアをしておきましょう。

また、キス当日の食事にも気をつけ、デートではニンニクたっぷりの餃子や焼き肉は避けるようにして下さい。キスの直前には甘いキャンディーやドリンクなどで、口腔内にほんのり香りをつけておくとオシャレですよね。

また、相手の口臭が気になった場合は、せっかくの気持ちが萎えてしまうこともあるでしょう。それでも相手のことを好きな気持ちが揺らがなければ、事実を正直に相手に伝えてしまうとかなり傷つくと思うので、デートの度にガムを持って行き、「食べる?」と勧めてあげるなどの配慮をしてあげて下さい。

そういう話題になったときには、遠回しに歯科医院に通院するように勧めてあげても良いかもしれませんね。

ヒゲ・無駄毛が処理できているか確認

キスをしていてジョリジョリするような男性のひげは苦手な女性が多いでしょう。

また、女性の場合も手入れのしやすい口の上は毛の処理をしていても、口の横やあご、耳からあごにかけてのラインなどの無駄毛はあまり処理できていないこともありますよね。ぱっと見では分からないかもしれませんが、顔を近づけると気になってしまうかもしれません。

鏡を使っても自分で見るのが難しい場所もありますから、注意したいですね。

おわりに

いかがでしたか。男性がキスをしてくるときは色んな心理があるのですね。

ディープキスは、相手が求めてきたり自分の舌に絡んできたりする雰囲気を感じ取れたら、ほぼ成功と考えて大丈夫です!

自分だけでなく相手も感じているのかをよく観察し、汲み取る気持ちが大切です。キスやディープキスの相性が良いと、2人の関係もどんどん深くなって快感も得られやすくなっていきます。ぜひ、研究して実践してみてくださいね。

うまくディープキスへ持っていくコツも大切ですが、顔まわりを清潔にしておくことも大切ですね!鼻毛ははみ出ていないか、ヒゲは1本だけ飛び出ていないかなど、日頃から意識して鏡を見るようにしましょう。

累計149万本を突破したキス専用美容液「NuleNule」。男性が思わずキスしたくなる、ぷるぷるな唇を作ります。

3分に1本売れてるキス専用グロスを見る

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です