結婚50年の記念に贈りたい!おすすめのプレゼントとタブー

結婚50周年という歳月は記念日を迎える夫婦にとって重要な節目。

日本では昔から、金婚式を迎える夫婦に対しお祝いのプレゼントを贈る習慣があります。

さまざまなプレゼントが考えられますが、中にはタブーがあるのも事実。

今回は、結婚50周年目に贈るおすすめプレゼントと送ってはいけないプレゼントをまとめてみました。

結婚50周年目の意味

金婚式のように、結婚記念日を祝う習慣はイギリスで生まれたとされています。この習慣は、明治天皇がご自身の銀婚式をお祝いしたことで日本に定着しました。

結婚したその年を0年目と数えて、50周年目に迎えるのが金婚式。金色の輝きを得た豊かさという意味が込められており、夫婦が愛を再確認し合う大切な節目の日として広く知られています。

おすすめのプレゼント

写真立て

長い年月を共に歩んできた夫婦にぴったりな贈り物が写真立て。

ランダムに自分の好きな写真を飾るのも良いですが、結婚した当初の写真から現在の写真までを順を追いながら並べて飾ると、これまでの人生を振り返ることができるので素敵です。

また、これから新しく写真を撮って飾るスペースも確保しておくのもおすすめ。これからも仲の良い夫婦でいてほしい、という思いをこめてみてはいかがでしょう。

ルンバ

家事の手助けをしてくれるルンバもまた人気のプレゼントのひとつ。

ルンバが家庭に1台あれば自動的にゴミを吸ってくれるので、お母さんの掃除の手間も省けます。普段家事を頑張ってくれているお母さんに贈る、最高のプレゼントになるのではないでしょうか。

マッサージ器

日頃の疲れを癒してもらうために、子供から親へ贈るプレゼントとして人気なのがマッサージ器です。

中でも特に今回オススメしたいのがフットマッサージャー。足には全身のコリをほぐしてくれる箇所がたくさんあるので、コリに悩む夫婦にはぴったりなプレゼントです。

中にはタブーも

ハンカチ


ハンカチは漢字で書くと「手巾(てぎれ)」。これは関係の終わりを意味する「手切れ」を連想させるとして敬遠される傾向があります。

特に白いハンカチは要注意。白いハンカチは別れを意味するので、金婚式のプレゼントとしてはタブー中のタブーです。

櫛(くし)

「苦」や「死」をイメージさせる櫛は、特に縁起の悪い贈り物のひとつ。これも避けるべきプレゼントです。

日本茶


高級な日本茶は贈り物として嬉しいものですが、弔事に使われることが多いため、お祝いのプレゼントとしては不向きとされています。

ですが相手がお茶好きの場合、おしゃれなデザインのお茶を選べば失礼にはあたりません。

時計

親しい間柄であれば問題ありませんが、時計は勤勉を意味するため、目上の方に贈る場合は注意が必要です。会社の上司や先生などに贈る際は気をつけて。

履き物、マット類

こちらも親しい間柄であれば問題ありませんが、相手を踏みつけるという意味が込められているので、目上の方に贈るのには不適切です。

Tags

ライター