腹筋を割りたい人必見!効果的な食生活と運動方法

程よく鍛えられた女性の腹筋は、同じ女性から見ても素敵ですよね。綺麗に割れたモデルさんの腹筋をうらやましく思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

腹筋を割ると、ダイエットにも効果的である上、健康的な体を維持することができるなど嬉しいことばかり。

ですが、具体的に何をすれば腹筋が割れるのかわからないという人も少なくありません。

そこで今回は腹筋を割りたいと考えている方に、効果的な正しい運動方法と食事法を紹介します。

そもそも腹筋は割れている

人間のお腹には、長い帯状の筋肉2本伸びています。この筋肉には、はじめから横向きにすじが入っているため、人間の腹筋はもともと割れています。

ではなぜ通常は割れているように見えないのかというと、皮下脂肪が腹筋を覆い隠してしまっているのが原因。特に女性は男性に比べて皮下脂肪の層が厚いので、腹筋を割る難易度がアップするのです。

つまり、腹筋を鍛えるのと同時に皮下脂肪を減らしていくことが不可欠。それでは、どうしたら効果的に腹筋を割ることができるのか見ていきましょう。

腹筋を割るといいことばかり

腹筋を割ると、美しいくびれを手に入れられるだけでなく、さまざまな効果を得ることができるのが魅力です。

ダイエットに効果的

程よく筋肉がつくと新陳代謝がアップし、体の中から脂肪を燃焼させることができるので、プロポーションの維持にも効果が期待できるのが嬉しいポイントです。

便秘に効く

便秘改善のために必要不可欠なのが腹筋の力。腹筋が弱いと腸の筋肉にも緊張感がなくなってしまうため、うまく消化が行えなくなってしまいます。

腹筋を割ろう

正しく筋トレをしよう

腹筋を鍛えるために筋トレは必要ですが、ただ回数をこなすだけでは意味がありません。腹筋運動をする際には行った回数をよりも、いかに1回にたっぷりと時間をかけられるかがポイントです。

筋トレ用の食事に切り替えよう

筋肉を鍛える食事には、高タンパク質、低糖質、低脂肪が大原則。鶏肉や卵などの食品でタンパク質を取り入れることが必要ですが、食事だけでは難しい場合、プロテインやサプリメントで代用することも可能です。

また、ビタミンやミネラルを摂取すると血液の循環が良くなります。これが脂肪の燃焼を促進し、筋肉をつける手助けをしてくれるのです。

冷えを予防しよう

筋肉をつけるのに冷えは大敵。体が冷えてしまうと、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

腹筋を割りたいのなら、部屋のエアコンの温度設定を低めに設定したり、シャワーだけでお風呂を済ませることはなるべく避けましょう。

有酸素運動をしよう

20分以上連続して行う有酸素運動は脂肪を燃焼させるので、筋トレに効果てきめんです。

ウォーキングや縄跳びなども有酸素運動のひとつ。こうした気軽にできる運動から、脂肪を燃焼していくのがおすすめです。

腹筋ツールを使ってみよう

腹筋ローラーも腹筋を割るひとつの手。芸能人も愛用している人が多いこの腹筋ローラーは、体を鍛えるのに大きな効果を発揮します。1回の使用につき、2〜3日休息期間を設定するとより効果的です。

また腹筋ローラー自体のサイズもコンパクト。手軽に始められるのが魅力です。

関連記事

お腹全体を引き締めたい方はこちら↓
オススメのお腹引き締め・筋トレ方法7選:オフィスでも、電車でもできる!
お腹まわりの脂肪を落としたい方はこちら↓
お腹周りの脂肪を落とすための方法!運動・食事・生活習慣を徹底見直し

Tags

ライター