カーセックス完全ガイド:カーセックスのやり方と体位を紹介

カーセックスは、その名の通り、車の中で行うセックスのことです。

そもそも公の場所でカーセックスを行うと、盗撮の被害や、他人に見られた場合、公然わいせつ罪に問われる恐れがあります。しかし実際にカーセックスしている人は存在します。

家やホテルでセックスするよりも体位などやり方が限られてきそうですが、カーセックスの魅力とは何なのでしょうか。

そこで今回はこうした人たちが、なぜカーセックスをしているのか、そしてどのようなやり方や体位を楽しんでいるのかを明らかにしていきます。

また、セフレを作ってカーセックスをしたいという方は大手の出会い系サイト・ハッピーメールを利用するとカンタンに相手が見つかります。他出会い系サイトより運営実績が長く、価格も良心的なのでぜひ無料登録してみましょう。

ハッピーメールでセフレを探す

カーセックスの魅力


カーセックスとは、車内で性行為を行うことを指しますが、特に車種は問わず、軽自動車から大型自動車など車の中で性行為を行えばカーセックスとなります。

一般的にはバンなどのゆったりとした車内スペースが確保されている車で行われることが多く、性行為中はもちろんカーテンをして外からの視界を遮るのが一般的。

なぜわざわざ普通の部屋に比べて狭い車内の中でエッチをするのでしょうか。実は、その閉塞感や密着感、そして誰かにバレてしまうのではないかというドキドキ感でセックスが盛り上がりやすく、非日常的なものを体験できるところにカーセックスの魅力があります。

もちろん車種にもよりますが小さい車だと、カーセックスはかなり窮屈に感じることも。

しかしそんな狭い車中だからこそ、お互いの息遣いを近くに感じることもできるし、彼の匂いや香水の香りを強く味わえる体験は、車でのエッチならではなのです。

カーセックスの場所選び

カーセックスをする場合、一体どこに車を停めて行っているのでしょうか。

適当な場所に止めてしまうと、やはり他人から覗かれてしまう可能性があり危険。

カーセックスでよく使われる場所は、防波堤や港、防犯カメラが付いていないラブホテルの駐車場など人気が少ない場所です。

また深夜の川の土手沿いや、公園の駐車場もよく選ばれます。デートスポットで有名な公園の駐車場は、夜になるとカーセックスのスポットとしても人気なのです。

カーセックスの進め方

実際にカーセックスをしたいと思っても、安全性や周りの目などを考えるとハードルが高く、直接口に出しづらいのも事実。

そこで、まずは車内エッチへの運び方を紹介していきます。

車内で相手を誘うには

運転手がどちらなのかにもよりますが、女性から運転中の男性を誘うなら、やはり相手の太ももをさすってみるのが効果的。少し大胆ではありますが、男性器に近いこともあり一気に男性の気分をエッチな方向に持っていくことが可能です。

反対に男性であれば、休憩や景色を見ることを理由に人気の少ない路肩に車を停めて、女性にちょっかいを出してみるのがおすすめ。

運転中にそれとなくムードの良いゆったりとした曲を流しておけば、味気ない車内もセックスに持ってこいの雰囲気に変化させることが可能です。

いざカーセックスへ

カーセックスをする際にある程度の広さの確保が必要になります。そのため助手席や運転席などの狭い場所はあまり使われていないようです。

また、常に他人から覗かれる危険性があるため、基本的には服を着たまま行います。そうすればいざ人が近くにいたとしても、不自然に思われません。

通常、車内で行われるカーセックスですが、大胆にも車外でセックスを行うカップルも。

屋外になるので緊張感・興奮度は増しますが、人に見られたら公然わいせつの可能性もあるので、もちろん推奨はできません。

カーセックスにおすすめの体位


では実際に狭い車の中でどのようにセックスをしているのでしょうか。カーセックスを存分に楽しめる体位を紹介していきます。

対面座位

男性がシートに座り、その上に女性を抱えて行う体位です。密着度が高く、カーセックスならではの相手の息遣いなどを最も感じられる体位。

体の重さで男性器が奥まで入るこの体位は、男性も女性も気持ちいいこと間違いなしです。

松葉くずし

カーセックスになれてきたカップルにおすすめなのがこちらの体位。

女性をドア側に向かせ、片足を上げたところで行います。車外から覗かれるのではないかというドキドキを感じるので、より非日常的なセックスを楽しめるでしょう。

またこちらの体位も深い結合間を感じることができるので、強い快楽を求めるカップルには特におすすめです。

後背位

いわゆるバックと呼ばれる体位。松葉くずしと同様に密着度の高い、非日常的なセックスが楽しめるでしょう。

車高の低い車では難しいですが、旅先でミニバンなどを借りて挑戦してみるなど、さらなる非日常を求めたい男女ににおすすめ。

カーセックスの注意点

普段とは違った快感を得られるカーセックスには、リスクが伴うのはもちろんのこと。公然わいせつ罪にひっかかってしまうだけでなく、慎重に行わないと、車の固い部分に身体が当たってしまい、体中があざだらけになることがあります。

ここではカーセックスを行う上での注意点を見ていきましょう。

法律的にカーセックスはNG?

性行為について法律的に決まりがあるわけではないですが、考えられるリスクとして、駐車禁止の場所に停めたときの駐車違反、また人に覗かれた時に公然わいせつ罪に問われる可能性があります。

覗かれる危険性

自宅やホテルではなく、適当に駐車した場所でセックスをすると、他の人に覗かれてしまう可能性があります。

実家に住んでいて部屋に恋人を呼べないなどの理由で、仕方なく車内でのエッチに至るケースも多いようですが、場所選びには注意したほうが良いでしょう。

ウエットティッシュなどの用意

車でセックスをした場合、汗などでシートが汚れる可能性があります。ウェットティッシュやポケットティッシュを用意しておくと安心です。

また女性への細かな気遣いとして、飲み物を準備しておけるとなよ良し。普段よりも狭い、車内でのセックスをすることになるので、相手の体を含め、いつも以上に気遣いをしてあげましょう。

カーセックスのやり方まとめ

車という日常的に利用するもので行うカーセックスは密着度も高く、一度はやってみたいという方も多いのではないでしょうか。今回紹介した内容を参考に、ドライブデートの延長線を楽しんでください。

恋人はいないけどカーセックスはしてみたい…。そんな方は出会い系サイト・ハッピーメールで相手を探してみましょう。ハッピーメールにある大人の掲示板では性にオープンな男女が集まっているのでカンタンに相手が見つかります。

カーセックスの相手を探す

Tags

ライター