woman

カーセックス完全ガイド:カーセックスのやり方と体位を紹介

カーセックスは、その名の通り、車の中で行うセックスのことです。

そもそも公の場所でカーセックスを行うと、盗撮の被害や、他人に見られた場合、公然わいせつ罪に問われる恐れがあります。

しかし実際にカーセックスしている人も存在します。

そこで今回はこうした人たちが、どうやってカーセックスをしているのか、なぜカーセックスをしているのかを明らかにしていきます。

恋人がいないあなたにおすすめのマッチングサイトはこちら

カーセックスとは

カーセックスとはその名の通り、車内で性行為を行うことを言います。特に車種は問わず、軽自動車から大型自動車など、車の中で性行為を行えばカーセックスと言います。

一般的にはバンなどのゆったりとした車内スペースが確保されている車で行われることが多く、性行為中はカーテンをして外からの視界を遮る人もいます。

カーセックスの場所選び

カップルがカーセックスをする場合、一体どこに車を停めて行っているのでしょうか。

適当な場所に止めてしまうと、他人から覗かれてしまう可能性があり危険。

カーセックスでよく使われる場所は、防波堤や港、防犯カメラが付いていないラブホテルの駐車場など人気が少ない場所です。

カーセックスのやり方

カーセックスをする際には広い場所の確保が必要になります。そのため助手席や運転席などの狭い場所はあまり使われていないようです。

また、常に他人から覗かれる危険性があるため、基本的には服を着たまま行います。そうすればいざ人が近くにいたとしても、不自然に思われないからです。

通常、車内で行われるカーセックスですが、車外でセックスを行うカップルもいるようです。

屋外になるので緊張感・興奮度は増しますが、人に見られたら公然わいせつの可能性もあるので、もちろん推奨はできません

恋人がいないあなたにおすすめのマッチングサイトはこちら

カーセックスにメリットはある?

車種にもよりますが小さい車だと、セックスが窮屈に感じることもあります。

しかしそんな狭い空間で行うカーセックスも逆に楽しめる人もいます。車の中なのでお互いの息遣いを近くに感じることもできますし、彼の匂いや香水の香りを味わえる体験は、カーセックスならではと語っています。

重要なのは車種

カーセックスは基本的に軽自動車から大きい車まで、さまざまな車種で楽しむことができますが、バンタイプの車を使うことが多いようです。

広いスペースが確保されている上に、遮光カーテンで周囲から隔絶すればラブホテルとしても使えます。

恋人がいないあなたにおすすめのマッチングサイトはこちら

カーセックスの注意点

カーセックスは慎重に行わないと、車の固い部分に身体が当たってしまい、体中があざだらけになることがあります。

ここではカーセックスを行う上での注意点を見ていきましょう。

法律的にカーセックスはNG?

性行為について法律的に決まりがあるわけではないですが、考えられるリスクとして、駐車禁止の場所に停めたときの駐車違反、また人に覗かれた時に公然わいせつ罪に問われる可能性があります。

覗かれる危険性

自宅やホテルではなく、適当に駐車した場所でセックスをすると、他の人に覗かれてしまう可能性があります。

実家に住んでいて部屋に恋人を呼べないなどの理由で、仕方なくカーセックスに至るケースも多いようですが、場所選びには注意したほうが良いでしょう。

ウエットティッシュなどの用意

車でセックスをした場合、汗などでシートが汚れる可能性があります。ウェットティッシュやポケットティッシュを用意しておくと安心です。

まとめ

実家暮らしのカップルは、毎回ホテルに行くわけにもいかず、時々車をホテル代わりにしているようです。実際にカーセックスを行う際は、十分リスクを考えましょう。

恋人がいないあなたにおすすめのマッチングサイトはこちら

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です