言葉よりも重要?!見つめ合う男女の心理 5選

恋愛と視線は、切っても切れない関係があるようです。その証拠に、ラブラブの仲の良いカップルほどよく見つめ合っています。

どうして見つめるという行為は、恋に落ちている男女の間で起きやすいのかを解明していきます。

また、両想いなるためにすべきことの中でも、特に香水の選び方は重要です。
今回は、彼との距離をグッと近づける香水についても説明します!ぜひ参考にしてみてください。

彼と両想いになれる香水をチェックする

1.見つめる事は相手に共感するという合図

人間は視線を合わせる事で「相手は自分に共感している」と感じる脳神経が刺激され、相手に心を開く事ができるようになるそうです。

相手の目を見つめるという行為は「あなたを理解したい」、「もっと仲良くなりたい」、「あなたの気持ちを知りたい」という合図となります。

2.視線を合わせると恋愛感情が高まる

見つめるという行為は、言葉を伝える以上に相手に対する気持ちが伝わる効果的な手段です。目には、その人の率直な気持ちが映し出されます。

愛し合う恋人にとって、見つめ合うという行為はお互いの気持ちを確かめあう、恋愛感情を高める効果が抜群にあります。

3.見つめる事でお互いの感情が動く秘密

視線を合わせる事で恋愛感情が高まるのはなぜでしょうか?

それは、視線と感情の密接な関係にあります。目には正直な気持ちが最も現れやすく、言葉では嘘をつけても目には本心が表れてしまいます。

相手を好きな気持ちは言わずとも視線から伝わり、それを相手が感じ、見つめ合う事で感情が高まるというわけです。

見つめる事でお互いの感情を何かしら感じ取り、相手を意識するようになるという現象が起きているようです。

4.見つめ合う時間は大体どれくらいが効果的?

見つめる事で好印象を受ける時間は大体1.5秒~3秒という時間だそうです。相手が気づくか気づかないかくらいの短い時間が理想的です。

見つめ方にもよりますが、知らない相手をじーーーーっと凝視するというのは論外ですね(逆効果なので絶対にやめましょう)

確かに、デートしている仲の良いカップル達をみていて、相手が話している時に目を見て聞いたり、相槌をうったり、たまにそらしたり、また見つめたりしながらという一連の流れを考えるとそれくらいの時間が最も効果的のようです。

5.相思相愛である事の証拠

日頃から見つめ合う事の多い夫婦、カップルほど仲が良い、コミュニケーションのしっかり取れた相思相愛の証拠だと言えるでしょう。

見つめ合うという行為はお互いがお互いを「好き」「知りたい」「理解したい」という心理から生まれます。

視線を合わせて相手の話を聞いたり、話したりする事は、相手に「きちんと聞いてるよ、あなたの事をしっかり受け止めています」ということが伝わり、より深い信頼が生まれるのを私たちは自然に分かっているのでしょう。

まとめ

男女の見つめ合う心理についてご紹介してみましたが、いかがでしたか?

気になる人がいる方は、是非きちんと目を見て話して、お相手の反応を確かめてみましょう。目をそらさず見つめあってくれたら、両想いかも?

また、最近パートナーとすれ違いが多いという方は、もう一度相手をしっかり見つめる事で、より深い理解につながっていくかもしれませんね。
リビドーロゼ

また、気になる人がいるけれどあともう一歩足りないという方には、30万本以上の売り上げを誇る、男のスイッチは入る瞬間である嗅覚を刺激して、夢中にさせるリビドーロゼの香水がおすすめです。

目が合う距離まで来たら、あとは香りで落とすだけ、待つのではなく自分から理想の恋をつかみ取りましょう!

彼と両想いになれる香水をチェックする

Tags

ライター