空気清浄機の掃除の仕方とは:逆にホコリを撒き散らしてる?

喉に潤いを与えてくれる空気清浄機。実はお手入れに推奨タイミングがあり、信号が点滅します。

お手入れのタイミングを逃してしまうと、逆にハウスダストを撒き散らしてしまう結果になります。ですが、掃除方法が分からないと悩む人が多いです。

そこで今回は、空気清浄機の掃除、手入れの方法を紹介します。

タンクの掃除

タンクとトレイは一番、水垢やヌメリが溜まりやすくカビの発生率が高い部分なので、念入りに掃除しておきたい部分です。

準備するものは清潔な状態の歯ブラシ、めん棒、粉末タイプの台所用洗剤。

細かい汚れの部分は、台所用洗剤をつけた歯ブラシや、めん棒で擦り落としましょう。タンクは、ぬるま湯と台所用洗剤を入れて振るい、30~2時間、浸け置きしてから中身を捨てて、十分にすすいでください。

トレイも同じく、バケツにぬるま湯に台所用洗剤を混ぜ、浸け置きしてから十分にすすぎます。また、カビが発生している場合は、クエン酸を使いましょう。

外観お掃除

外観の手入れには、柔らかい布、掃除機を使用します。手入れのコツは、キャスターも含め、柔らかい布で優しく拭きましょう。

あまり硬い布で拭いてしまうと、傷を残してしまいます。

ダスキンなどで軽く拭いても、綺麗に汚れを落とす事ができます。また、汚れがひどい場合は、水orぬるま湯(40度以下)を含ませてから拭く事をオススメします。

3.背面パネルの掃除

続いて背面パネルの掃除方法です。

始めに、台所用合成洗剤、浸け置きできる大きな容器を準備します。ノズル付き掃除機でホコリを取り除きます。

汚れがひどい場合は、浸け置きできるサイズの容器に台所用合成洗剤を混ぜて、浸け置きしましょう。この際も、カビが見られる場合はクエン酸をオススメします。

4.集塵フィルターの掃除

次は集塵フィルターのお手入れです。

掃除機と新聞紙を用意しましょう。

新聞紙を下に引き、集塵フィルターをのせて、ノズル付き掃除機で水平にホコリを取り除きます。フィルターの布が非常に破れやすいものもあるので、優しく行いましょう。

また、空気清浄機の種類によっては、掃除してはいけない側面があったりするので、説明書を確認してください。

5.脱臭フィルターの掃除

脱臭フィルターも、ノズル付き掃除機で軽くホコリを取り除きます。

風呂場のシャワーをかけます。シャワーをかける際、シャワーは強にしないよう気をつけましょう。

においが気になる場合は、浸け置きできる容器に、「ウーロン茶」を入れて10分ほど浸け置きすると、脱臭効果があります。浸け置きが終わったら、水気をよく切ります。

水気を切った後は、風通しの良い日陰のところにおいて、陰干しにしましょう。

6.加湿フィルターの掃除

最後に、加湿フィルターの手入れです。加湿フィルターもカビが発生しやすいので、手入れが大切な部分です。

必要なものは、浸け置き用の容器、汚れが酷い場合は、粉末タイプの台所用合成洗剤、クエン酸、重曹です。まずはフィルターを容器に入れて、優しく水を入れて、すすぎ洗いをします。

汚れが酷い場合は、容器にぬるま湯をはり、台所用合成洗剤を溶かしてから浸け置きします。

白い固まりがある場合は、一番強力なクエン酸や重曹を使いましょう。浸け置きした後も十分にすすいでください。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る