洗面台掃除のコツや便利な道具5選:重曹やスポンジを使おう!

帰宅してお風呂に入る際、水まわりの汚れがあると気になり、不快に感じてしまいます。

水垢が目立ったり、カビや鏡の汚れを見ると、一日の疲れを落としたくても落ちません。掃除したいのは山々だけど、仕事が忙しく、こまめに掃除が出来ないと悩んでいる人も多いです。

そこで、今回は手軽で綺麗に洗面所の掃除が出来るコツを紹介します。

蛇口周り、洗面ボウル

先ずは、蛇口周りや洗面ボウルを掃除しましょう。蛇口の掃除は使い捨ての歯ブラシと洗剤で間に合います。

汚れがしつこければ、捨てる予定のストッキングを利用すると便利です。ストッキングはキメが細かいので、細かい部分の汚れを綺麗に落としてくれます。

しっかり汚れを落としたら、乾拭きをしましょう。

排水口

排水口に髪の毛が入りこんだり、ヌメリを無視していると、異臭を放ってしまいます。詰まりが酷いときは、重曹とお酢を使うのがオススメです。

排水口の中と周りに重曹をたっぷりと入れてから、お酢のスプレーかけ、30~1時間放置。

最後に40度の熱いお湯を沢山流し込むと、ヌメリや異臭がなくなります。そこまで手間を使いたくない人はパイプユニッシュなどを使いましょう。

日ごろから臭いを抑えておきたい人は、お湯を数分間流したり、100均で販売されている排水口のゴミキャッチャーを購入すると良いです。

カビが生えていたら

黒カビの場合は簡単には落ちなく、市販の強力なカビ取り剤を使うと効果があります。メガネやゴム手袋を使う必要や、お子さんやペットのいるお宅、賃貸のお宅では使えないところが困りどころです。

そこで、しつこい黒カビになる前に、重曹とお酢で小さなカビを落としましょう。

必要なものは、先ほどと同じく、重曹、お酢と雑巾だけです。

最初にお酢をつけた雑巾でカビの部分を拭き取ります。続いて重曹を溶かしたスプレーをかけて拭くだけ。低コストなところが大変魅力的です。

鏡はいつも自分の身なりを映す大切なもの。ウロコの様な汚れがこびり付いていると、あまり良い気持ちにはなりません。

軽い汚れであれば、歯磨き粉でも落とせますが、こびり付いた水垢になると簡単には落ちません。そこで、100均で販売してあるダイアモンドパッドを利用すると、頑固なウロコ状の水垢もスッキリと綺麗に落ちます。

また、アイテムを買いに行く余裕もない人は、いらない布やガーゼにお酢を染み込ませて、半日放置すると、頑固な汚れが取れてくれます。

メラミンスポンジを使う

最後に、日ごろからの洗面所を掃除するお手軽アイテム、メラミンスポンジをご紹介します。メラミンスポンジとは、水とそのスポンジだけで洗面所のお掃除が済んでしまう必須アイテムです。

メラミンスポンジは素材の表面を削り落として磨きあげるものなので、洗面所では、鏡だけには使わない様にしましょう。

今では、100均、スーパー、薬局でも販売されているので、手軽に手に入れることができます。

記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る