洗面台の頑固な水垢を落とす掃除方法:綺麗な洗面台を保つには!

洗面台の掃除を定期的に行っている人は多くありません。水回りはすぐカビや水垢がついてしまいます。

1度ついてしまった水垢は落とすのは難しく、時間が経つにつれてより頑丈なものになってしまいます。いくら擦っても汚れが落ちない経験がある人も多いです。

そこで今回は、洗面台の水垢を手軽に落とす掃除方法を紹介します。

排水溝まわりのシミにはクエン酸

まず気になるのは排水溝のまわりについてしまった茶色いシミ。クレンザーなどでこすっても、このシミには全く効果がありません。

このシミの正体は水垢です。水垢はアルカリ性なので、酸性の洗剤で洗いましょう。

そこで役立つのがクエン酸です。使いやすく、手頃な価格なのでオススメ。

まずクエン酸水を作ります。水1に対してクエン酸を3の割合で希釈します。これをティッシュに含ませて気になる部分に貼り、2~3時間放置しましょう。そのあと少し硬いスポンジでこすります。

比較的軽めの水垢ならばこの時点でキレイになりますが、頑固な場合は汚れにクエン酸を振りかけて水を少し含ませます。時間をおいてから、シャーベット状のクエン酸を集めながらスポンジでこすってみてください。

全体的な黒ずみにはクエン酸+耐水ペーパー

洗面台全体についている黒ずんだ水垢にも、クエン酸を使用して落とすことができます。

スプレーボトルにクエン酸水を投入し、それを洗面台全体にまんべんなく吹きかけて30分ほど放置。そのあと固いスポンジでこすってください。

これでも落ちない場合は1500番の耐水ペーパーを使います。耐水ペーパーは、水と一緒に使うことで効果を発揮するヤスリです。目の細かいヤスリなので仕上がりがザラザラになってしまう心配はありません。

洗面台が濡れている状態で、気になる汚れを軽くこすってみると、頑固だった汚れがみるみる落ちていきます。

塩素系の漂白剤もオススメ

塩素系の漂白剤はドラッグストアなどで簡単に手に入ります。価格も200円前後と手頃で、トイレ掃除にも使用できるので1つ買っておいても損はありません。

使い方は簡単で、汚れの気になる部分に塩素系漂白剤を直接塗布します。そして時間をおいてからスポンジでこすれば水垢をキレイに掃除することができます。

しかし、塩素系漂白剤が長時間金属についていると腐食してしまうので注意しましょう。

キレイを保つには

キレイになった洗面台をキレイなまま保ちたいものです。水垢をつけないためには、洗面台の水分をきちんと取ること、汚れがついてしまった場合はその都度掃除をすることが大切です。

小まめに掃除してあげることで、キレイな洗面台が保てます。常に清潔な洗面台をめざしましょう。

記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る