意外と独身率が高い!看護師が求める結婚相手・結婚生活とは?

女性からも男性からも憧れの職業、看護師の結婚相手はどの様な人が選ばれているのでしょうか。

また、看護師は医者と合コンするので玉の輿に乗りやすいというウワサもありますが、実際のところ医者が結婚相手になることはあるのか気になることろです。

今回は、結婚率や理想の結婚相手、また独身の看護師あるあるなど、リアルな結婚事情について紹介します。

また、病院内以外の出会いを求めるならマッチングアプリが効率的でオススメです。なかでも、国内最大級のマッチングアプリのペアーズではいいね!1つでマッチング可能。

気軽に新しい相手を探すことができます。

ペアーズで新しい相手を探す

看護師の結婚率は?

20~59歳の看護師100名を対象に取った恋愛に関するアンケートでは、「現在結婚している」と回答した人は43%でした。

ただ、他の仕事をしている一般女性の未婚率と比べると看護師の未婚率の方が高くなっているという結果もあります。

別の統計では、結婚適齢期と言われる20~30代での未婚率が一般女性の場合は徐々に減少しているのに比べ、看護師の女性ではなかなか減りにくいというデータもあるようです。

実際、30代の看護師の女性の未婚率は約50%で、約半分の人が結婚できていません。

看護師の独身率が高い理由は?

看護師の独身率が高い理由として、生活リズムが不規則だったり、所得が安定しているために自立しやすいなど、看護師ならではの理由が多く含まれています。

しかし、夫婦で家事を分担したり、話し合う機会を作ることができれば夫婦間のすれ違いが少なくすることができます。これらのちょっとした心がけで結婚につながるかもしれません。

独身率の多い理由を知って、今後の相手選びに活かしていきましょう。

出会いが少ない

そもそも職場の看護師の約9割は女性。勤務の時間も不規則の交代制で、夜勤に入らなければならない日もあります。

他の職種の人とは、曜日や時間帯が合わず、出会いの場である合コンなどをセッティングすることも難しい状況です。いくら男性から人気の看護師さんでも、そもそも出会う場所がなければ彼氏の作りようもありません。

付き合っても長続きしない

看護師の女性と、他の業種の彼氏というカップルは、あまり長続きしないケースが多いようです。

その一番大きな要因が、休みや仕事の時間帯のずれ。看護師の女性は、勤務形態の関係で、他の仕事の人と時間帯が合わせづらいという問題があります。

彼氏が休みでも自分は出勤だったり、逆に自分が空いている時間は彼氏が仕事だったり…。また、自分と彼氏の時間があったとしても、激務に疲れていてそれどころではない、という場合もあるようです。

そして、忙しすぎて連絡がとれないことで、コミュニケーション不足ですれ違ってしまうカップルもいます。

看護師という職業の特性上、時間のすれ違いは避けて通れないものなのかもしれません。

「看護師である」というプレッシャー

男性は、「看護師」「ナースさん」という職業の女性にあこがれを抱いている場合が多くあります。ドラマや映画、創作物のなかのキレイで優しいナースさんへの想いや期待が、そのまま現実の看護師さんに向けられることが多いのです。

「看護師」という職業であることで、白衣の天使を連想したり、特殊な人を見る目で見られたりすることがあります。

実際の看護師さんは、意外と気の強い人が多かったりするので、そういったギャップに一人で盛り上がって一人で冷めてしまう男性がいるのです。

また、看護師の喫煙率は意外と高いことが分かっています。お酒に強い女性も多く、お酒や煙草が苦手な最近の若い男子には敬遠されてしまうこともあるとか。「看護師である」というプレッシャーで恋愛の芽が枯れてしまうこともあるということですね。

大学進学や留学

看護師は非常に勉強熱心な方が多くいます。それはつまり、命に関わる仕事をしている責任感や使命感、自身の自己実現といったものを持つ人が多いということです。

そのため、結婚してからも、さらにレベルの高い医療現場へ行きたい、知識を深めたいという気持ちで、大学院への進学や留学を考えることがあります。

その向上心や意欲はとても素晴らしいことなのですが、家族の理解が非常に重要になってきます。

大学院や留学することになれば収入はどうなるのか、子供の世話はどうすのかなど、安定した生活を思い描いていたパートナーであればあるほど、抵抗感があるでしょう。

話し合いの末に自分のやりたいことを優先させたい、と離婚にまでいたってしまう場合もあるようです。

経済的に自立している

看護師の年収は、約500万円です。女性の平均年収は20代で約300万円、30代で約400万円ですから、かなり経済力のある職業だと言えます。

一般男性の平均年収は20代で約400万円、30代で約500万円です。婚活の場で、「年収を言いにくかった」という経験をした看護師の女性も少なくないでしょう。

また、稼ぎの良い職業に就いていると経済面で男性に頼る必要がないため、結婚の必要性を感じないという人もいます。

マイナビウーマンの男性の本音調査によると、女性のほうが給料が高くても気にしないと答えた男性が72%というデータが出ています。そのため、自分の方が給料が高いことを気にする必要はないと言えるでしょう。

しかし、結婚をする上で男性の収入が低いことがネックになる可能性もあります。年収の面で相手を探したい場合は、婚活サイトがおすすめです。婚活サイトに登録することで、年収など希望の条件で相手を探しやすくなります。

また、結婚したとしても、看護師という資格があればブランクがあっても働けるため、経済的にも余裕があり、離婚を踏み出しやすいんだとか。

医療機関の中には託児所や母子寮を備えているところも多いため、シングルマザーでも十分にやっていける条件がそろっています。

仕事が忙しい

日勤と夜勤の大変さに加え、人手不足によって残業がある日も多いです。休みも不定期ですし、場所によっては休日でも勉強会があります。患者の緊急入院や急変など、突然の仕事があることも看護師の大変なところです。

体力も必要な他にも、危険や責任感を伴う仕事にプレッシャーを感じるでしょう。さらに、苦手な医師や同僚、患者とも関わる必要があります。そのため、日々ストレスや疲労が溜まり気持ちに余裕がない場合もあります。

忙しい仕事と家事や育児との両立の難しさが、結婚しにくい理由の一つとしてあげられます。

生活リズムが不規則

一番の原因は生活リズムが不規則なことかもしれません。

夜勤や多忙なためにパートナーと生活リズムが合わないことにより、コミュニケーションが取れずに離婚してしまうケースです。

普段はすれ違っていていたとしても、休日に家族の時間を設けられていれば良い関係を保つことは可能です。

しかし、休日にも勉強会や研修に参加したり、家にはいても勉強を始めてしまったりなど、家族との時間を優先できない状態が続けば、パートナーの気持ちが離れてしまうのは避けられないことです。

家のことに手が回らない

これも仕事中心になりがちな看護師によくあるケースです。

家事や育児の担当を女性側に多く置いてしまいがちですが、その女性が看護師の場合、仕事の負担が多すぎて家事が疎かになってしまいます。

そこに男性側が不満を持ってしまうと離婚ということになりかねません。男性が協力的であれば家事や育児の分担を話しあって助け合えることが重要なのではないでしょうか。

仕事に理解のある人が見つからない

看護師の仕事は忙しく、勤務時間や休みも不規則です。残業も多く、休日が潰れてしまうこともあります。ストレスや疲れが、慢性的にある仕事だと言えるでしょう。

休みを合わせるのが難しいので、パートナーとの時間を作ることが難しかったり、一緒に住んでいても、夜勤などですれ違ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、やりがいのある仕事です。年収も高いので働き続けたい、結婚したいけど家事や育児は難しい、そう思っている人も多いのではないでしょうか。

看護師の仕事を理解してくれる男性を見つける難しさが、看護師が結婚しにくいと感じる理由の一つとなっています。

理想の結婚時期

看護師の理想の結婚相手像は、どんな感じになっているのでしょうか?独身の看護師100人を対象としたアンケートの結果から抜粋してみましょう。

まず、「何歳までに結婚したい?」という質問に、37%が「30歳までに」と回答しています。 これは他の業種の女性とほぼ同じです。そして、「結婚しても仕事を続けたいか」というアンケートでは、「続けたい」が37%。

そして「条件次第で続けたい」が29%と、結婚をした後でも仕事に意欲的な看護師が多いという結果が出ています。「条件付きで続けたい」という人の中には、「結婚したら夜勤なしにしたい」「パートナーと生活リズムを合わせたい」という人が多いようです。

看護師の理想の結婚相手像

「理想の男性の職業は?」というアンケートでは、1位は「公務員」で22%の看護師が選んでいます。安定した収入があり、家族になった時に将来の計画を立てやすいことが人気の理由のようです。

しかし、一番多かった回答は職業の理想は「とくになし」で、42%の人が回答しました。多く寄せられたコメントは「職業よりも性格や相性の方が大切」「不規則な生活だからそれを理解してくれる人がいい」というものです。

看護師の多くは、職業よりも自分の仕事や生活スタイルに理解を示してくれる、出来るだけ生活リズムに差がない相手を優先するのかもしれません。

また、同じ業種、医療にかかわる人が良いと思っている人も多いことからも、お互いに理解しやすいパートナーが好まれることが分かります。

独身看護師が結婚相手に求める7つの条件

看護師は、一体どんな条件をもとに相手を選んでいるのでしょうか。

理想が高すぎては、なかなか結婚は望めません。ぜひ自分の考える理想とのギャップを考えてみてください。

1.不規則な職業に対して理解がある男性

看護師が結婚後も仕事を続ける上で欠かせない条件がこれです。シフトが不規則でいつも一緒にいられるとは限らないので、そこに理解のある結婚相手を求めます。

「どうして家にいないんだ」と寂しがったり束縛しようとしたりするようでは、落ち着いて仕事ができません。それでいて自分が辞めたら生活が苦しくなるなら、「どうしたらいいの?」となってしまいます。

看護師と同じように仕事が不規則だったり夜勤のある、警察官や消防士、救命士が結婚相手となるパターンが多いのもうなずけますね。

看護師と結婚するのであれば、彼女の仕事内容を理解して優しく支えてあげることが重要です。

2. 家事を女性ばかりに任せない男性

病院ではいつも激務で、家に帰ったら休みたいもの。なかなか家事にまで手が回らないのが現実です。頭ではわかっていても、体がもたなければどうしようもありません。

家事は全て妻の仕事だと考えていて「できていないじゃないか」となるのは避けたい展開です。全部やってほしいとは言わないまでも、分担してくれる夫が看護師の理想。

そのため、定時で上がれて比較的時間のある公務員も、結婚相手として喜ばれるケースが多いです。また、自分も忙しい職業である場合もお互いに家事を分担して協力するようにするといいでしょう。

3. 家でまで仕事のダメ出しをしない男性

家に帰ったら気持ちを切り替えて、仕事のことは忘れてのんびりしたいところ。そうしないと、病院でのハードな仕事では身も心ももちません。

看護師と医師、あるいは看護師同士はあまり結婚相手にならないパターンが多いですが、プライベートでまで仕事の話をしたくない、ダメ出しされたら疲れる、という心理もあるのでしょう。

ただ、医療関係者同士が結婚相手になるケースももちろんあります。この場合、家でまで仕事のシリアスな話を持ち出さないのが円満のカギかもしれませんね。

4. 結婚後の方針が一致する男性

結婚しても仕事を続けたい女性ばかりではありません。出産してもキャリアを積み上げたい人もいれば、結婚したら退職して主婦になりたい人もいます。夫となる男性もそれぞれでしょう。

嫁には家に入ってほしいという人、自分の経済力では不安だから働き続けてほしい人。看護師との結婚でもそれは同じで、結婚相手とその先のプランが合わないと辛いところです。

結婚後の方針がお互いにズレていると「こんなはずでは」と離婚に発展することもあります。看護師と結婚するのであれば、相手の結婚後の方針について深く理解してあげることが重要です。

5. 一緒にいて癒される男性

病院にいる時は常に緊張を強いられているので、家ではリラックスしたいところ。パートナーや結婚相手には癒しを求める看護師も少なくありません。

時間があればごはんを作って待っていてくれたり、疲れた体をマッサージしてくれたり。好きな人、気の合う人が癒してくれたら、リフレッシュしてまた翌日も仕事に出られます。

彼女が仕事で疲れているのであれば、優しく接して癒してあげましょう。

6. 自分に親の介護を望んでいる男性

看護師の女性と結婚したら親の老後を任せられる、と近づいてくる男性が少なからずいるのも事実です。男性の親自身がそれを望んでいることもあります。

ですが、本人からすれば「自分は介護要員か?」と不愉快に思うのが本音。スキルアップをしたい人もいるので、嫁ぎ先の都合で辞めさせられるのも納得できません。

職業や肩書きではなく自分自身をちゃんと見てほしい、と結婚相手に思うのは、男性も女性も同じです。看護師という職業内容のメリットばかりにとらわれているのではなく、彼女自身の良さを理解しているからこそ結婚したいのであるということをしっかりと伝えましょう。

7. 性格がおおらかな男性

仕事に対して理解してほしいとまでは言わなくても、おおらかな性格の結婚相手だと助かります。少しくらい家事ができていなくても、帰りが遅くても、気にしないでいてくれるのがベスト。

看護師の仕事はそれだけでもハードなのに、家でもいちいち文句を言われたのではたまりません。ちょっとしたことなら受け流せるぐらいの夫婦でいられるのが理想ですね。

マッチングアプリのペアーズなら、相手の趣味や、性格、職業などから検索することができます。そのため、看護師という仕事を理解してくれる人や、一緒にいて相性の良い性格の人と出会えます。

また、アプリ内で無料でメッセージのやり取りができるのも嬉しいポイントです。

ペアーズで理想の人を探す

結婚できない看護師あるある

さて、看護師の既婚率が低い理由は先ほど述べましたが、その中でもいったいどんな看護師が結婚できないのでしょうか。その理由をみていきます。

1. まずはスキルを積んでからだと思っている

スキルを積むのが先で結婚はその後、と思っていて結婚できないパターンも看護師にはよくあるようです。20代半ばから後半で同年代の女性は次々結婚していく中、あれもこれもと仕事や役目を任されるようになります。

プライベートは二の次になりますし、任されて張り切っているうちに「結婚はまあいいか」と思ってしまう人も少なくありません。

2. 一般の男性よりも稼いでいる

看護師として年数を重ねていて夜勤にも入っていると、普通のサラリーマンよりも稼いでいるということも少なくないでしょう。

生活力があるのは良いことのはずですが、男性のコンプレックスを刺激してしまい、「俺がいなくてもいいんじゃないか」と敬遠されてしまったりします。

専業主婦志望はイヤだと言いつつ、自分より稼いでいる人も敬遠するのは男のワガママだとは思いますが、これも結婚できないパターンに陥りやすい一つの要素です。

3. 忙しいを言い訳にする

仕事が忙しいから出会いがない、デートができない。恋愛がうまくいかないことや結婚できないことを、「忙しいから仕方ない」と言い訳してやりすごすタイプも多くいます。

キャリアを積むと、ひとりで生活していく上では全く問題がないので、「まだ結婚しなくてもいいか」となってしまいがち。本人がそれで最後まで納得していればそれでいいのです。

しかし、結婚適齢期を過ぎて「あの時婚活しておけばよかった」となるのは避けたいですね。

医者と結婚することってあるの?

ずばり「医者と結婚することはあるの!?」という質問に対しては、医者と結婚することはあまりない、という回答が多かったです。

ある統計によると、お医者さんと付き合える看護師は2%程度。

若かったり、イケメンだったりといった優良物件は、とっくに売却済みであることがほとんどです。

医者を捕まえられるのは女子力の高く容姿に優れた優秀な看護師で、普通の看護師じゃ手が届かないという考えを持っている人が多いようですね。

まとめ

今回は看護師の理想の結婚像をまとめました。男性からとても人気の高い看護師ですが、その割には結婚率が低めです。

看護師で今お付き合いしている人と結婚を考えている人は、結婚した後のワークライフバランスについてパートナーと話し合ってみるのが良いでしょう。

もし特定の男性とお付き合いしていないという女性は、累計会員数700万人突破のマッチングサービスペアーズがおすすめです。

ペアーズでは、年齢、居住地、身長、職業といった基本的なステータスから、もっと細かいプロフィールまで検索することができます。

また、毎日約3,000人が登録しているので、自分の条件とあった男性と出会える確率も高いです。また、女性は登録無料なので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

ペアーズに無料で登録する

Tags

ライター