ビニール袋収納に使えるおすすめ100均グッズ5つ:野菜ストッカーを活用!

お買い物に行ったときに際にもらうレジ袋。ゴミ袋として使うなど便利なアイテムですが、かさばりやすく、収納がしづらいというのが困ります。

新しい袋をもらった際に負担にならず、かついざ使いたいときにすぐ袋が出せる収納方法が良いですよね。

今回は、100均グッズを使って、ビニール袋を収納するおすすめ方法を紹介します。

1. メッシュファスナーケース

100均に売っているメッシュファスナーケース。

メッシュなので中身がよく見え、かつポイポイと簡単に入れられるところも魅力的です。

使い方は、立てて置いて中にレジ袋を入れていくだけ。ポイントは、ファスナーを上から下におろすのではなく、下から上に閉められる方向で設置することです。上側を少し開けておけば、出し入れが簡単になります。

かご

ビニール袋収納で、かごを使っている人も多いと思います。

小さめのかごに折りたたんで入れれば、スッキリ収納できますし、収納する際の手間をなるべく省きたいという人は、大きめのカゴを使うと良いですよ。

シンプルなプラスチックのカゴを買って自分で好きな模様の紙を貼ることもできますし、他のキッチン用品と同じカゴを使って、統一感を出すことも可能です。

ファイルケース

文房具コーナーにある、ファイルケースも、レジ袋収納に利用することができます。

丸めてポイポイ入れても中身が目立たないように、頭まですっぽりと隠れる背の高いものがオススメです。

最近は可愛い柄のものも多いので、いろいろな100円ショップを探してみるのがおすすめです。

野菜ストッカー

100均にある野菜ストッカーも、レジ袋の収納としての使い勝手がとても良いです。

野菜ストッカーとは、手前の面が開いたカゴが縦に積み重なったカゴのようなもので、出し入れをたくさんするものを収納する際にとても便利。

本来の使い方通り、常温保存の野菜を入れてつかい、カゴのうち一つをレジ袋入れとして活用するのがおすすめです。

見栄えよりも入れやすさを重視する場合には、手前の面でなく上の面から収納するタイプを使えば、レジ袋が見えず生活感をなくすことができます。

サイズで分類

レジ袋と一言で言っても、小さなペットボトルがギリギリ入るような小さなものから、特大サイズのものまであります。

いざ使おうと思った時に適したものをすぐに出せるよう、大中小の3つに日頃から分けて保存しておくと便利です。

場所を取らずに収納したい場合は、上で挙げた収納ケースの中を、さらに小さなカゴや仕切りを使って3つに分けて利用しましょう。

記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る