キッチンの背面収納のポイント5選:DIYでおしゃれに収納しよう

アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、カウンターキッチン。最近では、キッチンが多種多様になっています。

使い勝手のいいキッチンになるかどうかは、キッチンの背面収納をどう活用するかがポイントになるようです。

どうしたら使い勝手がよくなり、きれいに収納ができるのか。動線を考えながら、キッチンの背面収納のポイントを5点紹介します!

調理家電がどれくらいあるか

調理家電の進歩とともに、料理の仕方も変わってきています。キッチンの前に立っているより、調理家電を使っていることの方が多いかもしれません。

炊飯器、電子レンジ、オーブントースター、ホームベーカリー、フライヤー。こんなにたくさんの調理家電を出しっぱなしにしておくと、邪魔ですし、片付いていないという印象を与えてしまいます。

とはいえ、しまい込んだら使わなくなってしまう調理家電もあるのではないでしょうか。

効率よく調理家電を収納するためにも、まずはキッチンの背面に収納したい物がどれくらいあるかを、把握しましょう。

使いやすい背面収納

背面収納に選ぶには、奥行きがあまりないものがいいです。

比較的使用頻度の高いものをしまうことが多いので、収納が奥に何列もあると取り出しにくくなります。

取り出したくても前に何かがあるために、その都度移動して取り出すのは面倒です。逆に使わなくなってしまうかもしれません。

もし食器をしまいたい場合は、大皿がしまえるくらいの奥行きがあれば十分でしょう。

棚の高さが変えられるものを

食器や食材、調味料、調理家電など、背面収納にしまうものは様々です。だからこそ、棚の高さは変えられるものをおすすめします。

高さがなくてもしまえる食器の段は、低くしても大丈夫ですし、逆に調理家電の場合はある程度の高さが必要です。

高さを自由に変えられることによって、無駄なくたくさんのものを収納できます。

隠せるものを

対面型のキッチンの場合、背面収納はリビングやダイニングから丸見えになってしまいます。

来客時や片付いていない時には、隠してしまいたいものです。

引き戸がついているものがおすすめですが、ない場合は突っ張り棒と布でカーテンを作って隠すのもいいでしょう。

DIYでおしゃれに収納

壁に簡単に取り付けられる家具なら、見せる収納がお手軽にできます。

しまうものが少ない人は、DIYで壁に棚やラックを作ってみてはいかがでしょうか。

自分の好きな素材、材質、カラーでオリジナルなものができあがります。

お気に入りの食器や、よく使う調理家電を配置するといいでしょう。また、かわいい調味料の入れ物や、珍しいお酒のボトルをインテリアとして置いてみてもおしゃれです。

記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る