洗濯用ネットの収納方法:簡単な方法で家事がはかどる!

傷みやすいものを洗濯する時に便利な、洗濯ネット。みなさんはどこに収納していますか?見えると生活感が出てしまうものです。

洗濯機の周りに置くのが一番便利ですが、意外と洗濯機周りは雑然としていませんか?もっとすっきり収納できないか、と考えている人も多いでしょう。

今回は、生活感を感じさせずにおしゃれに見える、洗濯用ネットの収納方法をまとめてみました。

まずは分類

収納の前に、使うときのことを考えてみましょう。

洗濯用ネットといっても特大の物、小さいもの、立体的なもの、ブラ用のネットなど、いろいろあります。

これらを大きさ別、用途別に分けます。分類しておくことによって、取り出しやすくなるのでおすすめです。

また、洗濯用ネットを濡れたままにしておくと、ばい菌の温床になってしまいます。必ず乾かしてから収納しましょう。

エコバックを利用する

サイズや用途別に分けたものを、エコバックに入れましょう。

エコバックは種類が豊富なので、色分けすれば一目でわかりやすいです。

バッグの持ち手の部分は引っ掛けることができて、便利になっています。洗濯機周りに突っ張り棒などを取り付けて、S字フックにかけておいてもいいでしょう。

バスケットを利用

バスケットは場所をとるため敬遠されがちですが、入れるのも出すのも楽ちんです!

種類別に小さいバスケットを揃えたり、1つのバスケットの中を仕切って使ってもいいでしょう。

バスケットなら、中身も見えにくく、おしゃれに収納できるのでおすすめです。

ネットinネット

立体的なネットを何枚か購入して、種類別に分けた洗濯用ネットを、立体的なネットの中に入れるという方法もあります。

洗濯用ネットの中に洗濯用ネットを入れておけば、中身も分かりやすいです。

かわいい洗濯用ネットもたくさん売っています。自分のお気に入りのものを使うと、どれに何が入っているのか覚えやすいのではないでしょか。

脱衣かごの中にボックスを置く

動線を考えてみると、脱いだ服や下着をネットに入れるわけなので、脱衣かご周辺に収納するのがベストです。

脱衣かごの中に小さいボックスを置き、その中に収納すると取り出しやすく、洗濯もスムーズにできます。


記事の著者

掃除・収納の悩みをもっと見る