汚れゼロの服を着よう!上手に洗濯するコツ

衣類は毎日着るものです。だからこそ、上手に洗濯して汚れのない服を着たいですよね。

ところが、「きちんと洗剤を入れて洗ったのに、汚れが落ちていない」「生乾きのような臭いがする」など、なかなかうまくいかないという人も多いのではないでしょうか。

思うように洗濯ができず悩んでいる方に向けて、今回は上手に洗濯するコツを基本のきから紹介していきます。

1.洗剤の選び方


まず、洗濯物の汚れが落ちにくくて悩んでいる方は、市販されている洗剤2種類の選び方を間違えているのかもしれません。

弱アルカリ性洗剤

一般的な衣料の洗濯に使う洗剤です。汚れを取る力が強力なのが特徴。派手に汚してしまった普段着などは、弱アルカリ性洗剤で洗いましょう。

中性洗剤

ウールやシルクなどのデリケートな素材や、レース・フリルなどがついた傷みやすい衣類に使うのが中性洗剤。デリケートなお出かけ着に弱アルカリ性洗剤を使用すると、生地が傷んでしまうので注意してください。

2.漂白剤と洗剤の違い

シミや黄ばみが取れずに困っている場合、漂白剤を使わず、洗剤だけで綺麗にしようとはしていませんか?

漂白剤と洗剤はどちらも汚れが取れる原理は同じではないかと思っている人もいるかもしれませんが、この二つはそれぞれ異なります。

まず洗剤ですが、これは主成分の界面活性剤が汚れに吸着して汚れを引きはがして落とします。次に漂白剤ですが、こきらは汚れを化学的に分解してから汚れの色素を破壊し汚れを取り除きます。

ですから、シミや黄ばみといった汚れには漂白剤を選ぶようにしましょう。

3.洗濯前に衣類をしっかりと点検する


洗濯が中々上手くいかない人は、洗濯前に衣類の点検を怠っているということも考えられます。

例えばボールペンや油性マジックなど、汚れが付着しやすい物が衣類のポケットの中に入ったままであったり、ひどく汚れた衣服をそのまま他の洗濯物と一緒に洗ってしまっていたりはしませんか?

筆記具は洗濯機の中でインクが漏れ、洗濯物全体を汚してしまう原因にもなります。また、ひどい汚れがついている衣服は、洗濯機で洗っただけでは完全にきれいにすることはできません。まずその部分だけを手洗いして、汚れをある程度落とす必要があります。

洗濯機に放り込む前に、ざっと衣服を点検する癖をつけるようにしましょう。

4.衣類によって洗濯物の洗い方を変える

洗濯機で衣服を洗う場合、標準コースで洗うのと手洗いコースで洗うのとで汚れの落ちやすさ、衣類の傷つきやすさがまったく異なります。

まず普通に洗う標準コースの場合ですが、汚れが落ちやすいというメリットがある反面、衣類によっては傷が付いてしまうというデメリットが。逆に手洗いコースでは、衣類を傷つけにくい一方、汚れが落ちにくいという特徴があります。

ですから、普段着の汚れがなかなか落ちないと悩んでいる方は標準コースを使いましょう。

衣服が型崩れしてしまったり、ダメージを受けすぐ着られなくなってしまうということで悩んでいる方は、デリケートな衣類を洗う際に手洗いコースを選ぶよう心がけましょう。

5.洗濯できない衣類もある


衣類の中には洗濯したくても出来ない物もあります。

まずは水で色が出る衣類。これは繊維の種類に関係なく洗う事ができないので注意しましょう。シワ加工やプリーツ加工といった特殊な加工が施された衣類も、加工がダメージを受けてしまうので家庭では洗えません。

家庭では洗えないものは、クリーニング店に出して洗ってもらいましょう。

ちなみに、革製品や着物なども基本的に洗濯は不可能。これも覚えておくと便利です。

ライター