セックスの平均挿入時間を紹介:より良いセックスのヒント!

自分が早漏ではないか、と気にしている男性は多いことと思いますが、逆に遅漏にも精神的な要因が関係している可能性もあります。女性を満足させるとためにも、セックスの時間は気になるもの。実際のセックスの平均時間とはどれほどなのでしょうか。

今回はセックスの時の平均挿入時間、時間に関係したセックスの注意点をご紹介します。

最初から最後まで、よりセックスを楽しみたい方は、ラブコスメ・リュイールホットがおすすめです。

男性にばれずに使うことができ、デリケートゾーンに自然な潤いと気持ちに開放感をもたらします。いつもとは違うセックスを楽しんでみてください。

ラブコスメ・リュイールホットをチェックする

セックスの平均時間はどのくらいなの?

あなたはいつもどのくらいの時間セックスをしていますか?長すぎるのも嫌ですが、男性が早漏ですぐセックスが終わってしまうのは、女性としては満足できないもの。御預けを食らっているようで、余計に欲求不満になってしまいます。

ではどのくらいの時間、セックスをしているのが理想なのでしょうか?

日本人男性の平均的な挿入時間を見てみると、1位:7〜9分、2位:1〜3分、3位:5〜7分、4位:1分以下と言われています。このランキングだけを見てもかなり早い感じはします。挿入時間は平均5分といったところでしょうか。

では他の国の平均挿入時間はどれくらいなのかというと、イタリアは20分、中国が19分、アメリカが17分。世界のトップはナイジェリアで、その時間はなんと24分!

世界から見ても、日本人はかなり早漏気味という悲しい結果でした。

標準の挿入時間は?射精までの時間はどのくらいかければいい?

あるコンドームのメーカーが世界各国のセックスの平均時間を調査したところ、前戯の平均時間はどの国も大体20分程度。

そして、挿入してから射精までの時間は、日本人男性の平均的な挿入時間のランキングからもわかるように、だいたい5分程度。

前戯の平均時間が20分で、挿入時間も合わせるとトータルでは約25分になりますが、果たして日本人女性は、この挿入時間で満足しているのでしょうか?

女性が望む挿入時間は15分

挿入平均時間が5分なのに対して、女性が望む挿入時間の平均は約15分だそうです。この結果からわかるように挿入時間が短くて不満を感じている女性は多いのかもしれません。

けれど女性の物足りなさの原因は、事前に十分に的確な愛撫をしていないからであることも多いもの。男性の皆さんは、挿入時間よりも前戯の腕を上げることを心がけるのも1つの手だと考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみにNEWSポストセブンの「前戯(挿入まで)にどのくらい時間をかけてほしいですか?」アンケートによると、最も多い回答が「10~19分」という結果になりました。

【回答】
・必要なし:0.7%
・5分未満:3.3%
・5~9分:17.3%
・10~19分:45%
・20~29分:21%
・30~39分:9.7%
・40~49分:1.3%
・50~59分:1.3%
・1時間以上:0.3%

参考:女性300人調査実施 ベッドで求める行為と時間の長さ判明

女性がイクまでにかかる平均時間は、性的刺激を感じ始めてから20分以上と言われているので、挿入前にイク寸前くらい感じさせて欲しい女性が多いのでしょう。

もし彼の愛撫が上手くない、自分自身が濡れにくい、なかなかイケないという体質という女性は、ラブコスメ・リュイールホットを使って、事前にデリケートゾーンに潤いを持たせておくのをおすすめします。

ラブコスメ・リュイールホットをチェックする

早漏の平均時間は2分

一般的な挿入時間は先ほど述べたように5分程度。これが2分以内となると、早漏だと言えるでしょう。早漏で悩む人は意外と多く、およそ3人に1人だと言われています。

場合によっては、挿入までもたずに前戯の段階で射精してしまう人もいるようです。早漏の人が女性を満足させるためには、愛撫でたっぷりと快感を味わってもらい、満足感が高まったところで挿入するのがいいでしょう。

セックスの時間を長くする方法

「もっとセックスの時間を楽しみたい!」「もっと気持ちよくなりたい!」そんな女性もいるででしょう。

そこでセックスの時間、挿入時間を長くする方法を紹介します。

イってしまうタイミングをお互いに知る

早漏対策で1番大切なのは、イクタイミングを知るということ。彼氏が挿入中イキそうなったらピストン運動を止めましょう。可能であれば1回女性器から男性器を出してしまった方がいいでしょう。

イクタイミングやイキやすい体位を知ることである程度コントロールできるようになるでしょう。

早いピストン運動をしない

イキそうになったら止めるというのも1つの対処法として使えるですが、これがなかなか難しいもの。試してみたけど、結局止められす彼氏がイってしまったことがある方も多いのでは?

そんなときはもうピストンしないのも1つの手。本当にゆっくり動くスローセックスをしたり、女性器の気持ち部分に当たるよう奥に挿入をし、我慢できなくなったらピストンで早く動くのもいいでしょう。

女性は早く動けば気持ちがいいものではありません。これだけでも十分気持ちよくなれるでしょう。

コンドームを分厚いものにする

どうしても敏感で感じやすい男性もいるでしょう。そうした場合は、厚いコンドームを使いましょう。ベターですが効果はあります。男性も射精を無理して我慢するのはストレスが溜まってしまうので、道具に頼るのもいいでしょう。

関連記事:コンドームの選び方・サイズの考え方を解説!きついときはLサイズがおすすめ

男性から女性への愛撫の時間を長くする

セックスの時間をもっと長くしたいとき、挿入時間を長くするというのはなかなかできるものではありません。射精を我慢するのはどうしても限界があるからです。

ですからセックスを長く楽しみたいときは、前戯の時間を長くするのがいい方法です。挿入の時間にこだわるよりも、愛撫をたっぷりとすることで愛情を確かめ合いましょう。

関連記事:女性がイク♡セックスにおける女性が嬉しい前戯のやり方

セックス中に会話をする

ロマンチックなイチャイチャムードは壊れてしまうかもしれませんが、セックスの最中に会話をするのは効果的。

脳が興奮しすぎず、適度にリラックスした状態になれるんです。そのため早漏対策になります。エロい話よりも、日常会話に近い方が効果的です。

挿入時間の長すぎには注意

多くの女性は挿入時間に満足していないと書きましたが、だからといって長ければ良いのかと言えばそうではありません。長い時間の挿入は痛みを感じてしまうこともあります。

・集中力が切れ、興奮状態から醒める
・乾いてきて摩擦が痛い
・股関節が痛くなる
・同じ体勢でいるので身体が痛い
・疲れて翌日に響く

もちろん長時間の挿入を好む女性もいますが、挿入時間が長すぎることに、上記のようなデメリットを感じる女性もいます。中には「相手がなかなかイカないのは、自分の締まりが良くないからではないか?」と自信喪失してしまう女性も。

気持ちよくなって欲しい!と男性が頑張ってくれている姿に愛情を感じることは確かなのですが、挿入時間が長すぎるのも短すぎるのも問題なのです。

セックスで大切なこと

女性は、挿入時間よりも大切に感じていることがあります。それは心が満たされるということです。前戯や後戯にかけてくれる時間、またどれだけ自分のことを大切に愛情を持って抱いてくれているか、という部分で満足度が大きく変わります。

「イカせてくれないと満足できない!」という女性がいることは事実ですが、大多数の女性は身体で感じる快感よりも心が満たされること、心で感じるセックスを望んでいるのです。

セックスの平均挿入時間まとめ

女性は心で感じるセックスを望んでいます。女性の挿入時間に対する考え方は、イッたから終わり、イカせたから終わりという男性の考えとは大きく異なるのです。

早漏や遅漏を改善するのも1つの手ではありますが、挿入時間の長い短いにこだわるのではなく、ベッドに入る前から一緒に眠るまでの、トータルで気持ちがいいセックスを目指すことが、充実したカップルライフに繋がっていきます。

心も体も満たされるセックスができるといいですね。ラブコスメ・リュイールホットなら、デリケートゾーンに塗るだけで、アソコに自然な潤いと気持ちに開放感をもたらすことができるのでおすすめです。

セックスをする前にベストなコンディションを作ることで、心と体に良い影響を与えることができるかもしれません。

ラブコスメ・リュイールホットをチェックする

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る