月2万で抑えることも可能!一人暮らしの食費節約術

一人暮らしのみなさんは一カ月にいくら食費に費やしていますか?

政府の家計調査によると、単身世帯の食費に使用している金額の平均は約4万円弱ほど。

収入によって差はあるでしょうが、毎月4万円が食費に消えていくと思うと少しもったいないですね。

たとえばここを月2万円ほどで抑えられたら、浮いた2万円を何に使うでしょうか。貯蓄するもよし、小旅行に行ってもよし。憧れだったブランド物を買うのもいいでしょう。

ここでは食費を抑える節約術を紹介します!

1.外食はしない

外食をすると、1度の食事で多額の出費になります。

昼食であれば安くても500円ほど、夕食で飲みに行けば、3,000円ほどが消えていきます。これではとても食費を抑えることはできません。

外食はできるだけ控えるようにしましょう。コンビニでの買い物も、一カ月分を計算すると意外に高いです。

昼食に毎度外に出かけている人は、まずお弁当を作るようにしましょう。

自販機でお茶やペットボトルを買うのももったいないです。おしゃれにタンブラー生活を始めましょう。

夜ごはんは、大事な飲み会などがなければ自炊がおすすめ。食費も抑えられ、料理の腕も上がるので一石二鳥です。

2.安い食材を知る

自炊を心がけるだけでもかなりの節約にはなりますが、まだまだ節約できるところがあります。

節約生活に向く、優秀な食材を知りましょう。まずは優等生として有名なもやし。調理も簡単で、炒めてよし、スープやみそ汁に入れてよし、栄養価も高いといいことづくしです。

続いて卵。こちらも優等生として有名ですが、調理方法のバリエーションも豊かです。

その他、肉だったら鶏肉を選ぶ、豆腐や納豆を上手く取り入れるなど、安い食材を勉強すればかなり食費が変わってきます。価格だけでなく、栄養面でも不足する事のないよう気をつけましょう。

3.安い店を探す

安い食材を手に入れるのは、安い店でなければ意味がありません。近所の安い店を見つけましょう。

この時、店は1つに絞るのではなく、食品ごとに行く場所を変えるのがおすすめ。

たとえば、肉はAの店が安いからAへ、卵はBが安いからBへ、など。店をはしごすることでさらに貪欲に節約していきましょう。自転車を使えばダイエットにもなります。

毎日のチラシをチェックし、特売商品などは進んで買いに行きましょう。

4.節約自炊術

普通に自炊するよりも、頭を使って賢く自炊をするとさらに節約できます。

たとえばご飯を炊くのも、1食分をその都度炊くよりも、一度にたくさん炊いて、冷凍しておきましょう。食べるときに温めたほうが安く、時短にもなります。

野菜や肉なども、少ないものをちょこちょこ買うよりも多めにいっぺんに買ったほうが安いので、使いきれないものを冷凍しましょう。

節約レシピの本もたくさんあるので、近所の図書館で借りてきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。いつもの生活を少し見直すだけで大幅に節約できるのが食費です。

自炊を極めれば料理の腕も上がり、健康的な生活も送れ、いいことずくめ。コツコツとがんばりましょう!

こちらも参考にしてみたください。→コスパ最強!食事代を節約する最強の貧乏飯5選

Tags

ライター