時間もお金もある!大学でサークルに入らない男子がモテる理由

あこがれの大学生活がスタートしたのに、うまく周りの人と馴染めない、入ったサークルはイメージと違ってやめてしまった。

しかしモテたいし彼女は欲しい。そんなわがまま男子に朗報です!

実は女子は、サークルに入っていない無所属男子が気になっているみたいです。その理由を詳しく分析してみましょう。

1.時間がある

サークルに入っている男子は、意外と忙しくなりがちです。スポーツ系のサークルなら練習や試合、その他飲み会やサークル仲間との遊びの約束などで休みの日は埋まってしまっています。

それに比べ無所属男子は自由が取り柄。女子からの誘いには可能な限り答えられます。

2.世界が広い

サークルに使う時間が別のことに使えるので、いろいろなことができます。バイトに精を出せばお金がたまったり、勉強に費やせばテストで好成績を収められたり。

特技を身につけたり、女子にモテる趣味を作ったりするのもいいかもしれません。

長期インターンや留学をしている学生も多いようです。

そこで得た経験が話のネタになるので、視野や世界が広い人として認識されます。

3.有意義にお金を使う

サークルの飲み会や旅行などでお金を使わない分、他のことに使うことができます。

自分磨きでこだわりの服やアイテムを買えば、個性派としてキャンバス内でも目立てるかもしれません。

デートで少しいいレストランに行けば、女子は大喜びするでしょう。

サークルに行かない時間でバイトに精を出して、いち早くマイカーを手に入れると、周りから一目置かれること間違いなしです。

4.クールな一匹狼はかっこいい

サークルに入らない男子は、妙なコミュニティに属さないので、クールでミステリアスな印象を与えるようです。

サークル仲間とばか騒ぎといった一面を見られることがないので、大人のイメージを保つことができます。

また、大勢に流されない、きちんと自分を持った人間だとアピールできるので、一目おかれます。

5.チャラくなさそう

コミュニティに属すると恋愛関係のよからぬウワサが立つことが多いですが、ノンサークル男子は孤高の存在なので、女遊びをしているイメージを持たれにくくなります。

また、サークルのコンパでウェイウェイ騒ぐ男子と違って、必要以上に女子に慣れていないので、女子側からすると安心だそうです。

まとめ

サークルに入らない男子の魅力は、自由で時間やお金があり、いろんな経験をしていることや、ミステリアスでクールで遊んでいないイメージにあるようです。

しかし、あまりクールを気取りすぎると女子から声をかけられません。一人にならない程度には周りの人と接するようにしましょう。

ノンサークルでも、有意義な大学生活を送れますように。

Tags

ライター