ニキビ跡ができる原因と改善する方法:生活習慣を整えよう!

ニキビ跡には、赤みタイプや色素沈着タイプ、クレータータイプの3タイプがあり、それぞれ治し方が異なります。

今回はニキビ跡を改善する方法やニキビを予防する生活習慣を紹介します。

ニキビ跡ができる原因

過度なスキンケア

皮脂の汚れを落とそうと、過剰に肌を擦るような洗顔をしたり、毛穴や角質が原因だからとピーリングをしたりすると、皮脂を必要以上に奪ってしまい、肌が乾燥します。

このようなスキンケアは、ニキビを治すどころか、逆に悪化させて「ニキビ跡」を残そうとしているようなもの。

ニキビができた肌はとてもデリケートです。ニキビを過度に刺激する洗顔や、皮脂を奪ってしまうようなスキンケアは、絶対にやめましょう。

洗顔はニキビに触れず、刺激しないように泡で包み込むように洗い、洗顔料はしっかり水で流しましょう。

洗顔料は無添加で、ピーリング成分の一切入っていない「NonA(ノンエー)」がおすすめです。

初回限定で全額保証もついているので安心して注文することができます。

NonAをチェックする

洗顔後の化粧水は低刺激で肌に優しいものを使い、しっかり保湿するようにしましょう。あまりにもニキビが酷いようなら、跡になる前に皮膚科を受診してください。

「ラ・ミューテ美肌セット」は洗顔フォーム・化粧水・美容液がセットになった、大人ニキビの頼もしいミカタです。180日間返金保証なので、効果が実感できない場合でも安心!

「ラ・ミューテ美肌セット」をチェックする

偏った食生活

毎日何気なくとっている食事ですが、偏った食生活はニキビ、ニキビ跡の原因の1つです。

そもそもニキビができる根本原因を改善しないことには、現状は変わりません。ニキビが治癒しない状態が長く続くと、当然のことながらニキビ跡ができる原因になります。

脂質や糖分の取りすぎには十分注意し、食生活を改善するようにしましょう。

寝不足やストレス

寝不足やストレスによりホルモンバランスがくずれると、皮脂が過剰分泌するのでニキビができやすくなります。

まず寝不足を解消しないと、ホルモンバランスはくずれたままです。ストレスも溜め込まないように、生活を改善しなければなりません。

ニキビができる原因とそのニキビが跡になってしまう原因は、ほとんど同じです。ニキビ跡が出来ないようにするには、まずニキビができた原因を特定し、しっかり改善する必要があります。

ニキビ跡を改善する方法

ビタミンCをとる

茶色いにきび跡というのは色素が沈している状態です。茶色いにきび跡を消す方法は、ビタミンCを肌に浸透させる方法がいいでしょう。

ビタミンCは、肌を白くしてくれる働きがあるため、その働きで茶色い色素も白く消してくれる可能性が高いです。

化粧水や美容液を選ぶ際はなるべくビタミンC入りのものを選んでください。

薬で治す

ニキビ跡を市販薬で消そうと思っても、ドラッグストアには薬がたくさんあって、どの薬が効くのか良いのかわからないですよね。

そんな時は、薬の成分表をみてみてください。 ニキビ跡に効果的な成分は「グリチルリチン酸ジカリウム」と「サリチル酸」という成分。

特にオススメな塗り薬は、ペアアクネクリームやアクネジアメディカルクリームなど。飲み薬では、ハイチオールBやハイチオールCがオススメです。

薬での治療のメリットは効果が現れるのが早いということ。また皮膚科に行って処方薬をもらう手もあります。

しかし、薬に頼るにしても肌のターンオーバーが整っていなければ意味がありません。

化粧水で治す

保湿

レーザー治療は費用が掛かるし、薬だとちょっと不安という方はニキビ専用の化粧水を使ってみてください。

肌の角質を取り、浸透効果を高めるための化粧品・美白化粧品・保湿化粧品などがあります。

ニキビに効く成分は、セラミド・コラーゲン・プラセンタなどですが、「ラ・ミューテ美肌セット」にはこれらの成分が全て含まれています。

また、無農薬・有機栽培の天然ダマスクローズも豊富に含んでおり、肌の機能を高めるモイスチャリングサイクルという独自の美肌システムを搭載しているので、肌の内側から美しくなることが期待できます。

肌を刺激する、パラベン・鉱物油・アルコール・石油系合成界面活性剤・着色料などは含まれておらず、敏感肌にも優しいので安心です。

「ラ・ミューテ美肌セット」をチェックする

手ぐせを見直す

手は様々な所を触っているので、多くのバイ菌が付着しています。手でニキビを触ったり、肌を触ったりしていると、ニキビの原因や悪化につながります。

普段の何げない手ぐせを見直せば、ニキビを予防することが出来るでしょう。

生活習慣を改善する

ニキビを根本的に治したい場合は、生活習慣を見直してみましょう。

食生活の乱れ、睡眠不足によってニキビが悪化してしまい、ターンオーバーも乱れてしまいます。

生活習慣は体の健康にはもちろん、肌の健康にも大きな影響を与えてしまうことに。

生活習慣をしっかり改善する事でニキビ跡だけではなく、ニキビも治す事が出来るので、ニキビ治療やニキビ跡の治療の基本と言えます。

レーザー治療

レーザー治療はニキビ跡の範囲によっては、1回に数十万の費用が掛かる場合があり、何度か通院する必要があります。

レーザー治療の種類は炭酸ガスレーザー・アレキサンドライトレーザー・ジェネシス・光治療・フラクショナルCO2レーザーなどたくさんあります。

メリットは、セルフケアではなかなか治す事が出来ないタイプのニキビ跡も綺麗に治せるということ。

しかし、場合によっては肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりするなどの症状が出る恐れがあるので、肌が弱い人は避けてください。

またこのような症状が出た場合は医師に相談しましょう。

ニキビ跡のレーザー治療でおすすめなのがシロノクリニック。1995年の開業以来20年にわたりレーザー治療の専門クリニックとして様々なニキビ跡の悩みに対応向き合っています。

恵比寿、池袋、横浜、銀座、大阪に店舗があるので気になる方はぜひ近くのところに無料カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。

シロノクリニックのホームページを見る

エステ

ここで言うエステとは医療エステのこと。 医療エステは通常のエステでは受けられないコース・内容になっていて、ニキビに対する効果もそれなりに期待できるからです。

しかし医療エステは高額な費用がかかります。しかし費用がかかる分、効果も期待できます。 お金に余裕があるようであれば、医療エステにチャレンジしてみてください。

ニキビ跡の色別の治し方

赤みがありポツポツしたニキビ跡のケア

赤みタイプが最も軽く治しやすい状態のニキビです。

赤みがありポツポツしたニキビ跡は、ニキビができた時点で血管が傷つき、うっ血している状態か、お肌の内側で炎症が続いている状態。

この状態のニキビ跡は、比較的治療しやすく、消える可能性も高いです。保湿とターンオーバーを促すことに専念し、治療を続けることが大切。

ケアに使用する化粧品には、ビタミンC誘導体が入ったものを使うことをおすすめします。

ビタミンCには、免疫力を高めコラーゲンを生成、抗酸化作用の効果があり、いずれも美肌を作ることに欠かせません。

茶色のシミのようなニキビ跡のケア

茶色のニキビ跡は、赤みのあるニキビができた跡に、紫外線の影響を強く受けることでメラニン色素が作られ茶色の色素が沈着したもので、いわゆるシミです。

シミになってしまったニキビ跡を消すためには、長い時間をかけて専門の治療を受ける必要があり、治療法は色素沈着が皮膚のどの程度の深さにあるかによって違います。

皮膚の深い部分で色素沈着しているシミの場合は、皮膚科クリニックや美容クリニックでレーザー治療を受けることが効果的な治療法です。

皮膚の浅い部分に色素沈着があるシミの場合は、皮膚のターンオーバーが繰り返されることで徐々に薄くなっていくものもあります。

白ニキビ

白ニキビは毛穴に角栓が詰まって、膨らんでいる状態です。白ニキビは化膿していない状態なので、潰しても問題ありません。

白ニキビの時点で対処しておかないと、化膿して赤ニキビになり、さらには黄ニキビへ変化します。

白ニキビの角栓を取り除く方法としては、爪だと正常な皮膚も傷つけてしまうので、角栓を取る専用器具を使うと良いでしょう。

ニキビを予防する生活習慣

これまでニキビが出来た時の対処法を紹介しましたが、やはりニキビができないように予防策を講じることが一番良いです。

健康的な生活習慣を心がけることでニキビを予防することが出来ます。健康的な生活習慣とは栄養バランスが取れた食事や質の高い睡眠、適度なストレス発散のこと。

栄養バランスが取れた食事には野菜や魚、ごはん、味噌汁など一般的な食事が重要です。

毎日、コンビニやファーストフードばかり食べているとカラダの栄養バランスが崩れ、ニキビの原因になります。

質の高い睡眠時間を作る事も重要です。良質の睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌され細胞の新陳代謝が図れます。

ストレスはニキビができる大きな要因の一つです。身体にストレスが溜まっているとホルモンのバランスが崩れ、細胞やお肌が乱れます。

食生活でニキビ予防

キレイな肌を作るには、ビタミンB群を多く摂取すると良いと言われます。ビタミンB群には女性の肌を整える働きがあります。

ビタミンB群を摂取すると皮膚の新陳代謝が高まり、皮脂の分泌を抑え健康なお肌を保つことが可能。特にビタミンB2やB6を摂取するとニキビ予防に効果が期待出来ます。

ビタミンB群を摂取するには緑黄野菜やレバー・肉類・乳製品・卵などがおすすめです。

腸内環境を整えニキビ予防

腸内環境を整えることでニキビ予防をすることが出来ます。

腸内環境を整えるには新鮮な野菜やフルーツ、魚、肉などに含まれる酵素や乳製品、発酵食品に含まれる乳酸菌の働きが必要です。

身体に酵素が摂取されると、消化酵素と代謝酵素に分かれます。逆に酵素が不足すると、消化酵素と代謝酵素のバランスが崩れ、細胞の働きが低下します。

また腸内環境には乳酸菌も重要。身体に乳酸菌が摂取されると、善玉菌を増やし悪玉菌を減少させてくれます。腸内環境で悪玉菌が増えると体調不良やニキビの原因になります。

まとめ

ニキビ跡を消すには、やはり生活習慣や、食生活など日々気をつけることでしか解決できません。レーザー治療やエステは完治するかしれませんが、高額な費用と時間がかかります。

日々肌の手入れを怠らず、きっちりと肌を洗顔、保湿、そして脂っこいものは控えるなど日常から気をつけましょう。

そして効果をより実感したい方は、ニキビ肌専用のスキンケア用品を併用して使ってみてください。

ニキビ・ニキビ跡に悩んでいる方はこちら!

Tags

ライター