看護師になるにはどうしたらいいの?学校選びから就職までガイド

人の命を預かる医療現場で活躍する看護師。その使命感の強さに憧れを抱く人は少なくありません。

そんな憧れの職業、看護師になるには長い年月を要する大変な道のりです。ですがその分やりがいも大きいのが看護師の魅力。

今回は看護師を目指す方向けに、看護師になるための4ステップを解説していきます。

1、看護師になるか、准看護師になるかを決める

学校に入学して勉強し、資格試験をパスするのが看護師への道ですが、看護師資格には種類があります。

ひとつは正看護師。この資格を取得するためには、大学で4年または専門学校で3年学び、難関の国家試験を通過しなければなりません。もうひとつは准看護師。こちらは一般資格的な要素が強く、最短2年で取得が可能です。

この2つは資格取得の難易度が全く違うため、お給料や選べる職場の数が圧倒的に違います。まず準看護師になってから正看護師になるという道もあるのですが、社会人になってから正看護師の資格取得を目指すのはかなり大変。

将来どういった看護師になりたいのか、きちんとビジョンを見据えて取得する資格を決めてくださいね。

2、大学や専門学校に入学する

前の項目でも触れたように、看護師資格の取得を目指すためには専門的な学校で学ぶことが必須です。

病院や施設によっては『大卒以上』の条件を課している場合もあるなど、どの学校のどのコースに入学するかということが、後々の就職活動にも大きく響きます。

資格取得のために学校へ行くというよりも、希望の就職先に就職するためにより有利なステップを見定めて入学することが大切です。

3、国家試験を受験する

大学や専門学校で看護について学んだら、いよいよ国家試験の受験です。全国11ヶ所で受験することができます。

試験の出題範囲は人体の構造から精神看護学、社会保障制度まで幅広く、とても簡単とは言えません。

ですが、例年合格率は90%ほど。専門の学校できちんと知識を身につければ合格も夢ではありません。

前の項目でも少し触れましたが、看護系の大学や専門学校を卒業した方以外に、准看護師として実務経験がある方も受験が可能です。

4、就職する

どんな看護師になりたいのか考えよう

ひとつの病棟のスペシャリストである専門看護師、看護師をまとめる看護師長、さまざまな病棟に対応できる看護師など、看護師のスタイルはさまざま。

また、病院にもさまざまなタイプがあります。高度な医療技術を有する特定機能病院から地域の診療所まで、とても個性豊か。

自分の理想とする看護師はどんな病院で働くどんな看護師なのか、具体的にイメージしてみてください。

情報収集しよう

なりたい看護師象がイメージできたら、情報収集に入りましょう。

たくさんの病院の話を聞くことができる合同就職説明会に参加したり、気になる病院に資料を請求したりして、それぞれの病院の特徴を見極めていきます。

こうして多くの病院の情報を収集していくうち、自分に合った理想の病院がきっと見つかるはず。

志望病院を決めよう

情報が集まったら、志望する病院を絞り込んでいきます。

勤務地やお給料、設備など、見極めるポイントは人それぞれ。自分がこだわりを持っているポイントを備えている病院を探しましょう。

中でも多くの看護師が病院選びのポイントとしてあげるのが、看護師の教育制度。看護師として成長できる環境は大切なポイントです。

就職試験を受験しよう

理想の病院が決まったら、いよいよ就職試験です。マナーや服装、言葉遣いの練習をして、どんどん自分を売り込んでいきましょう。

Tags

ライター