愛情が深まる体位♡69(シックスナイン)の上手なやり方・女性の本音を解説

69(シックスナイン)という体位をご存知でしょうか?テレビや雑誌で聞いたことあるけど、実際にやったことがある人は少ないかもしれません。

この記事では、69(シックスナイン)のやり方と、女性の本音や、行為中の注意点やコツについて解説していきます。

69(シックスナイン)は気持ちいいだけでなく、愛情が深まると言われている体位。さらに2人の仲を縮めたいという人は、こちらの記事の内容を参考にしてぜひトライしてみてください。

愛情を深めるのにはお互いの感情を高ぶらせる必要があります。そのためにベッド専用香水のリビドーロゼを使用してみるのはいかがでしょうか。

リビドーロゼは男性ホルモンを刺激する成分が含まれているのが大きな特徴ですが、甘くどこか酸味のある香りが含まれていて女性も心地よくなりセックスが気持ちよく感じられるでしょう。

ベッド用香水をチェックする

69(シックスナイン)とは?

shutterstock_449592439
シックスナインとはオーラルセックスの一種で、男女双方がお互いの性器を刺激できるような体位のこと。

ちょうど数字の69のように見えることから、シックスナインと呼ばれています。双方の頭が、お互いの性器のあたりに来るため、男女ともが口で性器に刺激を与えることが出来ます。男女、どちらが上になっても問題はありません。

ちなみに、江戸時代の春画にその様子が描写されていたことからわかるように、実はシックスナインはかなり昔から行われていた行為なのです。

では具体的にシックスナインとはどのように行うのかについて紹介します。

69(シックスナイン)のやり方

シックスナインと一口に言っても、実はいろいろなバリエーションがあります。上下に重なるようにして行うことが多いですが、横向きに向かい合って行うこともあったり、カップル次第、または気分次第でパターンを使い分けることが可能です。

知っておけばマンネリを解消できたり、初夜であったとしても相手を上手く誘うことができるかもしれないシックスナインのバリエーションを、いくつか紹介していきます。

男性上位

男性が女性の上に覆いかぶさるような形になるのがこの男性上位。

男性がクンニしやすい体勢になるので女性はとても気持ちよくなれるのですが、反対にフェラのしづらい体勢にもなるので、男性は満足しにくいかもしれません。

ただ、男性側は自分のペニスを女性に押し付けているような形になるので、男性の興奮度はかなり上がるはずです。

女性上位

男性上位とは逆に女性が上になるのが女性上位。

女性が上になり四つん這いになる姿勢は、アナルまで含めた陰部全体が露わになるので恥ずかしいかもしれませんが、男性にとっては非常に煽情的。

この時は女性も、フェラチオをしながらアナルや陰嚢まで指で愛撫すると、普段とは違う快感で彼を喜ばせることができます。

横向きでもシックスナインは可能

シックスナインの問題点として、男性と女性どちらが下になっても相手の体重を支えるのが困難だということ。

お互いに、互い違いになるように向き合って、横になったまま互いを愛撫するのも立派なシックスナインです。互いの体重が相手にかからないので負担が少ないのが特徴です。

また、男性からは女性の内腿を触りやすいのも利点の一つ。逆に女性はペニスを咥えるのが大変なので、それよりは舐めたり指先で触れたりといった愛撫を中心にするといいでしょう。

ただし横向きというのもあまり楽な姿勢ではありませんから、苦しくならない程度で切り上げましょう。

体位の変え方

シックスナインをやってみたいけど、なかなか実行できない理由として、体位を変更する難しさが挙げられます。

しかしシックスナインは分解すると、フェラチオとクンニリングス(クンニ)です。フェラチオは女性が男性器を咥える行為、クンニは男性が女性器を愛撫する行為です。

どちらかを行っている最中に、相手にもしてもらう形で移行することもできます。男性が下なら、女性が覆いかぶさる形で、女性が下なら、男性が覆いかぶさる形で行うといいでしょう。

力が抜けてしまうなら寝転がってOK

シックスナインでは男性からの愛撫が気持ち良くて、力が抜けてしまう女性も多いでしょう。女性が上になる体勢であれば、彼の上に寝るような状態になってしまうのもオススメです。

女性が力を入れたり、膝を立てたりすると、男性も女性を愛撫することができません。

この時、頭を太腿で挟んでしまっても大丈夫。案外むちっとした太腿に挟まれるのが好きな男性は多いです。

挿入直前の前戯にオススメ

シックスナインのよいところは、同時に互いに快感を得ることができること。普段は受け身の女性でも与える楽しみも味わえるのがいいところです。

前戯の種類としては、興奮度の高い体位といえるでしょう。行為そのものが気持ちいいというよりは、シックスナインをやっている状況に興奮するのかも。

互いに快感に流されないようにしながら、相手が気持ち良くなるようにするのは興奮もひとしおです。挿入直前の気分を盛り上げる前戯として楽しむと、セックスライフに良い変化が生まれるかもしれません。

69(シックスナイン)をやる時の注意点やコツ

シックスナインでは、お互いの性器を目の前にしながら愛撫することができるのが特徴です。クリトリス以外にも小陰唇を攻めるなど、いくつかの工夫ができます。

ここでは特に女性の愛撫しやすい、または感じやすい部位について、方法と一緒に紹介していきます。

組み合わせとテクニックが必要なGスポット

Gスポットは、クリトリスのほぼ裏側にあたり、同じように強い快感を感じる部位です。しかしクリトリスほど鮮烈な快感を最初から得られるわけではない上に、やや膣の内の方、それも前側にあるため、男性も愛撫するのが難しくなってしまいます。

ですが、2点同時に責めやすいのが、シックスナインの利点。Gスポットだけではなかなかイけなかった女性も、クリトリスやアナルなどと同時に刺激することで感度が上がり、かなりイキやすくなりますから、ぜひ2種類の愛撫を組み合わせてみましょう。

感じやすいから丁寧に!クリトリス

クリトリスは女性の最大の性感帯ですが、最初から全力で責めてしまうと痛みの方が強かったり、快感が強すぎていざ挿入となった時に逆に鈍感になってしまうことも多々あります。

出来る限り他の場所、特に外性器を刺激してからクリトリスを丁寧に優しく愛撫することで、効果的に女性の快感を引き出すことができます。また、Gスポットやアナルと同時に刺激することで、快感を増幅させたり力を抜かせたりするのも可能です。

アナルの愛撫は気を付けて

アナルの特に入り口付近は性感帯の一つではありますが、シックスナインの時は気を付けてください。アナルに触れた手で膣、特に尿道付近に触れてしまうと、女性が膀胱炎を起こす確率が大幅に上がってしまいます。

できれば、アナルの愛撫の時は指にコンドームや指サックをつけて、指が汚れないようにするのがオススメです。用意できないならばシャワーの後で、表面を撫でるだけでも十分な快感を与えられます。

あまり知られていない性感帯、小陰唇

尿道口と膣口の両脇にある薄く小さな肉ビラを、小陰唇と呼びます。この周辺も快感を感じやすい場所であり、また触る、舐める、つまむ、咥えるなど、多彩な刺激を与えることが可能です。

刺激で絶頂に達するほどの強烈な性感帯ではありませんが、それだけに焦らしプレイや愛液の分泌を促す愛撫には最適です。弄りやすい場所ですがやはり敏感ですので、強く刺激しすぎないようには気を付けてください。

69(シックスナイン)に対する女性の本音

シックスナインはうまくできれば興奮はとても高まり気持ちよさも格別ですが、恥ずかしかったり、愛撫が痛いなどと言ってシックスナインを避けようとする女性もいます。

実際に69をやったことのある女性の声を聞き、その理由を探ってみましょう。

やり方がよくわからない

そもそも正しいやり方がよくわからないというのも、シックスナインを避ける理由の一つです。

特にセックスに疎い女性にとってはイメージのしづらいもので、中には名前の意味すらわからない人も。

女性側からは言いにくいことなので、男性側から丁寧に教えてあげたり、シックスナインの体位がわかる動画や写真を一緒に見るなどして、正しい方法を共有することが大切です。

ぶっちゃけ恥ずかしい

これは男女ともに言えることですが、肛門付近を相手の顔面に押し付けることになるのですから、恥ずかしさは否めません。

どんなに好きな人、気を許している恋人でも、シックスナインはちょっと嫌……そう女性が思う原因の多くは羞恥心です。これは真面目で異性経験の少ない女性に多く、あの体勢自体が恥ずかしいという人も少なくありません。

トイレなどで性器を露出することに案外慣れている男性と違って、女性は間近で性器を見られる経験というのがほとんどありません。毛の処理が甘いのではないか、臭いが気になるのではないか、と心配して集中できない女性も多いです。

最初からできる人はなかなかいませんが、相手のことをもっと知りたい、もっと2人の時間を満喫したいと思うのであれば、挑戦してみましょう。新たな世界が広がるかもしれません。

フェラチオは苦手

男性器を口に含むフェラチオという行為は、あまり気が進まないという女性も多く、それでも相手が喜ぶからやるということもあります。衛生的なことが気になる女性も多いので、まずはシャワーを浴びて陰部を清潔にすることが大切です。

また、フェラチオは女性が快感を得られず、むしろ苦しかったり顎が痛くなったりもしますが、シックスナインであれば互いに快感を得ることができます。フェラチオをしてほしい男性は、まずはシックスナインに女性を誘ってみるのはいかがでしょう。

彼の愛撫が痛い

爪などでクリトリスを強く愛撫されたり、舌に力を入れて激しく動かされることで、痛いと感じてしまう女性は案外多いようです。特に男性が興奮してくるとついつい愛撫に熱が入り、結果的に女性が痛いのを我慢していることも案外あります。

これは普段の愛撫にも共通しますが、敏感な女性器には特に優しく触れることを心がけましょう。ローションや愛液、また唾液をしっかりと絡ませて、滑りを良くするのもコツの1つです。

69(シックスナイン)は2人の距離を縮める魅力的な行為


セックスは男性がリードするというイメージは男性にも女性にも色濃く残っていますが、本来性行為は男女が共同して快感を得るのが基本です。お互いに直接的な刺激を与えるシックスナインは、その共同作業の代表とも言えるのではないでしょうか。

そのような意味でシックスナインを好む女性もいますし、挑戦してみればその楽しさに目覚める女性も多いかもしれません。独りよがりにならないように気を付けながら、普段とは違う前戯を楽しんでみましょう。

最初は69(シックスナイン)をするのはお互い抵抗があるでしょう。結婚をしているようなカップルでも、69はしたことがないということも。お互いの仲を今まで以上に深めるためにも、この記事を参考に、恥ずかしがらずに一度は挑戦してみてください。

さらに彼氏を喜ばせたいと考えているのなら、ベッド用香水リビドーロゼを使ってみるのはどうでしょうか。

ベッド用香水のリビドーロゼには、男性の性的欲望をかきたてるための成分が4種類含まれています。中でもイランイラン花油という成分は男性を引き付けるような効果を持っています。

また、バラやベリー系の香りで女性側も心地よくつけられると口コミでも人気。女性セクシャルケア専門のLCラブコスメという大手メーカーの商品なので、効果も大いに期待できます。

リビドーロゼを使って、愛情に溢れたベッドタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ベッド用香水をチェックする

Tags

ライター