shutterstock_454672345

筋肉痛の時に食べたいモノ5つ:梅干しで筋肉痛が回復する!?

ダイエットのために運動を始めたものの、筋肉痛になってしまって結局3日坊主になってしまった人もいるのではないでしょうか。

運動をした後、筋肉痛が起こる前にしっかりとケアをしたり、筋肉痛に効く食事をしたり、あの辛い痛みに苦しまなくて済みます。

そこで今回は、筋肉のケアに効果的な食事を5つ紹介します。

今すぐ筋肉痛のケアをしたい人はこちらをチェック!

梅干し

梅干しに多く含まれるクエン酸には、筋肉痛の主要因である乳酸の生成を抑える作用があります。

疲労の蓄積も防いでくれるので、明日も頑張るぞ!という時にもおすすめの食材です。

梅干しの塩分が気になる人は、塩分を排出する作用のあるとろろ昆布と一緒に摂取しましょう。

お椀に梅干し1個と適量のとろろ昆布、醤油少々を入れ、熱湯を注げば簡単なお吸い物が出来ます。刻みネギや生姜を加えても美味しいです。

豚肉

豚肉には、疲労回復や神経の働きを改善するビタミンB1が豊富に含まれています。運動機能を高める効果もあるので、運動をする前に摂取した方が良いでしょう。

豚肉を調理する時は、ビタミンB1の吸収を助けてくれるアリル化合物を一緒に摂るのがおすすめ。アリル化合物は玉ねぎやニンニク、ニラに多く含まれています。

豚の生姜焼きを作る際は、摩り下ろしニンニクを入れましょう。筋肉に良いだけでなく、パンチが効いて美味しさもアップします。

牡蠣

牡蠣に多く含まれる亜鉛には、乳酸の分解を促す作用があります。また、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率がアップ。

ビタミンCを多く含む食材は、柑橘類やブロッコリー、ピーマンなどです。牡蠣とブロッコリーをオイスターソース・醤油・砂糖少々を加えて炒めれば、豪華なメインディッシュが出来ます。

お好みでニンニクを入れても美味しいです。

アボカド

アボカドに含まれるビタミンEには、血行を促進させる働きがあります。

普段から摂取しておく必要はありますが、筋肉痛予防や筋肉の炎症の回復速度を早める効果が期待出来ます。

アボカドをそのまま食べることに抵抗がある人は、一口大に切ったアボカドに生姜醤油をたらすのがおすすめ。アボカド独特の匂いが緩和されるので、アボカドが苦手な人でも美味しく食べられます。

黒酢

黒酢には乳酸を分解する作用があります。また、血行促進や代謝の改善、冷え性などにも効果があるので、日頃から摂取しておけば体質改善も期待出来るでしょう。

黒酢はそのまま飲んでも良いですが、抵抗のある人は調味料として積極的に使っていきましょう。

豚肉と野菜を黒酢・醤油・砂糖で炒めれば、疲労回復にとても効果的な一品が出来上がります。

筋肉痛はマッサージで治そう

筋肉痛の時は、体をほぐす必要があります。マッサージに行けば、気持ちよく体をほぐすことができます。

そこでおすすめなのが、カ・ラ・ダファクトリー。全国展開しているので、様々な場所にあり気軽に通えることも人気の秘訣。

約60分の全身整体コースなら、頸部、首、足までカラダ全体の収縮し固くなった筋肉をもみほぐし、心地よく緩めてもらうことができます。

初回限定で52%オフの3,980円で受けることができるので、筋肉痛に悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

カ・ラ・ダファクトリーをチェックする

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です