営業職がきついと思う瞬間:分析と計画で乗り切ろう

photo-1459499362902-55a20553e082

営業職がきついと思う瞬間:分析と計画で乗り切ろう

営業職に対して、歩合制だから高給取りというイメージを持っている人は少なくないと思います。

そんな華やかにも見える営業職が、実は非常にきつい仕事だという事をご存じですか。

これから就職する人で、営業職はどれくらいきついのか知りたいという人もいると思います。

今回は営業職の人が、きついと思う瞬間と、きつい営業職を乗り切る方法についてまとめました。

営業職がきついと思う瞬間

営業職の人がきついと思うのは、どんな瞬間なのでしょうか。

1.門前払い

営業は固定ルートを歩くだけではなく、新規開拓も勿論しなければなりません。

しかし、企業側も色んなコネや様々な金銭的な事情、時間の都合で簡単には相手にできない事の方が多いのです。

そのため企業への初めての挨拶の場合、門前払いされてしまう事がよくあります。諦めずに何度も何度も企業を訪問し、とにかく自分の話を一度でも聞いてもらえるように取り計らうのが最初の大仕事。

行っても門前払いされるかも知れないと思うと、心が折れそうになるのも分かります。

2.何度も頭を下げに行く

上記で書いた門前払いの段階を終えても、話を一度聞いただけで簡単に契約を結んでくれる企業なんてありません。

どの企業だって自分達が得をできるかできないかg。院ミスるのが当たり前です。第二段階では相手側に自分達を売り込まなければなりません。

売り込む時間を貰う為、やっぱり相手に頭を下げて時間を作って貰うのです。更に頭を下げたからと言って確実に時間を作って貰えるわけではありません。辛くてもぐっと耐えて、チャンスが来るのを待つのです。

3.嫌がらせ

相手を諦めさせる為に、会社の中には入れてくれたものの、いつまで経っても担当が姿を現さないというケースもあります。

待たせるだけ待たせた後に、やっぱり都合が悪くなったと営業に来た人間を追い出す酷い企業も存在します。

長い時間待ち、営業トークを用意したものの会ってすらもらえない上に嫌がらせをされると、とても辛いですね。

4.吊し上げ

敵は外だけではありません。

営業は契約を取ってナンボの世界ですから、契約が取れないと会社内部でも随分肩身の狭い思いをしなければなりません。

多くの企業が、誰がどれだけの契約を取ってきたかを張り出し、朝礼などで優秀者を褒める機会を設けます。その一方で、契約を取れない社員を辛辣な言葉で責め立てる企業や上司もいるのです。

人格も否定してとにかく言いたい放題、プライドをずたずたにされた経験のある人も少なくないようです。

5.薄給

営業職は歩合制が大きな割合を占めている所が多いので、契約が取れないとどの部署の人間よりも低い給与となってしまいます。

営業は契約が取れれば皆から羨まれる高給取りですが、契約が取れなければ暮らしていけるか不安なほどの薄給しか手に入りません。

調子が悪い時や体調を崩した時なんかは否応なく給与が下がってしまうので、常に不安と隣り合わせなのです。

きつい営業職を乗り切るためには

では、どうすればきつい営業職を、上手くこなせるのでしょうか。

1.商材の分析をする

まずは自分が扱っている商材や企画について、自分が事細かに理解する事が大切です。相手が自分よりも商材について詳しかったら営業マンとして失格です。

それと併せて競合分析もしておきましょう。

2.ぼんやりと進めない

自分の中で最終期日を設けましょう。相手にいつ買ってもらうのか、いつ契約してもらうのか、しっかり目標を立ててそれに向かって計画を立ててください。

明確に計画を立てないと、だらだらとした営業になり、それが取引相手にも伝わってしまうのです。

3.最後まで諦めない

営業職にはストレス耐性が必要です。門前払いや嫌がらせは気にせずに、強い心で挑みましょう。

最も重要なのは諦めない事です。営業では、最後の一押しが取引成立の鍵を握ります。

最後まで手を抜かずに、意欲的な態度での営業を心がけましょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です