通勤電車の中でされるとイラっとする事5つ!イライラしない対処法は?

通勤電車の中、周りを気にせずマナーの悪い人を見て、イラっと来る事がありますよね。たとえ自分にされている訳ではないと分かっていながらも、このイラつきをどこかにぶつけたくなるものです。

今回はそんな悩める電車通勤女子達のイラッとする事5つと、そのイラつきをどう対処したら良いのかを紹介していきます。

すぐ舌打ちされる

通勤電車は大体の場合が寿司詰め状態ですよね。押し合いでイライラして、つい舌打ちをしてしまう気持ちは勿論分かりますが…女子はその舌打ちにイラっと来てしまうのです。

元から舌打ちは非常に下品な行為ですし、自分に向けてされている訳ではないと分かっていても不愉快になります。皆辛い気持ちは一緒です。

ですが舌打ちを仕返してしまえば、自分も同じ土俵に立ってしまいます。ここはグッと我慢し、我慢した自分の方が大人だなと考え、気にしないのが一番良いでしょう。

やたらと身体を押し付けてくる

寿司詰め状態で仕方なく身体をお互いに押し付け合うのは分かりますが、たまにいるわざと身体を押し付けてきている人には怒りを感じずにはいられません。

皆狭い中我慢しているのに、自分の陣地を増やそうとぐいぐい人の事を考えずに振る舞う姿…非常に醜い行為です!ですがもしかしたら、それは痴漢の可能性もあります。

やけに自分の体に触れたり密着してくる人がいたら、それが本当に痴漢なのかしっかり判断し、次の駅ですぐ降りるなどしましょう。関わらないですぐ離れるのが得策です。離れてもまだ続くようなら、周りの人や駅員さんに声をかけてください。

じろじろ見られる

通勤電車にはいろんな人が乗ってきます。素敵な髪型の人、可愛いメイクをしている人、自分の欲しかったアクセサリーを身に付けている人…それをじろじろ見られるのに、女性はイラッとしてしまいます。

もし、じろじろ見られイラつくようなら車両を変えましょう!そうすれば、わざわざ車両を変えてまで見に来ようとする人はいません。見られていたのは自分が可愛いからだとポジティブに考えましょう。

息が身体にかかる

息をしなければ生きていけないのが生物ですが、口を大きく開けて深呼吸みたいにすれば、通勤電車内は大体ラッシュで隣との距離もかなり近いので、口臭や息が吹きかかって隣の女性は不快になってしまいます。

鼻息も同様で、男性よりも大体の場合女性は身長が低いので、丁度顔に鼻息を受けて非常に不愉快でイラッと来てしまいます。

この場合、相手は気付かず息を当ててしまっていることが多いため、顔を避けるなどして相手に嫌がっていることを示すのが良いでしょう。そうすればわざと息を吹きかけてくるような人はいないはずです。それでも続くようなら移動するのが良いでしょう。

携帯や音楽プレイヤーを覗き込まれる

自分の世界に折角入っているのに、隣や後ろからやたらと携帯画面や音楽プレイヤーを覗き込んでくる人に女性は非常にイラッと来ます。たかだか携帯画面や音楽プレイヤーなんて…と思う人もいるでしょう、ですがそれは大切なプライバシーでもあります。

幾ら興味があったって、他人のプライバシーに関わる物を覗き込んではいけません。覗かれるのが気になることが多い人は、覗き見防止フィルムなどを貼るのがオススメです。ストレスを感じずに満員電車でも携帯をいじれるようになるでしょう。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る