同棲カップルのケンカの原因5つ:二人の約束は守ろう

付き合いたての頃はとても仲が良く喧嘩なんてした事なかったのに、同棲してから喧嘩が絶えず、結果的に別れてしまったというカップルが多いようです。

そこで今回は、同棲を始めるカップルの為によくある同棲カップルの喧嘩の原因を紹介します。

彼氏が家事を手伝ってくれない

同棲は結婚生活の練習みたいなものです。一般的に家事は女性がするものだと考える人がほとんどではないでしょうか?最初は好きな恋人の為なので、なんなくこなしていけます。

しかし長く時間が立つにつれ、疲れもたまり不満ばかりがつのって喧嘩になってしまう事が多いようです。同棲すると決めたら、家事の役割分担もきちんと決めた方が喧嘩の原因も減りそうですね。

自分ばかり大変だとは考えず、一緒に暮らしているのだから助け合いと思って手伝ってあげることも必要です。逆の立場になったとき、自然と手伝ってくれるようになるかもしれませんよ。

浮気

同棲を始めると別々に暮らしていた時とは違い、隠し事や嘘はすぐにバレてしまいます。

帰る家が一緒なので、ちょっとした恋人の変化や隠している物が見えてしまい、そこから不信感がうまれ喧嘩へと発展してしまうのです。相手の携帯を見るきっかけが出来たり、相手の物も自分と同じ空間にあるので浮気に気づく原因もさまざま。

浮気は喧嘩だけで収まらず破局へと繋がってくるので絶対にしてはいけません。

お金の管理

お金の管理の仕方は一般的に家賃や光熱費など大きな出費を男性が、食費や日用品などの小さな出費を女性がするのではないでしょうか。

しかし、それを逆手に「俺の方が多く出しているんだから」と上目線で言葉を発したり、彼が多く出すのも当たり前になりもっと甘えたりと、お金の問題にも喧嘩の原因がたくさん潜んでいるようです。

また、何にいくら使うかなど、生活費を分けてはみたものの上手くいかないこともあり、予算オーバーしてしまうことも。

最初は二人で節約したり、注意すれば直してくれていたことも長い期間一緒にいると約束に対する意識が低くなり、けんかにつながることもあります。

最初に決める約束は、二人の無理のない範囲で決め、お互いの金銭の管理はしっかりしましょう。

連絡がマメでない

同棲し始めると、いつまでも帰ってこない恋人の事が、同棲前の時より気になり、「いつ帰るの?」「今何してるの?」「どこにいるの?」と逐一連絡がほしくなる女性が多いようです。そんな女性を男性は重いと感じたりストレスの原因になったりして喧嘩に発展してしまいます。

二人で住んでる家だからこそ寂しさが増すのも分からなくないですが、心配しすぎたり理由も無く疑ったりするのはやめましょう。

気持ちを言葉にしない

日頃一緒にいる事が当たり前になって「ありがとう」や「ごめんなさい」を言わなくなった、という人も少なくないようです。

愛情表現も同じで、「大好き」「愛してる」と一緒にいる時間が長くなればなるほど減ってきて恋人が今何を思っているのか分からない、なんて意見も...。

感謝の気持ちや愛情表現というのは、恋人同士が一緒に生活するうえで必要不可欠とも言えます。なので日頃言いにくかったとしても、誕生日や記念日などのきっかけを作って自分の素直な気持ちを伝え合うべきですね。

Tags

ライター