保育士を辞めたい!保育士が転職する前に考えておきたいこと

保育士のイメージというと、子供とにこやかに遊ぶ微笑ましい姿を思い浮かべますよね。

しかし、いざ働いてみると、理想と現実の違いに身体的にも精神的にも疲れ、辞めたいという気持ちを持つ方も少なくないようです。

ここでは、多くの保育士が悩む内容や退職・転職について考えていきたいと思います。

保育士を辞めたいと考えているなら、大手求人サイト「リクルートエージェント」をおすすめします。無料登録で充実したサービスが得られるので、ぜひチェックしてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

辞めたい理由

保育士も十人十色ですから様々な悩みがありますよね。その中でも多くの方が直面している事を挙げていきます。

・自分と園の教育方針が合わない

・サービス残業が多い

・女性の多い職場であるため人間関係で悩む

・大変な仕事であっても給料が低い

・責任が重い

・保護者との関わりが難しい

など様々な理由で悩むことがあるようです。しかし、仕事を続けている以上は子供達の前では笑顔でいなければならないし、書類などの仕事も待ってはくれません。

そのため、心身共に疲れ切ってしまい、こんなはずではなかった‥と負の感情が占めていくと思われます。

保育士を辞めたいと思っている理由を整理したい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:もう続けられない…保育士を辞める理由8選

転園するか異業種への転職か

今の職場が合わなくて転園するという場合も、保育士の職業は向いていないから異業種に転職したい、さまざまな意見があるはずです。

転園する場合、異業種へ転職する場合の2種類に分けて転職の際に考えておきたいことを紹介します。

別の施設に転職する

辞めたい気持ちが強くなれば、同じ職場で働き続けるよりも転職することを考えますよね。

しかし、子供達は可愛いし任されている仕事があれば責任を放棄してしまうのではないか、と転職に踏ん切りがつかない場合もあるでしょう。

しかし、他の職場に転職することも悪いことではありません。園や施設によってやり方は様々ですし、その職場によって教育方針や人間関係も異なります。

他の施設を見ることによって、保育士としての視野が広がり、転職先にとっても経験者が来てくれると即戦力になるため、どちらにとっても良いことだと言えるでしょう。

自分の可能性を広げるために、思い切って他の施設へ転職してみるのもいいかもしれませんね。

保育士の転職なら「ほいく畑」をおすすめします。保育士専門求人サイトなので、園の方針や勤務形態など細かなところまで知ることができると評判です。

無料で簡単に登録することができるので、登録だけでもしてみることをおすすめします。

ほいく畑のサイトを見る

異業種へ転職する

もう保育士自体を続けていることが辛いという考えを持つ方もいるでしょう。そういった方は保育士とは別の職種を転職先として選びますよね。

闇雲に探すのではなく、まずは自分の得意なこと、やりたいことを考えてみましょう。保育士として今までの経験やスキルを生かせる仕事がいいでしょう。

今まで経験してきた、人前で話すこと、事務作業などのスキルを生かせる仕事、例えば接客業などの職業を選んでみるのはどうでしょうか?

方法としては、転職サイトや職業安定所、リクルートエージェントなどに登録したり、相談してみるといいでしょう。

保育士は仕事が忙しいため、求人をじっくり選ぶ時間が取れないことがあります。その場合「リクルートエージェント」を利用することをオススメします。

異業種となれば新しいことへの挑戦となるため、とても勇気のいることではありますが、1度チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

リクルートエージェントのサイトを見る

円満退職する方法

退職するにあたって、ゴタゴタが起こるのは誰だって嫌ですよね。円満に退職できたら、次の仕事にも気持ちよくシフトすることができます。

円満退職するための方法を2つ紹介します。

辞めようと決めたらやる事

退職のする旨を伝えた途端、風当たりが強くなってしまう‥などと考えて決心が鈍り、ずるずると続けるといつまでも悩みは改善されませんよね。

・辞める時期..園に迷惑をかけ、更に子供達が不安を感じることで負担となるため、年度途中の退社は避けましょう。

・退職の意思を伝える..決めたらなるべく早く伝えましょう。この頃から引き継ぎなどをしっかりしておくとスムーズです。更に続きます。

最後はしっかりと

続いて辞める間近から辞める当日までのことについて見ていきましょう。

退職の1ヶ月から退職までにやるべきことは多いですが、TO DO LISTのようにまとめてみると抜けもなく、わかりやすいのでおすすめです。

・退職を認められた場合または職場から提出を求められた時に退職届を提出しましょう。

・退職が近づいてきたら、保護者や子供達に挨拶をしましょう。

・退職する時には職場からの支給品や借りたもの、保険証などを返却しましょう。

・子供達の名前など個人情報が書かれた物も整理して置いておきましょう。

これらのやるべきことを終えたらいよいよ退職です。

お世話になった先輩や同僚、後輩に挨拶をしましょう。先生方や子供達に感謝を込めてプチギフトなどを用意してもいいかもしれませんね。

最後に連絡先や離職票などの送付確認などもしておくと後で便利です。

まとめ

今まで保育士としてがんばって働いてきたことに自信を持って、就職活動をしてみましょう!必ず努力は報われます。

自分に合った再就職先を見極めて転職を成功させましょう!

異業種への転職を考えたなら

これまでの記事を見て、異業種への転職を考えた方は求人サイト「リクルートエージェント」をおすすめします。

リクルートエージェントは、業界ナンバーワンの大手企業であるリクルートが運営しています。そのため、圧倒的掲載数を誇り、1人1人に付くキャリアアドバイザーは魅力です。

無料登録で相談だけでもすることができるので、異業種への知識が全くなくても、自分に合った転職先を探すことができます。試しに登録するだけでもいいので利用してみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェントのサイトを見る

保育士の転職なら

転職する前に考えを整理して、やっぱりまだ保育士として働きたい。そう考えた方もいるかと思います。

保育士専門求人サイト「ほいく畑」は、厚生労働大臣認可を受けたサービスなので、誰でも無料で安心して利用できると評判です。

専任のコーディネーターが転職探しをサポートしてくれるので、働きがいのある転職先を探すことが可能です。

簡単はとても簡単なので、気になった方はぜひアクセスしてみてください!

ほいく畑のサイトを見る

Tags

ライター