shutterstock_430472275

脱水症状は要注意!生理痛で下痢になる原因と対策

生理痛で下痢になった経験はありませんか?ただでさえ生理中はお腹が緩くなりがち。痛みがある上に下痢になると、とても辛いですよね。

生理痛で下痢になる原因は何なのでしょうか。今回は生理痛で下痢になる原因と対策について、ご紹介します。

ぜひ生理痛の時の下痢で悩んでいる人は参考にしてみてください。

下痢の原因

腸を活発化させるホルモン、プロスタグランジン

生理痛で下痢になる原因のひとつに、プロスタグランジンというホルモンの影響が挙げられます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きの他に、腸を活発に動かすことがあります。

腸が活発に動くことから、下痢になってしまいます。プロスタグランジンの分泌量が多ければ多いほど、腸が過剰に刺激されてしまうようです。

ホルモンによる代謝の低下

腸の働きを活発化させるプロゲステロン。このホルモンが多く分泌されている期間は代謝の低下が起きてしまいます。

そのため体が冷えやすくなります。体が冷えていれば、もちろんお腹も冷えていますよね。自律神経も乱れるため、下痢になりやすくなります。

靴下を履いたり、お腹を暖めるようにして冷え対策を取りましょう。

下痢対策

睡眠をしっかりと取る

下痢は体力を奪うので、睡眠はしっかりと取るようにしましょう。睡眠をしっかりと取ることで、自律神経も安定し下痢が収まる可能性があります。

反対に、寝不足、ストレスや過労は自律神経が乱れる原因となってしまうので要注意。生理痛で起こる下痢は自然現象とも言われていますが、できれば悪化しないようにしたいですね。

小まめな水分補給

下痢のときはアルコールや刺激物、脂肪や食物繊維の多いものはなるべく控えるようにしましょう。消化のよいものを食べるようにして、水分補給をしっかりすることが大事です。

下痢は水分をたくさん含んでいるため、脱水症状を起こすことがあります。脱水症状を起こすと、めまいなど他の症状も表れるので注意が必要です。

そうならないためにも小まめに水分を取るようにして下さい。

サプリメントを摂取する

下痢になってから対処するのではなく、そもそも下痢になりにくい身体作りを心がけましょう。

そこでおすすめなのが東証一部上場企業である、北の国コーポレーションが開発した「黒梅日和」。

身体環境を正常に保ち内側から守ることで下痢の原因を防ぎ、健康な身体作りをサポートしてくれます。

今なら全額返金保障のサービスもあるので、気になる方はお気軽に試してみてください。

黒梅日和をチェックする

薬を服用する

脂汗をかくほどのひどい下痢のときは、薬を頼ることもひとつの方法です。生理痛なうえに、ひどい下痢だと体力をどんどん奪われてしまいますよね。

下痢が長引くと脱水症状を引き起こすこともあるので侮れません。薬を服用して、おさまるなら良いですが酷いときは病院に行くことも検討してください。

大切なのは、我慢や無理をしないことです。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です