転職か?社風を変えるか?職場が合わないと感じた時に考えるべき事

働き始めたのは良いものの、自分には合わないと感じていませんか?人間ですから、誰でも合う・合わないはあります。

そこで辞めるか続けるかは自分次第ですが、せっかく入った会社なのでできれば頑張りたいという方も多いはずです。

考え方ひとつで変わってくるもの、見えてくるものも違ってくるので、仕事が合わないと感じている方はチェックしてみて下さい。

また、合わないと確信したら早めに転職をしてしまうのも賢い方法です。長く続けたけど結局スキルアップもできなかったなんてことがあったら、もったいないですよね。

大手転職サイト「リクルートエージェント」ではひとりひとりの希望に合わせて、多くの非公開求人を含めた企業を紹介しています。他の転職サイトではたどり着けないような理想の職場が見つかるかもしれないので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

根本の問題と向き合ってみる

まずは自分の気持ちを考えてみましょう。本当にやりたい仕事は何なのか、自分と向き合うことが大切です。

また、いまの会社のどういう所が自分に合わないのでしょうか?仕事内容なのか、人間関係なのか…。

『なんとなく合わない』と思っているよりも、原因や根本を明確にすることで、解決の糸口が見つかるかもしれませんね。

人間関係ならいくらでも修復可能?!

もしも職場の人間関係で合わないと感じているなら、すぐに転職するのは勿体ないです。人間関係なんて、自分次第でいくらでも変わっていくものだからです。

例えば”仲良くなれない”、”ひとり孤立している”という場合。まず自分から話しかけたりして、打ち解けるようにしましょう。

すぐには効果は出ないかもしれませんが、何もしないよりかはずっとマシになるはずです。

社風を変えるほどスキルアップ!

職場が合わないという気持ちを糧に、自分が社風を変えてみせると意気込むのもとても素敵なことです。

長年の社風を変えるというのは、並大抵のことではありません。しかし社風を変えるほどの立場や力を得た時、あなた自身はとてもスキルアップしているはずです。

不満や悩みを糧に自分の成長を考えてみてはどうでしょう。

同僚や上司にアドバイスを貰おう

信頼のおける同僚や上司に相談してみるのも良いでしょう。出来れば会社のことをよく熟知している人がいいですね。

自分が職場と合わないと考えていることや悩みを打ち明けてみてはどうでしょうか?

第三者のアドバイスは時にとっても参考になります。

また、自分一人では考え付かなかった新たな解決策が思い浮かぶかもしれません。

家族や友人など第三者に自分を見てもらおう

会社や職場のことを熟知している人にアドバイスを貰うのはとても参考になります。

今度は逆に、会社での自分を知らない人に「今の自分がどう映ってるのか?」見てもらうというのも解決の糸口になるかも知れません。

旦那さん(奥さん)や、親しい友人に率直に聞いてみましょう。

今の自分は楽しそうに職場に通っているか?毎日愚痴ばかり言ってないかな?仕事の話しをするとき自分はどんな顔をしているかな?

予想通りの答えが返ってくるかも知れないですし、まったく違った回答が聞けることもあるでしょう。

一度、会社とはまったく無関係の人の意見も聞いてみる。そこからなにか「気付き」が得られる可能性も大いにあります。

継続することにメリットがあるか考える

合わないとは思いつつも、その仕事を続けることで、自分自身にどういったメリットがあるか一度書き出してみるのもおすすめです。

例えば、「一生使えるスキルが身につく」、「頑張れば資格が取れる」、「目標としている先輩と働ける」など。

何かしらは仕事を続けることで得られるものが見えてくるでしょう。

得られるものと、自分自身の合わない気持ちを天秤にかけてみて、どちらに傾きますか?自ずと答えが見えてくるかも知れませんね。

仕事は人生の中でもたくさんの時間を費やします。後悔しない選択をしていくためにも、一度この仕事を続けることのメリットを整理してみてはいかがでしょうか?

最終的には転職も可!

最終手段になりますが、転職するのもひとつの手です。いつまでも”合わない”と思い悩んでいるよりも、潔く転職した方が良いときもあります。

楽しく仕事をしている人と、嫌々している人で差が生まれてくるのも事実です。仕事するなら、楽しいほうが良いですよね。自分のモチベーション向上のためにも、よく考えてみましょう。

また大手転職サイト「リクルートエージェント」では、転職を初めてする方でも安心できる、面接対策や提出書類の書き方など、さまざまなサービスが無料で利用できます。

転職をしたいけど具体的に何をしていいかわからない方や、まだ転職することを決めたわけではないという人も、まずはリクルートエージェントに登録して自分の希望職種や業種の情報を見てみましょう。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る