痛み

無理はしない!子育てがしんどいと感じたらやるべき行動まとめ

子供はとっても可愛い、自分よりも大切でかけがえのない存在…だけど子育てはしんどい。
子育ては仕事のように、やればやるだけ成果や報酬があるものでもありません。

子育ては一大プロジェクトです。
しかも子供が自分のもとを巣立つ日までの長い期間をかけて行うんです。
しんどいと感じてしまうのも仕方ありません。

子供を産み育てるのはとても素晴らしくてとても幸せなことです。
でもツラい、しんどいと思う気持ちから解消されたらもっと幸せですよね。

では楽しくハッピーに子育てするにはどうしたらいいのでしょうか。

自分を大切に

子供が産まれると優先順位は言わずとも子供が1番。
子供のお世話に主人のお世話…自分のことは誰よりも何よりも後回し。
子供最優先で頑張るママはとっても素敵です。

でも、しんどいなと感じたらもう少し手を抜いてください。
まずは子どもと一緒にお昼寝をして体力をチャージしてください。家事や掃除なんて後回しで大丈夫。
家事や掃除の手を抜いても誰も死にませんから!余裕ができたらやればいいんです。

まずはママの心と身体が元気で居られることが一番大切です。

自分を誉める

ママは24時間365日定休日はありません。フル稼働です。でも誰も誉めてくれません。
誰からも誉めてもらえないって結構しんどいんですよね。

なのでそんな時は自分で自分を誉めてみましょう。

「今日は子供と真剣に遊ぶのを頑張った。」
「今日はトイレの掃除を頑張った。」
「今日は夕飯作りを頑張った。」

子供を育てながらこれだけ出来れば充分!と自分へのハードルを少し低くして自分に自信持って下さい。
自分を誉めてゆるい気持ちで過ごすと少し気持ちが楽になりますよ。

一時保育やファミリーサポートを利用する

どうしてもつらい時は思いきって子供を預けてみるのも1つの手段です。
もちろん無理に預ける必要はありません。

でもママだってちょっとお休みして自分の時間を持つことは大切です。
子供のためにもこのような時間は持つべきです。

できた時間でカフェで1人でゆっくりお茶を飲んでみたり、いつもなかなか行けない美容室へ行ってみたり、どこへも出掛けず自宅でゆっくりネットをしたり、たくさん寝てみたり…。
普段したくてもなかなか出来ないことをするととっても気分転換になるし、子供と離れてみると改めて子供の可愛さや大切さに気づけます。

ママと子供の笑顔のためにも罪悪感を持たずに是非試してみて欲しいです。

とにかく笑ってみる

いつも笑っていられる気持ちの余裕はないと思いますが、しんどい時こそ声を出して笑ってみましょう。

笑顔を作る、声を出して笑うという動作で楽しいという感情が湧いてきます。
嫌な気分でも「はーっはっは!!」と声にして笑ってみましょう。
自分バカっぽいなと思っていても段々楽しい気持ちになって来る不思議。
そして、ママ自身が笑っていると子供も一緒に声を出して笑い、笑顔を返してくれます。

可愛い我が子の笑顔を見てキャッキャと笑うあの声を聞くと「さっきまでのツラい気持ちはなんだったの?」と不思議になるほどです。

最後に

心が苦しくなって潰れてしまう前にいろんなことを試してみて、ご自身に合う発散方法や息抜きがが見付かりますように。
全国のママ達がお子さんとの楽しい時間を過ごしながら、楽しく育児ができるように心から応援しています。

ライター

こんな記事も人気です