プロポーズを成功させたい!場所・タイミング・贈り物・前兆とは?

一生を決める大事なイベント・プロポーズ。大好きな人から結婚しようと言われるのは最高に素敵な瞬間です。

結婚したいと思った時には、相手も同じように思っているのか知りたいですよね。そんな風に思うのは、プロポーズする側の男性も同じです。

プロポーズは結婚前にほとんどの人が通る道ではありますが、ほとんどの人が初めて経験するものです。そのため、わからないことがたくさんあって当然でしょう。

そこで、こちらではプロポーズでの適切な言葉や場所、花束、指輪などのプレゼントなどについてご紹介します。

プロポーズを考えている方はぜひ参考にしてみましょう。

プロポーズの場所

プロポーズは結婚の前の重要なイベント。そのプロポーズをする場所はプロポーズする側にとっても、プロポーズされる側にとっても大切なものでしょう。プロポーズはどこでするのがいいのでしょうか?

レストランや景色のきれいな場所などが人気のプロポーズの場所として挙げられます。

人気のプロポーズの場所を以下で詳しく紹介するのでぜひ参考にしてください。

レストラン

レストランはプロポーズの王道と言えるでしょう。

ちょっと奮発したレストランであったら、いつも食事をしているところと差が明らかに分かるため雰囲気も高めることが可能です。

プロポーズする側も心の準備ができるのに加え、プロポーズされる側もプロポーズの期待が高まるでしょう。

夜景のきれいな場所

夜景が見えるきれいな場所もプロポーズをするための雰囲気を上げるのにちょうどよい場所と言えるでしょう。

明るい場所に比べてロマンチックになるので、プロポーズがより雰囲気が出るものとなり、2人の思い出にもなるでしょう。

ロマンチックな思い出を残したい方におすすめのプロポーズの場所です。

自宅

アットホームにさりげなくプロポーズしたい方に断然おすすめなのは、自宅でのプロポーズです。

自宅でくつろいでいるときにプロポーズされたら相手はきっと驚くでしょう。

自宅でのプロポーズは、相手が全く予想していないことが多いため相手を驚かせたい方にピッタリのプロポーズの場所です。

プロポーズのプレゼント

プロポーズのときに指輪を渡す人が多いと思いますが、指輪だけでなく花束を渡す人もいるようです。

また、なにも渡さない人もいます。

プロポーズのときはどのようなものを渡す、渡さないのでしょうか。

指輪

プロポーズのときは婚約指輪を渡す人が一番多いでしょう。婚約指輪は一生の愛を証明するための指輪です。婚約指輪は一粒のダイヤモンドをあしらったものが多いです。

相手のことをどれだけ思っていても気になることはやはり、指輪の相場でしょう。一粒の宝石をセンターストーンとして装飾したシンプルな「ソリティア」は平均価格は41万1,000円、豪華なデザインの「パヴェ」の平均価格は55万円です。

花束

プロポーズのときに花束を送る人もいます。

花の中で最も人気なのはバラです。バラの贈るときは送る本数にも意味があります。108本のバラには「結婚してください。」の意味があります。

また、花言葉に合わせて花束を贈るのもおすすめです。ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめる」、カーネーションの花言葉は「あなたを熱愛します」という花言葉を持っています。

何も贈らない

プロポーズのときに何も贈らないという手もあります。

いちばん大事なのは言葉なので無理して何かを贈る必要はありません。

しかし、プレゼントは演出の効果もあるので、より思い出に残るプロポーズにしたい方は何かをプレゼントしたほうが良いでしょう。

プロポーズのタイミング

前述でプロポーズの場所、贈り物についてご紹介してきましたが、プロポーズはいつするのが適切なのでしょうか。

いざ、プロポーズをすると決めてもどのタイミングでプロポーズをするのが適切か迷ってしまうでしょう。プロポーズのタイミングは相手の誕生日や2人の記念日などが多いようです。

以下でプロポーズのタイミングを詳しくご紹介します。

相手の誕生日

相手の誕生日にプロポーズするのは定番と言えるでしょう。

相手にとって誕生日は特別な日。そんな日にプロポーズしてもらえれば毎年思い出すことのできる素敵な思い出になります。

相手も普通に誕生日を祝ってくれると思っていたらプロポーズをされ、驚いて嬉しさも倍増するでしょう。

2人の記念日

他の人にとってみればなんでもない日でも、2人だけの記念日は大切なもの。そんな日ににプロポーズすることで、2人の絆がもっと深まるでしょう。

2人の記念日は、付き合い始めた日、初めてデートした日、など2人にとって大切な日ならなお良いでしょう。

クリスマス

クリスマスは街全体がロマンチックなムードに包まれるので、適したの雰囲気のなかでプロポーズすることができるでしょう。

ほとんどのカップルはクリスマスにデートをするので、クリスマスは自然にプロポーズできる適切な日です。

プロポーズの前兆・言動


プロポーズ前の男性はどのような行動をするのでしょうか。

緊張して落ち着きがなくなったり、指輪のサイズを聞いてきたりとプロポーズ直前の行動から、節約をしたり、将来の話をしたりなど結婚に向けた長期的な行動に出たりします。

このようにプロポーズを考えている男性は特徴的な行動をします。こちらでは彼氏がプロポーズしてきそうな前兆の行動・言動をご紹介します。

ちょっと彼氏の様子がおかしいと感じている女性や、プロポーズ前に前触れを出したくない男性はぜひ参考にしてください。

落ち着きがない

何かを言いかけてやめたり、一緒にテレビを見ていたはずなのに、彼女の横顔をこっそり観察していたり、ぼーっとしていたり、話しかけても上の空。

何だか挙動不審でモジモジしている、と感じたら、彼は何か真剣に考えている、つまり、プロポーズの可能性があります。

男性は一つのことしかできない脳の作りなので、とても分かりやすいです。

指輪のサイズを聞いてくる

指輪のサイズを聞いてきた!これは分かりやすいサインですが、プロポーズの際に指輪を渡そうと考えているならばサイズを知る必要があります。

中には婚約指輪を買うために、寝ているときにおもちゃの指輪をはめてサイズを確かめる人もいるそうです。

指を見せてと言ったり、寝ている間に糸で測ったりすることもあるようなので、静かに見守ってあげて下さい。

家族構成を聞かれる

今までそんな話題にならなかった、家族構成について聞いてきた場合は、結婚について意識が高まっています。

プロポーズも近いと考えてよいかもしれません。

恋人同士なら、二人の間だけでも成り立っていた関係が、結婚となるとやはり双方の家族とも関係を良好にしていく必要があります。

結婚を意識すると自然に出てくる質問です。

節約家になる

付き合いの年数を意識しだす

男性にとってお付き合いしている年数は、結婚を意識するのに重要なポイントです。

「今月で付き合って3年だね」とか「もう付き合って5年も経つのか」など付き合ってきた年数をちょくちょく口に出すようになってきたら、彼が結婚を意識しているサイン。

男性にとって長く付き合ってきたということは、その年数の分だけ問題が起きてもあなたと乗り越えてきたのだという考えであり、結婚へ向けての自信の糧になっているんです。

将来の話をよくする

彼氏が結婚を意識しているサインとしてよくあることが、2人の将来について前向きな話が頻繁にでたときです。

3年後・5年後・10年後に自分たちは何をしているかの想像の話がよく出ているのであれば、結婚したいと思っているのでしょう。

逆に、将来を何も考えていない場合は、将来のビジョンが描かれていないわけですから、彼から将来の話が出てこないんです。

自分はこの人と一生を添い遂げられるか、誰もが不安に思うことです。

そこで将来の話を何気なくすることで相手の反応を見て、結婚を考えているのか、どんな結婚生活になるのかを探っているのでしょう。

新しく知人に紹介してくれる

男性はこの人と結婚したいと思ったときに、その彼女を知人などに紹介したがるものです。

そこで、その知人の反応を見て、応援してくれるのか、自分の彼女がどう見られているのか確認したいのでしょう。

それに、自分の仲間たちの中でもうまくやっていけるかを確認をしているんです。

彼氏の友人や会社の同僚などと食事をしたりお酒を飲む機会が増えてきたら、それは結婚のサインかもしれませんね!

親に会わせたいと言ってきた

彼が、自分の両親に会わせたいと言って来たら、それは確実に結婚したいと思っている証拠です。

両親だけではなく彼の兄弟や親戚など身内に会う機会が増えてきたら、さらに結婚の可能性が高まります。

彼氏があなたの家族にも会いたいと言ってきた場合も同じことが言えますので、大いに期待していいと言えるでしょう。

自分の給料を教えてくれる

男性の場合、今の彼女と結婚を意識しだすと、自分の収入を相手に伝えてその反応を伺っているようです。

自分の年収でも結婚してくれるのかを確認したいのでしょう。

人によっては、年収をハッキリと伝えない人もいると思います。

しかし、会話をしている中で自分の家賃を言ってみたり、生活の仕方をさりげなく伝えてみることであなたの反応を見ているんですよ。

子供の話をよく出す

結婚したいと思っている男性は、よく子供の話を持ち出してきます。

自分の子供がほしいと感じているときですので、頻繁に話が出てくるんです。

もし子供ができたら名前は何にするか、男の子だったらこう育て、女の子だったらこう育てると、ふんわりとした想像ではなく、ハッキリとしたビジョンを語っていませんか?

子供が好きということは世間ではいい印象になりますので気軽に話題に出す人が多くいますが、結婚を意識した人が子供を語ると、もっと踏み込んだ話をするものです。

同棲を勧めてくる

結婚を意識した男女にとって、同棲とは結婚の予行練習といえますね。

同棲を始めることでお互いの生活を見ることができ、確認して無理なく結婚生活ができるのか見極めているんです。

でも、そこで無理に彼に合わせ過ぎてはダメですよ。

嫌われたくないと無理をしているといずれ自分がストレスが溜まってしまいます。ありのままの姿を見せて、お互いの価値観を確認し合いましょう。

Tags

ライター