第一印象を覆せ!友達から恋人になるきっかけ5つ

友達から恋人になるきっかけをつかむときに大切な要素が、第一印象が良いのか悪いのかということです。

第一印象が最悪だったり、絶対に恋愛対象にならない相手であると見なされてしまうと、その後の発展は望めません。

しかし、今現在、異性の友達がいる人の多くは、その友達と恋愛関係になる可能性を持っています。

では、友達から恋人になるきっかけ5選を見ていきましょう。

タイミング

お互いに好きあっていることは明白だとしても、何も考えずに告白してしまっては失敗してしまう可能性があります。

他の人もあなたのことを好きだった場合、相手はきっと友達の恋愛に終止符が打たれるまで、あなたのことを受け入れることは出来ません。

告白のタイミングは相手とあなただけの問題ではないので、周りもちゃんと観察してから告白することが大切です。

真面目な一面を見た時

普段はお互いにふざけ合っている女友達が、真剣な態度でいるのを見たとき、男性はその真剣な眼差しに惹かれるようです。

女友達が悩みを相談して真剣に話を聞いてあげているときや、部活動や仕事を真面目にこなしているのを見たときというのは本当にたくさんの男性が恋に落ちます。

男性が女友達を意識するのには充分なキッカケです。

ギャップを見せる

友達関係だからこそ、意外なギャップに気づきやすく、心を奪われることが多いです。

普段、ふざけてばかりいる男友達が真剣に取り組んでいる姿を見たり、クールな女友達がすごく家庭的だったりするとイメージがアップします。

このギャップに気づくというのは友達の特権です。 そのギャップがあなたに向けられた優しさだったり、フォローだったりするとその感情はさらに高まります。

イベントを利用

人は寂しい時や心細い時には、恋人が欲しいと思っているし、精神的にブルーで気分が落ち込んでいる時に手を差し伸べてくれる異性は素敵に見えてしまう傾向があります。

会社では忘年会や新年会、交流する宴会前にちょっと挨拶メールをしてみましょう。そうするだけでも印象は大きく違います。

そして、このようなイベントでは相手の普段は見れないような部分が見られて、ちょっとしたことに胸がときめくことがあるので、一緒に参加してみましょう。

自分だけの力でなく、楽しいイベントを利用してみるのもオススメです。

2人きりで過ごす時間を作る

お互い友達で、グループ同士でしか合っていなかったけど、いつの間にか2人きりで過ごす時間が増えて、自然と意識するようになったというのはよくあるパターンです。

気になる人と2人で過ごすことによって、感情が増幅されていきます。できるだけ2人きりで過ごす機会を作りましょう。

Tags

ライター