主婦が得する働き方:どれくらい稼ぐのがベストなの?税金や保険にも注意

そろそろ家事が落ち着き、お仕事に出ようかなと考えたときに、どのような働き方が一番ベストなのかを知りたいですよね。

扶養範囲内にするべきなのか、保険料は払ったほうがいいのか・・・特に給料については、考えるべきことがたくさんあります。

今回は、主婦が働く前に確認しておくべきことを紹介します。また「働きたいけど始め方がわからない‥」という方や、期間を決めて働きたいという方には、リクルートグループの派遣会社『リクルートスタッフィング』がおすすめです。

リクルートスタッフィングでは、業界トップの求人数を誇り、紹介予定派遣で正社員へのステップアップもあります。

リクルートスタッフィングのサイトを見る

自分の状況を把握する

損をせずにお得に働きたいと考えるならば、まずは、自分の状況を把握すること。

こうすればお得だという法則はあるものの、収支状況はその世帯によって違いがあります。配偶者の職場の手当の状況や、保険についてなど、もう一度見直してみましょう。

これは、自分が稼ぐべき給料が103万円以内なのか、130万円以内なのか、それ以上なのかを考える意味で非常に重要になります。

配偶者の保険を確認

配偶者が加入しているものが、協会けんぽ(社保)・共済組合・政府管掌保険制度などの場合、被扶養者は原則的に年収130万円未満でないと被扶養者認定がもらえません。

その場合、自分で保険・年金制度へ加入しなければならなくなります。

次に、配偶者が、国民健康保険・建設国保などの場合、原則的に保険・年金の掛金をすでに負担しているため、自分で保険や年金制度に加入する必要はなくなります。

配偶者がどのような保険に加入しているのかを知っておきましょう。

配偶者の手当を確認

配偶者の勤務先では「家族手当」などという制度がありますか?それは現在支給されていますか?

手当が支給されている場合は、あなたの年収がいくらになれば支給がストップされるかを正確に把握する必要があります。しっかり確認しておきましょう。

支給されなくなってしまった場合には、支給されていない分の額以上稼げなそうであれば、その範囲内に留めておいたほうがよいはずです。

家族手当は支給されていない場合については、損得に関係するような影響は特にないので気にしなくてよいでしょう。

控除について知る

あなたの給料の金額によって、配偶者が所得控除を受けられる「配偶者控除」という制度があります。

しかし、配偶者控除には収入金額の上限があり、パート年収(1~12月に受給した給与総額)が103万円以下の場合にのみ、適用されます。103万円を超えると、配偶者の税金(所得税・住民税)を計算する際、この対象となりません。

住民税について考える

配偶者ではなく、あなた自身にかかる税金についても考えておきましょう。それが住民税です。

住民税は、年収が98万を超えると、超えた部分に対して10%かかります。更に、103万を超えると超えた部分に対して5%かかってきます。

これには累進課税という方法が使われていますので、金額が上がればそれに応じてパーセンテージも変わってきます。

配偶者の保険や手当に関係なく、自身の給料に応じてかかる税金もあるということですね。自分で管理できるようにしておきましょう。

いくら稼ぐのがいちばんお得なのか

税制面の話しなど、だいぶ複雑になってきました。もう一度、各収入のラインをここで整理しておきましょう。

年収103万円以内で働く場合

いわゆる「扶養範囲内で働く」といったパターンがこれです。

夫の税額(所得税・住民税)が専業主婦の時と変わることなく、配偶者控除を受けることが可能。

また、扶養範囲内なので年金や健康保険も自身で負担する必要がありません。

つまり、税金が増えることなく、妻が働いた分だけ家計にプラスされる働き方です。働いた分すべてが世帯収入として加算できるので、家計はとても楽になるでしょう。

たくさんの主婦がこの103万円以内、扶養範囲内で働いています。

年収130万円以内で働く場合

103万円を超えて、130万以内で働く場合は少し変わってきます。

まず、配偶者控除が受けられなくなり、「配偶者特別控除」となります。また金額的には少額ですが、妻にも「所得税・住民税」の負担が発生するのもこのライン。

年金や健康保険などの社会保険はまだ夫の扶養内なので負担する必要はありません。

トータルで考えると、税負担は増加しますが、103万円以内で働くよりは世帯収入がアップします。

年収130万を超えて働く場合

130万円を超えてくると一気に税制面での負担が大きくなります。

この場合は夫の扶養からは外れることになるので、国民年金か厚生年金、健康保険なども妻自身で加入する必要があるでしょう。

どのくらい税金の負担が増えるのかきちんと把握していないと、130万円以内で働いていた方が結果的に世帯年収は上がっていた、なんてことになりかねません。

じっくりと検討することをおすすめします。

まとめ

働きたいと考えている主婦の方々は配偶者の状況や住民税などを把握した上で、自分が稼ぐべき給料を決めましょう。

状況を把握し、目標が決まったら、リクルートグループの派遣会社『リクルートスタッフィング』で自分に合う条件の会社を探してみましょう。

就業経験や資格がなくても会社を探すことができ、大手有名企業も多数募集しているので自分の希望に合った会社を見つけることができます。

正社員としてではなく、派遣社員として働くため、自分の家庭やライフスタイルに合った働き方を選ぶことができます。

リクルートスタッフィングのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る