膨れっ面

毎週のランチ会が辛い・・・ママ友間の格差を感じる瞬間5つ

子どもが大きくなるにつれて出会うのは、仲の良いママ友だけとは限りませんよね? ときに生活している地域によっては収入の格差があったり、子どもの通う学校によっても格差が生まれてしまうものです。

ママ友は女性同士の集まりであるので、何かしら問題が起きたりするでしょう。さて、ママ友同士どのようなことで格差を感じているのでしょう?

毎週のようにランチ会をしている

ママ友同士、仲良くなればお食事に出掛けたりするでしょう。誘われても家庭の生活費を考えると毎回は行っていられない……なんてこともあります。

しかし断ると何を言われるか分からないし、怖いので無理してでも行っている人もいるかもしれませんね。

毎週参加しているママたちとは格差を感じるかもしれませんが、断る勇気も必要なのではないでしょうか。家庭の方が大切です。

身に付けているものが高価

ママと言っても女性であることに変わりありません。女性は幾つになっても可愛らしく、綺麗でいたいものですよね。

子育てで忙しい日々でもママ友同士で集まるとき、ブランド物を身に付けている人もいます。ブランド物と無縁の自分に、格差を感じてしまうことも。ブランドがなくても仲良くやっていけるのであれば、気にする必要はありません。

ご主人の収入

女性同士が集まれば、気になるのは周りの主人の収入でしょう。収入は格差を感じる原因の一つです。

お金の問題はシビアなので、あまり大きな声では話さないものの噂話にはなるでしょう。あまり噂されたりするのが嫌なら、他の家庭に立ち入った話題や自分の家庭の話は極力しないのが賢明です。

子供の学力

ママ友同士、どの学校に行くかという話で盛り上がるかと思います。公立なのか私立なのかで格差を感じるのみならず、子供の学力も気になるものです。

同じ塾に通っていれば、子供同士の学力も分かってしまいます。子供の学力をママ友同士で噂しているのを子供が知ればショックではないでしょうか。

ママ友間での学力格差の話題は子どもに聞かせないよう気を付けてあげる必要があります。

子供の運動神経

運動会など、子供が活躍する機会があります。もちろん自分の子供が活躍していれば嬉しいものです。

いつもは目立たないような子が運動会で活躍している場面を見れば、一気に注目の的になり、ママ友同士の噂の的にもなります。同時、自分の子供は活躍していなかったのにと格差を感じてしまうことにもなりかねません。

子供たちの活躍はママ友同士のしがらみに関係なく、素直に認め合えると良いですよね。

Tags

ライター